週刊アプリゲット【特別号】2018年上半期のDLランキングTOP100を大公開!

上半期総集編

2018年上半期に流行ったスマホゲームはこれだ!

2018年も7月に入り、半年が経過しました。

週刊アプリゲットでも多数のアプリに注目してきましたが、今回の特別号では2018年の上半期DLランキングをお届けします!

上半期(1月~6月)にリリースされ、レビューしたゲームの中で1位はいったいどれなのか?

まずは100位から50位まで! カウントォーダウン!

※掲載初日(0時~24時まで)のダウンロード数のみを集計。

100位~51位までのランキング

有名タイトルから同人作品まで幅広く網羅されています。

「Zgirls II」や「ドラゴンボール レジェンズ」などAndroidのDL数だけでランクインしたタイトルも多く、両OSで同時配信されていればもっと数値を伸ばしていたかもしれませんね。

100位 ドラゴンボール レジェンズ
99位 鋼鐵戰姫(鋼鉄戦姫)
98位 秋葉原を奪還せよ!
97位 コリーヌの冒険
96位 刀使ノ巫女 刻みし一閃の燈火
95位 三国ロマンス~乱世を終える少女
94位 療成敗!ジェットナース
93位 テイルズ オブ ドラグーン(Tales of Dragoon)
92位 リトアニマ
91位 機動戦士ガンダム 即応戦線
90位 ファンタジースクワッドW
89位 リットギア(LitGear)正規
88位 ガールズサバイバー【OBT】
87位 ワイルドクラフト:ワイルドシムオンライン
86位 ガーディウス・エンパイア
85位 どこでもドラゴン
84位 アリスギアアイリス
83位 Dark Quest Champions(ダーククエストチャンピオンズ)
82位 Shadowgun Legends(シャドウガン レジェンド)
81位 Ouroboros Project(ウロボロスプロジェクト:β版)
80位 みんなのアルピジ(RPG)
79位 ウォーキング・デッド:ノーマンズ・ランド
78位 突然ですが、異世界で正義の味方になりました
77位 東方スラッシュ!!
76位 Last Empire Story – SEA(ラストエンパイア)
75位 鉄拳モバイル
74位 新世紀エヴァンゲリオン Breaking Dawn
73位 Nexomon(ネクソモン)
72位 カコタマ大感謝版
71位 魔女の迷宮
70位 妖怪三国志 国盗りウォーズ
69位 狂暴の翼
68位 モンスターカンパニー(モンカニ)
67位 PERSONA O.A.
66位 ゾイドワイルド
65位 23/7 -トゥエンティ スリー セブン-
64位 妖シ幻想郷
63位 メガスマッシュ
62位 DEAD RIVALS:ゾンビ MMO
61位 Zgirls II-Last One
60位 ジャンプチヒーローズ
59位 スプラッタープリンセス(Splatter Princess)
58位 神無月
57位 鍛冶屋物語
56位 ウエストワールド(Westworld)
55位 ウルトラファイターズ(Ultra Fighters)
54位 勇者のくせにこなまいきだ DASH!
53位 Warrior Tales Fantasy(ウォリアーテイルズファンタジー)
52位 リットギア(LitGear)dmm
51位 ヴァーサス(VERSUS)

100位~51位までの注目作

妖シ幻想郷とともに上半期のローグライクRPGブームを加速させた「魔女の迷宮」。

週刊少年ジャンプのお祭り作品や、じわじわとプレイヤーを増やしていた美少女×サバイバルアドベンチャーに注目しています。

魔女の迷宮

注目作3
「魔女の迷宮」は、「トルネコの大冒険」や「風来のシレン」など懐かしのローグライクRPGの要素を詰め込んだRPGです。

グラフィックの雰囲気や敵を攻撃したときのアクションは、チュンソフト製のローグライクRPGを喚起させます。ほんとに再現度が高い!

入るたびにリセットされるレベル、ランダム生成されるダンジョンを、ガチャに頼らずプレイヤースキルで乗り切るという古き良きゲームのおもろさがありますよ。

ゲームをはじめる
ゲームをはじめる

→ このゲームアプリのレビューを読む

ジャンプチ ヒーローズ

注目作2
漫画界の頂点と言っても過言ではない「週刊少年ジャンプ」。

そこで連載されていた作品のキャラが登場し、味方になり、友情!努力!勝利!の名の下に戦うパズルRPGになっています。

悟空やルフィ、浦飯幽助など歴代ジャンプの人気キャラたちが大集結!

パズルバトルでもかめはめ波や霊丸、魔貫光殺砲などの必殺技が炸裂します。

ゲームをはじめる
ゲームをはじめる

→ このゲームアプリのレビューを読む

ゼットガールズ2

注目作3
ゾンビがはびこる世界で細身の美少女を操って生存を目指す3DクラフトサバイバルRPGです。

キャラには空腹と水分という2つの値があり、食べ物や水を定期的に摂取しないと死亡してしまう。

木や草、縄や鉄などの素材を集めつつ食料も確保し、調理器具や持ち物ボックス、装備品をクラフトし、ゾンビとの戦いに備えるという見た目以上に硬派なサバイバルゲームでした。

ゲームをはじめる
ゲームをはじめる

→ このゲームアプリのレビューを読む

49位~11位までのランキング!

ここからのランキングは、掲載された時間帯も順位に関係してきます。

配信の遅れがなくサービスが開始された大作を含む、注目作が揃っていますよ。

50位 ダンジョン X ダンジョン(Dungeon x Dungeon)
49位 ファンタジーレジェンド(Fantasy Legend: War of Contract)
48位 レジェンドオブリング
47位 ダンジョンメーカー
46位 京刀のナユタ
45位 ブレイブフロンティア2
44位 ミスキャンファンタジア
43位 戦車少女同盟
42位 ドールズオーダー
41位 Heroes of Arzar(ヒーローズ オブ アルザール)
40位 TALION the DRAGON BLOOD(タリオン ザ ドラゴンブラッド・β版)
39位 ChaosMasters(カオスマスターズ)
38位 アビスホライズン
37位 ポケットタウン
36位 モンスターコレクト ~時空を旅する冒険記~
35位 Xeno gate(ゼノゲート)
34位 GOD EATER RESONANT OPS
33位 プリンセスコネクト!Re:Dive
32位 アンダーグラウンドシンフォニー
31位 デジモンリアライズ
30位 D2女神転生
29位 ファイナルファンタジー エクスプローラーズ フォース(FINAL FANTASY EXPLORERS FORCE)
28位 Last Epic(ラストエピック:ラスエピ)
27位 サーヴァント オブ スローンズ
26位 三国BASSA!!
25位 相剋のエルシオン 光と闇の輪廻
24位 ドラゴンボールZ ブッチギリマッチ
23位 グランクレスト戦記 ~戦乱の四重奏~
22位 プロジェクトアクア
21位 ミシックファンタジー(Mythic Fantasy)
20位 オーディンクラウン
19位 クロノブレード(ChronoBlade)
18位 スドリカ(Sdorica -sunset-)
17位 ハリー・ポッター:ホグワーツの謎
16位 キングスレイド(キンスレ:Kings Raid)
15位 ブロ崩プロジェクト
14位 光を継ぐ者
13位 スターズオブラヴァーラ
12位 OVERHIT
11位 ブラウンダスト

49位~11位までの注目作

有料アプリでは上半期NO.1のDL数を記録した「ダンジョンメーカー」。

台湾の大手「Rayark」が作り出した傑作や、現在も根強い人気を誇るシミュレーションバトルRPGに注目してみました。

ダンジョンメーカー

注目作3
ダンジョンメーカー」は、魔王(しかも美女)になり、美女ばかりのエロかわモンスターを雇って成長させ、ダンジョンに現れる勇者たちと戦いを繰り広げるゲームです。

バトルの他にも罠や施設の配置、不思議な力を持つ遺物の発見があり、トラブルに見舞われて死んでしまったとしても復活して舞い戻れます。

キャラクターのかわいらしさ。エロさ。ライトな操作感。周回プレイ要素……。

そのどれもがバランス良く調整されており、有料アプリながら大ヒットを記録しています。

Androidが310円、iOSは360円ですが、購入したプレイヤーの満足度は軒並み高いです。正直、安い!

ゲームをはじめる
ゲームをはじめる

→ このゲームアプリのレビューを読む

スドリカ(Sdorica -sunset-)

注目作2
台湾の大手「Rayark」が4年の歳月かけ、実際に絵本を製本するところからグラフィックを作り上げたという大作ファンタジーRPGです。

「Cytus」シリーズなど音楽ゲームも手がけるRayarkですからBGMや効果音も作りこまれていて、童話世界と絶妙にシンクロしています。耳ごこちがすごく良い。

β版からバトルUIが変化したものの、スタミナ制限なく遊べるストーリーや多彩なイベントクエストを収録!

すべてのキャラがSSRになり、すべてのキャラが主役になるRPGをぜひ体感してみてください。

ゲームをはじめる
ゲームをはじめる

→ このゲームアプリのレビューを読む

ブラウンダスト

注目作1
「ブラウンダスト」は、戦略性の高い独自のバトルシステムを採用したシミュレーションバトルRPGです。

偉大なる皇帝が統治していた5つの大陸は、伝説の傭兵である「六魔星」とその主と呼ばれた男によって皇帝が倒されたことで袂を分かち、群雄割拠の乱世へと突入。

プレイヤーは皇帝を殺した男の息子という身分を隠し、この世界で傭兵団を結成します。

敵味方の配置や攻撃範囲、行動順などをあらかじめ設定してバトルに挑む「ディレクティブ・ポジション・バトル」を採用!

戦略性の高さはもちろん、ファンタジックで魅力的なキャラを育てる楽しみもあるRPGです。

ゲームをはじめる
ゲームをはじめる

→ このゲームアプリのレビューを読む

ここで一息!?100位に入れなかった名作

理由は様々ですが、ここでは惜しくもランクインを逃した話題作を5つ集めてみました。

なかでもAndroidで先行配信されたため順位を落とした「魔界ウォーズ」に注目です。

圏外 魔界ウォーズ
圏外 ポケモンクエスト
圏外 テリアサーガ
圏外 クロノマギア(CHRONO MA:GIA)
圏外 アイドルマスター シャイニーカラーズ

魔界ウォーズ

注目作1
「魔界ウォーズ」は、平凡な女子高生が魔界や神界を巻き込んで大冒険をするお手軽シミュレーションRPGです。

日本一ソフトウェアから発売されている人気シリーズ「魔界戦記ディスガイア」。

クローバーラボからリリースされている人気RPG「ゆるドラシル」がコラボしたお祭り作品であり、苦節14年を経てあの娘がついに……ついに、主人公として登場します。

無限に引き直せるチュートリアル4連ガチャがあり、星3の好きなキャラ(一部を除く)を1体確保した状態でスタートが可能!

バトルは味方グループと敵グループが交互に行動するSRPGとしては標準的なターン制であり、キャラを移動させ、通常攻撃を含む3つのアクティブスキル、2つのパッシブスキルを駆使して戦いましょう。

ゲームをはじめる
ゲームをはじめる

→ このゲームアプリのレビューを読む

10位~4位までのランキング!

ここまでくると配信前から事前記事などで話題となった大作が目白押しです。

どれを遊んでもおいしいゲームが揃っていますよ。

10位 戦国DRIVE
9位 ドラゴン騎士団
8位 ポポロクロイス物語 ~ナルシアの涙と妖精の笛~
7位 クロノ ブリゲード
6位 ガーディアンズ
5位 ロードオブロイヤルブラッド(LORD OF ROYAL BLOOD)
4位 オーディナル ストラータ:オデスト

ポポロクロイス物語 ~ナルシアの涙と妖精の笛~

注目作1
「アークザラッド」や「ワイルドアームズ」など、名だたるPSソフトと肩を並べる傑作「ポポロクロイス物語」の最新作であり、スマートフォンゲームとして登場しました。

シリーズとしては8作目となり、時系列はナンバリングの「2」から3年後の世界が舞台となっています。

18歳の青年となった「ピエトロ」王子はヒロイン「ナルシア」と婚約を決め、その後の物語がプレイヤーの手で紡がれていきます。

リアルタイムで進行するバトル、「船団戦」という1日2回、20人vs20人でリアルタイム対戦を行うモードが搭載されているなど豊富なコンテンツも魅力ですね。

ゲームをはじめる
ゲームをはじめる

→ このゲームアプリのレビューを読む

いよいよTOP3へ!第3位はこのゲーム!

ここからはいよいよDLランキングTOP3の発表です!

どのゲームが2018年上半期の1位を勝ち取るのか、早速いってみましょう。

【第3位】TRINITY MASTER(トリニティマスター・トリマス)

注目作3
従来のタワーディフェンスにスクエニらしいRPG要素をこれでもかと詰め込んだリアルタイムオンライン対戦RPGが「TRINITY MASTER(トリニティマスター・トリマス)」です。

ヒーローを操り、育成し、仲間を召喚し……。

バトルではド派手な必殺技をキメ、オンラインのユーザーと戦い、ストーリーモードを勝ち抜いていきましょう。

ヒーローは、従来のRPGのように装備の強化やスキルツリーなどで自由度の高い育成が可能。

これによりヒーローの性能も戦い方も大きく変わっていきます。

※2018年9月27日(木)をもちましてサービスを終了することが発表されています。

ゲームをはじめる
ゲームをはじめる

→ このゲームアプリのレビューを読む

【第2位】オルターレコードアジャストメント(オルレコ)

注目作2
「オルターレコードアジャストメント(オルレコ)」は、古今東西の英雄たちを集めて戦うシミュレーションRPGです。

バトルシステムはFEH風でキャラ固有の奥義全体奥義といった独自要素があります。

概念を意味する「Begriff(ベグリッフ)」の名を持つ少女から依頼され、歴史を封じた原書を狙う改竄主義者(オルター)と戦うことになる――

というラノベ風のストーリーを収録しており、台詞にもかなりメタ発言が多いです。好みは分かれるかも。

初回20連が可能で、資金ガチャでミッションを達成すればさらに10連を追加で引けるのも魅力ですね。

ゲームをはじめる
ゲームをはじめる

→ このゲームアプリのレビューを読む

上半期TOP1に輝いたのはこのゲーム!

ゲーム業界に「PUBG」系という1ジャンルを確立させたと言っても過言ではない大人気のバトルロイヤルゲーム!

そのスマホ版が上半期のDL数で堂々の1位を獲得しました。

正直、2位との差が2倍以上あるブッチギリの1位です!

【第1位】PUBG MOBILE

今週のイチおし1本
バトルロイヤルシューターブームの火付け役であり、中国で先行配信されてから各国でリリースされ、その流れがついに日本に到達したかたちです。

スマホでは本作の類似ゲームが多数リリースされていましたが、そこで腕を鍛えた猛者たちが本作にぞくぞくと集まってきています。

ドン勝目指して、いざ、尋常に勝負!

元祖!パラシュート降下からのバトルロイヤル!

今週のイチおし1本
本作は8km四方の孤島が舞台となっていてTPS視点でキャラを操作します。

島にはパラシュート降下した100名のプレイヤーがおり、武器を使って倒したり、禁止エリアで体力を減らして倒れたりとひとりずつ脱落してゆき……。

最後の一人になるまで戦うというスタイルですね。

現地調達する装備品、最初に降下する地点、銃を使ったアクションなどどんな場面でもプレイヤースキルが問われます。

PC同様のクオリティ

今週のイチおし1本
スマホ版とはいえグラフィックのクオリティが高く、PC版と比べても遜色ないレベルで島の情景やキャラが描写されています。

画質を抑えることである程度低スペックの機種でも遊べるようです。

アップデートによる新マップの追加など今後の展開にも注目ですね。

ゲームをはじめる
ゲームをはじめる

→ このゲームアプリのレビューを読む

2018年上半期の総括!

未だスマートフォンアプリゲームが強い中、24位に「ドラゴンボールZ ブッチギリマッチ」がランクインするなどHTML5形式のハイクオリティゲームが増えてきました。

また、イーサリアムを活用したDappsゲームも増えつつあり、今後どういったかたちでスマホゲームが進化していくのか楽しみですね。

次回は2019年の年明けに下半期のランキングをお届けしたいと思います。それでは、また来年~。

→ 週刊アプリゲットバックナンバー

ライター: 納谷英嗣

携帯アプリの時代から所属している古株のライター。最近のアプリ評価は優しめにつけています。執筆歴は、アプリゲットの雑誌時代を含めると15年ほど。好きなジャンルはとくになく雑食です。好きなゲームは、ワイルドアームズシリーズ、サモンナイトシリーズ、スパロボシリーズ、デバイスレイン等々。今ハマっているのはFFBE。

シェアする

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク