週刊アプリゲット【特別号】2019年下半期のDLランキングTOP100を大公開!

2019年下半期に流行ったスマホゲームはこれだ!

2018下半期

2019年が終わり、オリンピックイヤーである2020年になりました。

週刊アプリゲットでも多数のアプリに注目してきましたが、今回の特別号では2019年の下半期DLランキングをお届けします!

上半期(7月~12月)にリリースされ、レビューしたゲームの中で1位はいったいどれなのか?

年間1位になったのは?

まずは100位から50位まで! カウントォーダウン!

※掲載初日(0時~24時まで)のダウンロード数のみを集計。

100位~51位までのランキング

100位 リーグ・オブ・ワンダーランド
99位 LINE ゴッタマゼイヤー
98位 幻妖物語-十六夜の輪廻
97位 Arena Allstars(アリーナ オールスターズ)
96位 姫神召喚 ~異世界との絆~
95位 アークオーダー
94位 revisions next stage
93位 炎ジョイ・舞遊烈伝
92位 Battle Breakers
91位 とある魔術の禁書目録 幻想収束
90位 社畜だった俺がハーレム魔王に
89位 聖剣サバイバル
88位 Soul Land(ソウルランド)
87位 大熱闘 ドラゴンスマッシュ
86位 錬神のアストラル
85位 萌酒ボックス
84位 CODE:SEED -星火ノ唄-
83位 ダークデイズ:ゾンビサバイバル
82位 ボーダーレイン -君臨ノ境界-
81位 異世界で始める偉人大戦争
80位 AnimA
79位 しんけん魁!!
78位 ガンダムブレイカー
77位 戦御村正M ~戦乱に舞い散る花~
76位 妖怪ウォッチ メダルウォーズ
75位 モンストドリームカンパニー
74位 モンスタートレーダー
73位 三国志大戦M
72位 けものフレンズ3
71位 ロマンシング サガ3
70位 アッシュアームズ‐灰燼戦線‐
69位 魔王と100人のお姫様
68位 MEOW-王国の騎士ー
67位 ガールズカタルシス
66位 ミラクル:次元の英雄たち
65位 崩落のCARNEADES
64位 ラビリンスチェイサー
63位 うらら-ハンターライフ-
62位 TERA ORIGIN(テラオリジン)
61位 The Swords of Ditto
60位 ゼロフィクション
59位 テラウォーズ
58位 NightZero:Mistiltein(ナイトゼロ:ミストルティン)
57位 ロストアーカイブ
56位 ちょいと召喚☆モンスターバスケット!
55位 Dungeon Dash(ダンジョンダッシュ)
54位 萌え戦
53位 モテモテ魔王の異世界冒険録 ? 今日は世界征服ですか?それとも嫁探しですか?
52位 アクション対魔忍
51位 コイン&ダンジョン

100位~51位までの注目作

『夜の世界』を駆ける陣形タクティカルRPG「NightZero:Mistiltein」、人気シリーズ最新作となる「けものフレンズ3」。

さらに、今年1月から派生作である『超電磁砲』のTVアニメが放送される「とある魔術の禁書目録 幻想収束」がランクインしていました。

NightZero:Mistiltein(ナイトゼロ:ミストルティン)

注目作2NightZero:Mistiltein(ナイトゼロ:ミストルティン)」は、永遠に続く『夜の世界』を駆けるタクティカルRPGです。

異世界から現れた存在「悪魔」によって夜が永遠に続く世界。

プレイヤーは彼らと契約し、その力の一端を行使する契約者たちの物語を体感していくことになります。

ステージの状況に合わせてキャラの配置を変え、敵の陣形に対応していく戦略バトルを採用!

宝具の装着・強化など多彩な育成メニューも搭載されたRPGになっています。

ゲームをはじめる ゲームをはじめる

→ このゲームアプリのレビューを読む

けものフレンズ3

注目作1

けものフレンズ3」は、完全オリジナルストーリーで描かれる人気シリーズの新作RPGです。

今度の舞台もジャパリパーク! プレイヤーは保安調査隊、略して(?)「探検隊」となり、色んなフレンズたちを仲間に加えてパークを探検することになります。

3DCGで展開されるフレンズたちのストーリーや攻撃タイプを揃えていくターン制バトルは必見!

キャラの動きや技の演出、交流機能のすべてに愛を感じるゲームです。

ゲームをはじめるゲームをはじめる

→ このゲームアプリのレビューを読む

とある魔術の禁書目録 幻想収束(イマジナリーフェスト)

注目作1とある魔術の禁書目録 幻想収束(イマジナリーフェスト)」は、シリーズ累計3,100万部を突破した『とある魔術の禁書目録(インデックス)』を原作とした学園異能バトルRPGです。

TVアニメのオリジナルキャストによるボイスを収録しており、原作準拠のメインシナリオを追体験しながら進めていきます。

原作と同じ魔術や超能力を駆使した異能バトルは、カードの配置や重ね合わせによる連携攻撃などを駆使できる本格仕様でした。

ゲームをはじめる ゲームをはじめる

→ このゲームアプリのレビューを読む

50位~11位までのランキング!

個人的にもハマったハイスピード×スタイリッシュアクションRPG「ハンドレッドソウル」。

長期メンテナンスに入っていた「魔界戦記ディスガイアRPG」などがランクインしています。IPタイトルが多い印象です。

50位 マジカス
49位 ワールドフリッパー(WORLD FLIPPER)
48位 ゼノンザード(ZENONZARD)
47位 侍魂オンラインー朧月伝ー
46位 あやかしランブル!
45位 ジャンプヒーロー大戦 -オレコレクション2-
44位 ハンドレッドソウル
43位 マイティ・クエスト
42位 First Summoner(ファーストサモナー)
41位 Bit Heroes:8ビットRPGクエスト
40位 Last Kings(ラストキングス)
39位 エルン ジェネシス
38位 ノルンズ・ファンタジー
37位 大航海時代Ⅵ
36位 Z/X Code OverBoost(ゼクスコード オーバーブースト)
35位 ログレス物語(ストーリーズ)
34位 艦つく – Warship Craft –
33位 ワンモア・フリーライフ・オンライン・モバイル-とあるおっさんのVRMMO活動記-
32位 にゃんこ大泥棒
31位 ブレイドアンドソウル レボリューション
30位 太陽の都
29位 うたわれるもの ロストフラグ
28位 マリオカート ツアー
27位 ガールカフェガン
26位 魔界戦記ディスガイアRPG
25位 ソウルアーク
24位 インペリアル サガ エクリプス
23位 ArkResona -アークレゾナ-
22位 かくりよの門-朧-
21位 キングダム オブ ヒーロー
20位 スーパーロボット大戦DD
19位 クロスクロニクル
18位 アルカ・ラスト 終わる世界と歌姫の果実
17位 妖怪正伝 ~もののけ山海経~
16位 ファンタジーxダンジョンズ
15位 ソードアート・オンライン アリシゼーション・ブレイディング
14位 北斗の拳 LEGENDS ReVIVE
13位 Pokemon Masters(ポケモンマスターズ)
12位 トレハンライフ
11位 ブレイドエクスロード

50位~11位までの注目作

ポケモン、マリカー、スパロボに注目!

アルカ・ラストやブレイドエクスロードなど、スマホオリジナルの大作タイトルもなかなかのクオリティでした。詳細はレビューにてどうぞ。

Pokemon Masters(ポケモンマスターズ)

今週のイチおし1本画像1

歴代のポケモントレーナーたちが夢の競演を果たす3on3のチームバトルRPGが「Pokemon Masters(ポケモンマスターズ)」です。

新たな島「パシオ」で開催されるワールドポケモンマスターズ(WPM)は、トレーナー&ポケモン3組同士で戦うチームバトル大会!

原作同様にポケモンの「わざ」を使うのはもちろん、トレーナーの「スキル」も駆使するリアルタイムコマンド選択バトルが展開されます。

ポケモンだけでなくトレーナーも3Dモデルで表現され、バトルアクションでも魅せてくれるほか、表情も豊かで超魅力的!

タケシやカスミ、メイ、アイリスたちと共にチャンピオンを目指して大会を勝ち抜きましょう。

ゲームをはじめるゲームをはじめる

→ このゲームアプリのレビューを読む

マリオカート ツアー

今週のイチおし1本画像1

マリオたちが世界の都市をテーマにしたコースで、テクニックとアイテムで1位を目指すカートレースが「マリオカート ツアー」です。

マリオカートシリーズ最新作! これまでに登場したキャラクターたちが旅先にちなんだ姿で登場します。

おなじみのアイテムとテクニックを利用した何でもありのルールで、今回は同じアイテムが3つ揃うとアイテムフィーバーが発生!

フィーバー中は一定時間無敵になり、アイテムが使い放題になるという一発逆転も狙えるシステムがあります。

ゲームをはじめるゲームをはじめる

→ このゲームアプリのレビューを読む

スーパーロボット大戦DD

注目作1

スーパーロボット大戦DD」は、歴代の様々なロボットアニメ作品に登場するロボットとキャラクターがクロスオーバーしたシミュレーションRPGです。

スマホで短い時間でも堪能できるよう、家庭用と異なるシステムを採用!

倍速バトルやオート機能も実装しており、テンポよいバトルと奥深い育成システムを導入しています。

チュートリアルの長さや敵の強さと育成のバランスの悪さ、課金通貨の配布量の少なさ、原作BGM未収録、個人的に一番違和感のある武装ごとの属性設定など気になる点も多いです。

ゲームをはじめる ゲームをはじめる

→ このゲームアプリのレビューを読む

ここで一息!?100位以内に入れなかった注目作

惜しくもランクインを逃した人気タイトルの中からドクマリ、エピックセブン、ラブプラスに注目!

他にも言葉パズルRPG「クロス×ロゴス」や世界的にヒットするFPSゲーム「Call of DutyR: Mobile」、満を持して配信された「ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル ALL STARS」などのタイトルがありました。

ドクターマリオ ワールド

今週のイチおし1本画像1 任天堂とLINEがタッグを組んだ大作パズルゲームが「ドクターマリオ ワールド」!

大人気パズル「ドクターマリオ」の世界観を引き継ぎつつ、まったく違う戦略性やアクション要素を備えており、中毒性はとても高いです。

プカプカ浮いてくる赤、青、黄色のカプセルを操作して同じ色をタテ・ヨコに3つ揃えてウイルスを消していきましょう。

ゲームをはじめる ゲームをはじめる

→ このゲームアプリのレビューを読む

Epic Seven-エピックセブン-

今週のイチおし1本画像1

ハイクオリティなアニメーションが多用された王道ファンタジーRPGが「Epic Seven-エピックセブン-」です。

すべてのキャラにフルフレーム2Dアニメのスキル演出を収録!

七度の世界崩壊を繰り返した世界を舞台に、継承者となって壮大な物語を体感しながら4人パーティの高速バトルに挑戦しましょう。

ゲームをはじめるゲームをはじめる

→ このゲームアプリのレビューを読む

ラブプラス EVERY

注目作1

ラブプラス EVERY」はニンテンドーDSで発売され、大ヒットを遂げた恋愛コミュニケーションゲーム最新作です。

恋人』になる前の淡いトキメキ、なった後のドキドキをあなたに。

新たに追加されたシナリオやボイス、VR機能によって恋人になった2人のストーリーをとことん楽しみましょう。

原作がブームだった当時はDSを持って熱海に出かけるカレシも多かったんですが、今作も同様にスマホに依存しそうなクオリティでした。

ゲームをはじめるゲームをはじめる

→ このゲームアプリのレビューを読む

10~4位までのランキング!

育成シミュレーションRPG「時の歌-終焉なきソナタ-」は個人的に遊んでいてオススメです。

最初の2回だけ挑める逆転モードはおもしろい、狩猟はまあまあ(異獣の討伐が面倒)、角逐はひたすらPvPなのでギスギス感があって好きじゃない……。

10位 TEPPEN
9位 時の歌-終焉なきソナタ-
8位 FFBE幻影戦争 WAR OF THE VISIONS
7位 社長、バトルの時間です!(シャチバト)
6位 Project NOAH – プロジェクト・ノア –
5位 英雄伝説 暁の軌跡モバイル
4位 創世記戦:アンタリアの戦争

10~4位までの注目作

オリジナルストーリーで描かれるスマホ向けファイナルファンタジーシリーズ「FFBE」の派生作、ガンホーとカプコンの二大ゲーム会社がタッグを組んだ「TEPPEN」、人気RPG『軌跡』シリーズの新作「英雄伝説 暁の軌跡モバイル」がランクインしています。

FFBE幻影戦争 WAR OF THE VISIONS

今週のイチおし1本画像1

SQUARE ENIXとgumiが新たに手がける本格タクティカルRPGが「FFBE幻影戦争 WAR OF THE VISIONS」です。

スマートフォン向けRPG「FFBE」から世界観を引き継ぎつつ、FFシリーズおなじみの「ジョブ」や「アビリティ」といったシステムを採用!

ユニットを成長させることで新たなジョブを解放でき、1ユニットにつき複数のジョブやアビリティを保有できます。

高低差のある3Dのフィールドで繰り広げられるタクティカルバトルも魅力で、戦略を駆使して勝利を目指しましょう。

ゲームをはじめるゲームをはじめる

→ このゲームアプリのレビューを読む

TEPPEN

今週のイチおし1本画像1

ガンホーとカプコンの二大ゲーム会社がタッグを組んだ大作!

カプコンの人気キャラクターが多数登場する対戦型カードゲームが「TEPPEN」です。

リュウやロックマン(エックス)春麗やモリガンたちが、ダイナミックな必殺技を繰り出す白熱のバトルを展開!

各作品で聞きなじみのあるBGMに加え、重厚なイラストが収録され、バトル時にはド派手なアニメーション演出も再生されるゲームです。

ゲームをはじめる ゲームをはじめる

→ このゲームアプリのレビューを読む

英雄伝説 暁の軌跡モバイル

注目作1

英雄伝説 暁の軌跡モバイル」は、『軌跡』シリーズ最新作となるストーリーRPGです。

タクティカルなバトルシステムや飛行船、オーブメントなど従来の機能を再現!

新米遊撃士の「ナハト」や「クロエ」とともに軌跡シリーズでお馴染みの「ゼムリア大陸」各地で起こる様々な事件を解決していきましょう。

フィールド移動がない代わりに物語の描写がアドベンチャー形式に変化しているが、他はほぼ同じ。

ちゃんと「軌跡」シリーズになっているのが良かったです。

ゲームをはじめるゲームをはじめる

→ このゲームアプリのレビューを読む

いよいよTOP3へ!第3位はこのゲーム!

注目作1

グリーンスキン:ダンジョンマスター」は、周回の『作業感』が気持ちいいローグライクRPGです。

ダンジョンを探索して一般~伝説ランクまで3000種もの装備を収集!

ヒロインからのクエストを遂行して好感度を上げ、多彩なヒーローを編成してさらなる探索や領土をかけた熾烈な占領戦に勤しみましょう。

スキップ可能なバトル、ワンボタンのフロア移動、選択式のイベントが発生するなど、全体を通してダンジョン探索がすこぶる快適!

プレイヤーに選択権を与えながらもスピーディに探索をこなせます。

ゲームをはじめるゲームをはじめる

→ このゲームアプリのレビューを読む

いよいよTOP3へ!栄えある第2位はこのゲーム!

今週のイチおし1本画像1 拡張現実(AR)技術を使い「ハリー・ポッター」の世界を現実に投影したリアルワールドゲームが「ハリー・ポッター: 魔法同盟」です。

魔法界で発生した大災厄によって「ファウンダブル」と呼ばれる現象が発生!

魔法界の道具や人々、生物、そして記憶までもがマグル界(現実世界)に奇妙な形で出現してしまいます。

プレイヤーは機密保持法特別部隊の新メンバーとして、世界中の魔法使いと力を合わせ、この大災厄の謎を解き明かし、魔法をマグルの目から遠ざけることになります。

現実世界の様々な場所でハリー・ポッターに登場する人やアイテム、生物に会えるのがおもしろく、救出した物が魔導書に収録され、それを集める楽しみがあります。

USJに匹敵するとまではいきませんが、ああいったアトラクション感覚で遊べます。基本無料でこのクオリティなら充分満足できますよ!

ゲームをはじめる ゲームをはじめる

→ このゲームアプリのレビューを読む

上半期TOP1に輝いたのはこのゲーム!

今週のイチおし1本画像1

ドラゴンクエストの世界観が実際のマップに反映される位置情報系RPGが「ドラゴンクエストウォーク」です。

プレイヤー自身が歩いて現実世界を冒険し、様々なクエストを進めるとストーリーが展開していきます。

近くのモンスターをタップして戦闘、経験値を稼いでレベルアップ、仲間はストーリーが進行すると増えるという王道スタイル。

そして「ウォークモード」にして実際に歩くと、戦闘などが自動で処理されるスマホならではの機能もあります。

今週のイチおし1本画像1

本作の魅力は、何と言っても「ウォークモード」!

アプリを起動している必要はありますが、このモードにして歩くだけで近くのモンスターと自動戦闘し、「かいふくスポット」も勝手に利用してくれます。

ウォークモード中のオートバトルは「たたかう」を選択するだけでなく、しっかりとスキルも使うため、敵の数が多い時も見事に対応してくれます。

経験値稼ぎはもちろん、課金通貨の「導きのかけら」を集めたいときもこの機能で戦闘すればOK。本当に便利なモードでした。

目標地点を目指して冒険を開始!

今週のイチおし1本画像1

「ポケモンGO」などと同じく現実の地図情報とリンクした形式で、周囲の町やフィールドがそのまま冒険の舞台になります。

ゲームの流れとしては、まずはクエストを受けて「目標地点」まで自分の足で移動します。

この目標地点は地図上の要所(スポット設定されているお店など)となり、他にもプレイヤーが目標地点を指定することもできます。

移動中に画面に表示されたモンスターをタップすると戦闘に突入

バトルはスタンダードなコマンド式なので、各キャラの特性を活かして戦いましょう。

ゲームをはじめるゲームをはじめる

→ このゲームアプリのレビューを読む

総括

人気IPタイトル「ドラゴンクエスト」と「ハリーポッター」の位置情報ゲームがワン・ツーフィニッシュとなりました。

とくにドラゴンクエスト ウォークはポケモンGOと並ぶようなブームになっていますね。芸能界でも「有吉 弘行」さんなどがハマっているようです。

ちなみに、年間1位となったのは――ぶっちぎりで「ドラゴンクエスト ウォーク」、2位は「ハリー・ポッター: 魔法同盟」、3位は上半期の1位だった「ラストクラウディア」でした。

今年はオリンピックイヤーなので、関連タイトルのリリースにも注目したいところです。

それでは、また2020年の夏ごろにお会いしましょう。

→ 週刊アプリゲットバックナンバー

執筆者: 納谷英嗣

携帯アプリの時代から所属している古株のライター。最近のアプリ評価は優しめにつけています。執筆歴は、アプリゲットの雑誌時代を含めると16年ほど。好きなジャンルはとくになく雑食です。好きなゲームは、ワイルドアームズシリーズ、サモンナイトシリーズ、スパロボシリーズ、デバイスレイン等々。

コメント

コメントはまだありません。

ログインしています » | ログアウト
500

ログインしていません。

このままでも投稿できますが、ログインして投稿すると後から投稿一覧を確認できるようになります。