北斗の拳 LEGENDS ReVIVE

北斗の拳 LEGENDS ReVIVE

SEGA CORPORATION

リアルタイムバトルRPG

基本プレイ無料

『北斗の拳』の伝承リバイブRPG!史上最多のプレイアブルキャラを収録し、指先ひとつで奥義を繰り出せ

ダウンロード(Android) ダウンロード(iPhone)

hokuto-revive_01

北斗の新たな歴史がスマートフォンに刻まれる!

強敵(とも)との戦いがさらに熱く描かれる!

「北斗の拳 LEGENDS ReVIVE」は、一子相伝の歴史が途絶えた時代を舞台に『北斗』の伝説を新たに刻む伝承リバイブRPGだ。

人気作品『北斗の拳』史上最多のプレイアブルキャラを収録!

原哲夫」先生の全面監修による原作再現シーン、アクションを盛り込んだ物語や爽快なタップアクションバトルを楽しもう。

原作を追体験するストーリー&タップアクションバトル

hokuto-revive_02

3Dグラフィックで原作の技を完全再現!

リンやバットとの出会いから語られるストーリーは原作をなぞりながら進み、漫画のコマや3Dムービーが再生される本格的な作りになっている。

それを読み終えるとターン制のタップアクションバトルが発生。

敵か画面下にあるキャラアイコンを連続でタップし、コンボを繋ぎながら敵を攻撃しよう。

条件を満たせばキャラ固有の必殺技や強力な奥義を発動できる。

原作情報

武論尊、原哲夫
週刊少年ジャンプ
北斗の拳(Amazon)

北斗の拳 LEGENDS ReVIVEの特徴は見ごたえバツグンのアクション演出

hokuto-revive_04

「原哲夫」氏全面監修!最多のプレイアブルキャラを収録!

原作漫画のコマや3Dムービーが多用された物語は、少し展開が簡略化されているものの第1話から順を追って進む。

バトルについても必殺技や奥義の使用時には迫力のアクション演出が再生され、どちらも非常に見ごたえのあるものとなっていた。

仲間に加わるキャラも史上最多かつ最大6人で自由にパーティを組める。

ジードなどとケンシロウが一緒に走るステージ間の移動演出はすごくシュールだった。

好みの拳士(キャラ)を揃えて育成!

hokuto-revive_05

北斗の拳独自の名称で育成システムが構築されている。

拳士にはレベルや素材を投入するクラスアップ、拳士の欠片を使った七星解放といった育成メニューがある。

チュートリアルを終えると1500個ほどの課金通貨と5、6枚のガチャチケットを得られるので、それで拳士を狙おう。

ガチャの排出率は拳士の直接獲得が10%でその他のカケラなどが90%。10%の中で最高ランクのSRが出る確率は55%、残り45%はRが排出される。

サウザーなどの主要キャラはURランクで登場するようだが、現在ガチャには収録されておらず、イベントで入手する可能性もある。

ゲームの流れ

hokuto-revive_07

メインとなるクエストモードは時間経過で回復するスタミナを消費して挑戦する。

初回クリア時には課金通貨を獲得でき、星評価を集めて手に入れる特別報酬もある。

hokuto-revive_08

ストーリーは漫画のコマや3Dムービーが再生される。

原作を追体験しながら進められる。

hokuto-revive_09

ストーリーを読み進めると発生するターン制バトルは、指先ひとつの簡単操作!

画面下にあるアイコンを連続でタイミング良くタップし、コンボを繋げる。

hokuto-revive_10

条件を満たすと通常攻撃時にキャラが必殺技を放つ。

攻撃によってゲージを溜めれば奥義も発動可能だ。

hokuto-revive_11

クエストの他に、チャレンジや闘技場といったモードが収録されている。

プレイヤーレベルを上げて各モードを開放しよう。

北斗の拳 LEGENDS ReVIVEの序盤攻略のコツ

hokuto-revive_12

パーティ枠を埋めてストーリーをクリアしていこう。

チュートリアル中は画質変更不可なので終わるまで進めたら、メイン画面左上にあるキャラアイコン→設定で画質を調整しよう。

あとは、初回報酬を受け取ってチケットでガチャを引き、クエストを進めて課金通貨を獲得→SR拳士が確定排出される10連を引くといい。

その過程でプレイヤーレベルが上がり、各コンテンツも開放されるはずだ。

豊富な初心者向けミッションを達成

hokuto-revive_13

ミッションメニューが複数用意されている。

デイリーなどの定期ミッションはもちろん、サービス開始記念や初心者向けの多彩なミッションが用意されている。

資金や素材も潤沢に得られるので、パーティに入れたキャラのクラスアップや七星解放を進めていこう。

ログインしていません。

このままでも投稿できますが、ログインして投稿すると後から投稿一覧を確認できるようになります。