ドラゴンボールZ ブッチギリマッチ

ドラゴンボールZ ブッチギリマッチ

評価4.2点

提供元 BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

対戦プレイゲーム

読者レビュー (8)

「ドラゴンボール」の超絶カードバトルゲーム!UR・SR初回ガチャは無限引き直しOK!歴代キャラを集めてバトル

ブラウザで遊ぶ

dbz-bucchigiri_01

カードを出すと迫力のバトルが展開される。

興奮すっぞ!歴代キャラ総出演の白熱カードバトル!

「ドラゴンボールZ ブッチギリマッチ」は、ドラゴンボールの世界で最強の戦士を決めるカードバトルゲームだ。

「アイドルマスター シャイニーカラーズ」に続く、enza(HTML5)系PC・スマホ対応ゲームの第二弾が満を持して登場!

新旧のDBキャラが総出演し、激熱のサウンドやボイス付きでアニメーションバトルを展開する。

URかSRしか出ない初回ガチャは無限引き直しOK! さらに、初回DL特典として10連+4回相当のガチャを引けるだけの報酬も最初から手に入るようだ。

※ブッチギリマッチプレオープン版では同時バトルに制限数が設定されています。

迫力のバトル演出!

dbz-bucchigiri_02
ドラゴンボールの世界で作られた最強戦士たちのカードシミュレーターを使い、歴代戦士たちのカードを集めてバトルしよう。

悟空やベジータなど人気キャラのボイスを収録! かっこよくて熱いサウンドや効果音も流れる!

さらに、バトル時のアニメーションは必見だ! うーおーやっべぇぞ!

選択(チョイス)がカギを握るバトル!

dbz-bucchigiri_03
カードバトルの基本ルールとしてAR(アタックランク)とBP(バトルポイント)の概念がある。

ARはカードごとに1~8まで設定されていて、ランク別に1枚ずつ計8枚でデッキを構成する。

カードを場に出したときにARが高い方だけBP値分の攻撃を行い、低い方はダメージを受ける仕組みだ。

ドラゴンボールZ ブッチギリマッチの特徴はカジュアルながら戦略性の高いシステム

dbz-bucchigiri_04

DB好きならもれなく楽しめる!

ドラゴンボールゲームと言えば格闘ゲームの「武闘伝」シリーズやファミコンで「ドラゴンボールZII 激神フリーザ!!」を腐るほど遊んだ世代だが(遠い目)

今作はそんな懐かしいカードバトルを思い出させるような本格派のバトルシステムが構築されている。

「魔」や「必」といったカードはないが、ARとBPが設定されたカードを使い、1枚ずつを場に出して攻撃判定を決め、互いのHPを削り合う。

ARの高いカードを出しすぎると後半戦で手札のARが低くなり、逆転されてしまう

ARの低いカードは一見役に立たなさそうだが、ダメージの減少・無効化、場に出すことでサポート効果が発生するものがあり、次の勝負の布石となる。

この他に「覚醒」や「本気」といったキャラの状態、カードごとの体力やBPを永久的にアップする育成要素があり、分かりやすいルールと戦略性を備えたカードバトルに仕上がっていた。

覚醒や本気を利用しよう!

dbz-bucchigiri_05
キャラは、ライフを削られるなど条件を満たすと「覚醒」や「本気」状態になる。

これによって強力なスキルが発動できるようになり、すでに使用したカードによってサポート効果が発動し、強化されるカードも存在する。

演出面だけでなくカードバトルゲームとしての戦略性も高い!

強力なカードを入手!

dbz-bucchigiri_06
チュートリアル後に何度でも引き直せるSR・UR確定ガチャを1回引ける。

また、事前登録などの特典として10連+4回相当のガチャを引けるだけの報酬が得られる。

最高ランクはURで排出率は4%。同じURでもアタックランクが違うものを選り好んで入手したい。

ゲームの流れ

dbz-bucchigiri_07 まずは、画面領域が狭いのでブラウザのメニューから「ホーム画面に追加」を選ぼう。

こうすることでURLのウィンドウが消えて見やすくなる。

dbz-bucchigiri_08
バトルメニューは複数あるが、まずはホーム画面上にあるローカルモードのバトルを選ぼう。

ロケーションを変えると複数の相手が現れ、勝利すると報酬も得られる。

dbz-bucchigiri_09
バトルではターンごとに2枚の手札が配られ、どちらかを選択して場に出す。

カードの左上に書かれたAR(アタックランク)の高い方だけが攻撃でき、同点だと互いにバーストダメージを受ける。

dbz-bucchigiri_10
場に出したカードはフィールドに溜まってゆき、サポートとしての効果を発揮する。

また、1回の勝負ごとに勝利すると気が溜まり、それをカードに付与して一時的にARを上げることもできる。

dbz-bucchigiri_11
フリーやランクなど、他プレイヤーとのリアルタイムバトルモードも複数用意されている。

イベントバトルでは、悟空やフリーザなどのキャラカードセットを報酬として得られるようだ。

ドラゴンボールZ ブッチギリマッチの攻略のコツ

dbz-bucchigiri_12

ミッションをクリアしよう。

最初にゲストログインして確定ガチャと事前報酬で10連+αを引き、納得できるようなカードが出たらenzaへアカウントを紐づけよう

先行ガチャを引いていた人は、この後にメニューの「シリアルコード入力」からコードを入力して各種SRカードを手に入れるといい。

あとは、初心者ミッションを確認し、条件をよく見て達成していこう。

デッキを構築

dbz-bucchigiri_13
デッキは1~8のAR別の計8枚で構成される。

1~4まではダメージ減少やサポート効果が付与されているものが多く、5以降はバトル面で真価を発揮するカードが多い。

悟空デッキやナメック星人デッキなど、効果を発揮しやすいテーマを決めてから編成しよう。

カードを強化!

dbz-bucchigiri_14
ゲームの進行や同じカードを入手するとスピリット(欠片)を獲得でき、それと資金を消費するとカードのBPがアップする。

また、カードには「ブッチギリZ」という特殊効果があり、開放条件を満たすことでカードが強化される。

アプリゲット
新作ゲームをフォロー
新作ゲームの最新レビューを配信しています
アプリゲット
事前登録をフォロー
事前登録中ゲームの最新情報を配信しています

読者レビュー(β版)

3件
このゲームをプレイした感想や評価を教えてください。雑談やコメントも歓迎です。
avatar
1000
新しい順 古い順 最も評価の多い
第1弾までのレビュー
読者
第1弾までのレビュー
このゲームの評価(任意) :
     

このゲームはたまに札束で殴り合うゲームっぽそうとかいってる人いるけど今のところそういうゲームではない。カードのレア度が並、低めでも強いのがあり余裕で戦えるし、イベントのおかげでカード集めもそこそこしやすい。
悪いところは手札のカードが二枚しか選べないので、カードを引く運が物凄く必要。わかりやすくしようとそういう風にしたのかもしれないが、プレイヤーの選択肢を狭くしてしまったのは失敗だったと思う。
演出がやたら多く、テンポが悪い。変身や必殺の演出なんて数回見たら直ぐ飽きるのだからテンポ優先して欲しかった。
ついでに最新カードの実装が遅すぎ、ミッションは構成の自由性を奪いがち。

匿名
読者
匿名

クソゲーw
レジェンズはよ

匿名
読者
匿名

またFF、DQ、DBの看板でガチャ引かせるゲームだねって感じでこれじゃなきゃダメって要素無しだった。