社長、バトルの時間です!(シャチバト)

社長、バトルの時間です!(シャチバト)

KADOKAWA CORPORATION

育成シミュレーションRPG

基本プレイ無料

やりこみ育成×異世界シミュレーションRPG!社長となって冒険者を雇用し、ダンジョンへ派遣して攻略していこう

ダウンロード(Android) ダウンロード(iPhone)

shachi-bato_01

メインキャラのデザインは「ケロロ軍曹」などでお馴染みの吉崎観音氏が担当。

社長となって迷宮を探索するSRPG!

「社長、バトルの時間です!(シャチバト)」は、やりこみ要素満載の育成×異世界シミュレーションRPGだ。

戦士や魔法使いといった職業を決め、学園生活を満喫した冒険者のパラメーターを自由に設定してキャラメイク!

プレイヤーは社長となって冒険者を育成・雇用し、パーティを編成してダンジョンへ派遣して「マジュー」と呼ばれる魔物を倒していこう。

ダンジョン探索や学園生活でキーとなる「サポーター」の無限引き直し10連+40連のガチャも引ける! スタート報酬も豪華なゲームだ。

指示をチェックしてワンボタンで探索!

shachi-bato_02

冒険者を募り、ダンジョンへ派遣して報酬を得ていく。

冒険モードでは、各フロアごとに冒険者たちが自分で考えた作戦を最初に提示する。

それがOKなら承認ボタンを押し、ダメなら細かい指示を出そう。

承認後は冒険者たちがダンジョンをオートで移動し、敵の討伐や宝箱を獲得する。

ターンごとに作戦に承認を出し、アイテムやスキルを使って彼らの行動を補助していこう。

社長、バトルの時間です!(シャチバト)の特徴は簡単操作の探索と本格的な育成パート

shachi-bato_04

人気イラストレーター、人気声優のボイスを収録。

作戦を確認したらボタンを押すだけ。ダンジョン内での操作が簡単で、キャラメイク時に職業と性格の性質を合わせておけば自動で最適な作戦を選んでくれる。

バトルの3Dアクション演出やスキル使用時の演出も見ごたえがあった。

このダンジョン探索の他に、パワプロアプリのサクセスモードに近い育成専用のリクルートモードがある。

訓練をすることで様々なイベントが発生する学園生活を過ごし、稼いだポイントを使って自由に冒険者を作れるのは良かった。

サポーターを入手&育成!

shachi-bato_05

冒険者を助ける様々なスキルを持っている。

冒険やリクルートで役に立つサポーターにはレベルの概念があり、強化合成によって育成する。

彼らに設定された親密度は冒険やリクルートに連れていくと上昇し、同キャラを合成することでもアップできる。

サポーターは主にガチャから入手し、排出される最高ランクはSSRで排出率は3%となっている。

現在は障害の補填や事前登録報酬を含め、50連分のガチャを引くことが可能だ。

ゲームの流れ

shachi-bato_07

冒険モードでは時間経過で回復するハートを消費し、ダンジョンの階層を選択する。

冒険者とサポーターを編成して挑戦しよう。

shachi-bato_08

ダンジョン内では冒険者の性格に応じて行動を自動提案してくる。

問題なければ承認を押して探索を進めよう。

shachi-bato_09

ダンジョン内でのバトルもオート進行し、キャラが自動で攻撃したりスキルを発動させたりする。

3Dによる迫力の演出が見られる。

shachi-bato_10

アイテムを持ち込んでいれば探索中に使用できる。

また、冒険者の行動を社長(プレイヤー)自ら指定することも可能。

shachi-bato_11

探索でキラクリという資源を集め、それを大神殿に奉納すると装備品を獲得できる。

冒険を進めるほど多くのキラクリを奉納でき、最高ランクSSRの装備品もできやすくなる。

社長、バトルの時間です!(シャチバト)の序盤攻略のコツ

shachi-bato_12

某野球ゲームの育成モードにかなり近い。

探索に向かわせるキャラを作るリクルートモードは、決められた日数の間に5種の訓練を行い、育成用のポイントを稼いでいく。

訓練はキャラの疲労度によって失敗することもあり、訓練時にランダムでサポーターとのイベントが発生する。

これによって大量の育成ポイントを稼いだり、特殊なスキルを習得したりできる。

あらかじめサポーターを育成しておく

shachi-bato_13

サポーターの能力がキャラメイクに大きく影響する。

リクルートモードでより多くのポイントを稼ぐにはサポーターをあらかじめ育成する必要がある。

ゲーム開始時にSSRやSRの育成アイテムが得られるので、それを使ってサポーターのレベルを上げておき、その状態でリクルートに挑もう。

ログインしていません。

このままでも投稿できますが、ログインして投稿すると後から投稿一覧を確認できるようになります。