三国志大戦M

三国志大戦M

HK HERO ENTERTAINMENT CO.,LIMITED

育成シミュレーションRPG

基本プレイ無料

SEGAよりライセンスを取得した「三国志大戦」のカードバトルRPG!自分だけの三国志を体験しよう

ダウンロード(Android) ダウンロード(iPhone)

三国志大戦M

今作の呂布は戦隊モノ感がありますな。

超戦略三国豪華絢爛歴史絵巻!

「三国志大戦M」は、セガが監修する戦略型三国志カードバトルRPG。

セガから「三国志大戦」シリーズのIPライセンス使用許諾を受けて開発されており、武将カードのオリジナルイラストやボイス等は「三国志大戦」シリーズの素材を引き継ぎいでいる。

知る人ぞ知るマイナー武将まで、総勢172名の武将が登場。人気イラストレーターに描かれた全武将にボイスがあてられている。

布陣や兵種の相性が戦局を左右するバトル、豊富な育成、オンライン要素など、カードバトルRPGに必要なやりこみ要素と手軽さがてんこもりだ。

プレイヤーの戦術が勝敗を左右する計略バトル

三国志大戦M

ストーリーはまずまず演義より。関羽めちゃ押し系。

豊富かつ手軽な強化要素、壮大なストーリーも魅力だが、最大の特徴はバトル。セミオートながらプレイヤーの戦術がかなり大きく勝敗に関わるものとなっている。

兵種の相性や特性、武将の計略や特技を把握し、敵軍に対して最適な布陣を整えるのが楽しい。ただ強くて有名な武将を揃えるだけではダメなのだ。

「三国志大戦M」の特徴は戦略が超重要な壮大なバトル

三国志大戦M

スキルを使うタイミング、軍の配置がマジで勝敗を変える。

やってみればわかるのだが、軍の配置で辛勝がボロ勝ちに化けるくらい、レベリングだけじゃなく戦術が重要な三国志ゲーになっている。

セミオートながらもバトルが緊張感あって楽しい。騎馬兵を槍兵で撃墜、弓兵を盾で守る…など、将軍としての資質が問われるというわけだ。

グラフィックやストーリー演出もいい感じ

三国志大戦M

各キャラクターのイラストも胸アツだ。いい感じ。

合戦時の迫力、多彩なスキル、各キャラクターのイマジネーション豊かなキャラデザ、豪華声優陣にも期待してオッケーだ。呂布の娘も大活躍。

イラストは武将ごとに統一性がない気もしないでもない。が、三国志ファンも声優ファンも楽しい範疇の改変だと思う。

とりあえずレベル20になり倍速モードが開放されるまでは若干テンポが悪かろうが頑張ろう。そっからが本番。楽しいぞ。

ゲームの流れ

三国志大戦M

燃え盛るレッドクリフ!すなわち赤壁の戦いが本作のチュートリアルバトル!

かつて共に戦った英雄たちが激突する物語。2000年近くたっても胸を焦がすぜ!

三国志大戦M

桃園の誓い!歴史はやはり黄巾の乱からスタートする。

我ら生まれた日は違えども 死す時は同じ日同じ時を願わん!ストーリー演出はたまにイラストで語られる。

三国志大戦M

とにかく武将の相性と配置が大事。右上の相性表を要チェックや。

兵種で相性を突けば大ダメージを与えられるのだ。この爽快感が、本作のバトルから作業感をなくすことに成功している。

三国志大戦M

強化は装備、武器の精錬、武将のレベル、限界突破など多岐にわたる。

複雑だが「一括装備」、「一括強化」等のワンタップ機能があるので初心者も安心だ。

三国志大戦M

仲間はどんどん増えていく。もちろんレアリティの高いキャラのほうが強いのだが、相性も大事だ。

レベルが上がれば一度に出せる武将の数も増える。序盤は小喬を優先して強化すれば全体攻撃で楽に戦えるだろう。

「三国志大戦M」序盤攻略のコツ

三国志大戦M

そういやメニュー画面のMMOっぽいUIも好きなんだよな。

左上に表示された「TODO」をこなしていくことでスムーズにストーリーをすすめられる。また、序盤から各種報酬を集めれば序盤の強化素材には困らないし10連ガチャも引ける。

ログイン3日目にはUR武将をGETできるので忘れずにゲットしておこう。あと、レベルは戦っても増えないので随時強化素材でアップさせておくように。

兵種の相性を考慮した布陣こそ勝利の切り札なのだ

三国志大戦M

兵法is重要。諸葛亮isストロング!

兵種の相剋関係を十分に把握したうえで、敵の布陣を観察することが勝利の鍵。「兵法」から学べば攻略法もわかるし報酬も貰えるし一石二鳥。

そうそう、呂布と貂蝉、曹操と劉備など、特定の武将を同時に出陣させることで「絆」効果が発動し、武将の能力値が上昇する。

相手の一手先を読んでデッキ編成や布陣配置を決定し、乱世の奸雄、いや、万夫不当の豪傑を目指そう。

ログインしていません。

このままでも投稿できますが、ログインして投稿すると後から投稿一覧を確認できるようになります。