走って跳んでハラハラドキドキ!おすすめランゲームアプリ特集

ランゲームアプリ特集

君はどこまで走り続けられるか?

キャラクターが自動で走り、タップやスワイプ、ジャイロ操作で障害物を避けたり、アイテムを取りながら進み続けるランゲームアプリ。

1回のプレイ時間も短く、簡単操作でカジュアルに遊べるゲームですが、とっさの判断ミスが命取りとなり、諦めきれずつい「もう一回!」と何度も挑戦したくなる面白さがあります。

この記事ではそんなラン系ゲームの中から、編集部が実際にプレイして厳選した、スマホで遊べる編集部おすすめのランゲームアプリ15本をご紹介していきます。

編集部おすすめのランゲームアプリ15選

ひたすら走り続けて、どれだけ長い距離を走れるかを競うゲームから、敵を倒してストーリーを進めるRPG要素があるものまで、様々なジャンルから本当に面白いランゲームをご紹介します。

スーパーマリオラン(Super Mario Run)

任天堂がスマホに初参入するラン&ジャンプアクション。

マリオは何もせずとも自動で右側へ走っていき、タップでジャンプ。

多彩なギミックを使ってステージを縦横無尽に駆け回れる。

地上なら敵もブロックも乗り越える「ウマとび」といった新アクションや、特性が異なる6人のキャラクターを使い分けて攻略する。

更に全世界のプレイヤーと競い合う対戦モードと、ステージ1-4までは無料でプレイ可能。

それ以降は1200円の買い切りで追加課金ナシ。

全クリなら割とサクッと終わるけど、コレクション要素などもあるので、挑戦してみたい人はぜひ。

Temple Run 2(テンプルラン2)

世界中で大ヒットしたスマホランニングゲームの続編!

前作と同じく、偶像を手に入れた主人公が悪魔のようなサルから逃げる。

上下のスライドでジャンプとスライディングといった基本操作や、ゲームとしての面白さはそのままに、グラフィックが非常にリッチになり、ロープで降下するアクションやトロッコに乗ったりするシーンなど演出も派手になったぞ。

トロッコでは端末を傾ける操作が重要。スピード感があるため、これがなかなか難しい。

成長要素のほかにも、トロフィー系も充実しており、やりこみ要素も満点。

サブウェイサーファーズ

イタズラ小僧となり、鉄道警察から逃げるダッシュアクション。

「テンプルラン」的な前方進行型で、障害物とぶつからないようにジャンプや横飛びで避ける。

空中を飛んでショートカットする「ジェット機」や周囲のコインを吸い寄せる「磁石」など、ステージには様々なアイテムが落ちている。

このアイテムの中に?ボックスがあり、そこには「ニット帽」などコンプアイテムがランダムで入っていて、集めると操作キャラを増やせるようになっているぞ!

ハラハラするゲーム性にやりこみ要素もあって、ゲームオーバーからリトライへの画面切り替えもスムーズなので、気づいたら結構な時間遊んでたなんてことも。

Blades of Brim(ブレード・オブ・ブリム)

サブウェイ・サーファーズの開発陣がおくる、攻撃や召喚獣を駆使してステージを駆け抜けるランアクション。

自動で走り続けるキャラを、上下左右のスワイプで操作していこう。

敵がいるときは、これらの操作が自動で攻撃に切り替わる。

ライフがなくなったり、コースから落下するとゲームオーバーになるぞ。

壁走りや召喚獣などを使いこなしながら、どんどんステージを進んでいこう。

撃破数などのクエストをこなすことでレベルが上がるというシステムも、飽きずにやり込めるポイントだ。

ウィンドランナー:Re

ファンタジー世界でペットと共に敵を倒しつつゴールを目指して突っ走るランアクションRPG。

二段ジャンプやスキルといった操作を駆使して、誰より早くゴールまで走り抜けるというシンプルでわかりやすいシステムだ。

それだけでなく敵を頭突きしたり、踏みつけたりして倒すコトも可能で、設置されているリングを上手くくぐるなどテクニカルなスコア稼ぎ要素まである。

性能の違うキャラたちそれぞれのストーリーを楽しみつつ、マルチプレイも可能なので、世界中のプレイヤーと競ってみよう!

怪盗グルーのミニオンラッシュ

映画「怪盗グルーの月泥棒」を題材にしたゲームで、障害物を避けながらバナナを集め、一番意地悪なミニオンになることを目指して走り続けるゲーム。

グルーの研究所など映画にも出てきた場面が盛り込まれていて、美しすぎるグラフィックにまるで短編の映画を見ているかのような錯覚に陥るほど。

軽快なテンポで繰り広げられるゲーム内容で、飽きない要素もたっぷり。

これだけの内容で無料なんて…映画を見てなくても、ミニオン好きならダウンロードしなきゃ確実に損!

名探偵コナンランナー 真実への先導者

走って、集めて、「謎」を解け!

ブシロードが手がける謎解きランナーゲーム。

大ヒット作品「名探偵コナン」と仲間たちの名推理が楽しめ、簡単操作で行えるランゲームを繰り広げていく。

シナリオ部分ではコナンたちが活躍してきた数々の難事件が登場。描き下ろしイラスト、おなじみの声優たちのキャラクターボイスも楽しめるぞ。

ロデオスタンピード(Rodeo Stampede: Sky Zoo Safari)

様々な動物に飛び乗って仲良くなり、自分だけの動物園を作るランアクション経営ゲーム。

全世界で1億ダウンロードを記録した「クロッシーロード」をリリースしているFeatherweight Games発のランゲーム。

プレイヤーは投げ縄を操るカウボーイとなり、ウシやゾウ、シマウマなど様々な動物に跨って草原を進んでいく。

このゲームの特徴はなんといっても、様々な動物に跨がりながら走るランゲームと動物園を経営するシミュレーションパートが融合されているところ。

ランゲームパートは、指一本で簡単かつ快適に進めるほど操作感が良く、クロッシーロード同様にキャラや動物のグラフィックが可愛いので遊びごたえがある。

さらに新種の動物を発見し、しばらく跨ると好感度が増して捕獲できる機能もおもしろい!

Faily Tumbler

ガッチャガチャにいろんなものが散りばめられたステージで、死ぬために転がる(笑)

ブレーキの壊れた乗り物で悪路をひたすら駆け下りるエクストリーム系ランゲーム「Faily Brakes」シリーズの最新作。

今回の舞台はなんと原始時代!そして今回のブレーキが壊れた乗り物は…自分自身!

ほとんど丸裸のような状態のフィル・フェアリーが、ジャングルや崖をごろんごろんと駆け下りていくぞ。

道中にはトゲトゲのサボテンや人食い魚、深い谷、そして背後からは迫りくる溶岩が。

様々な苦難やあらゆる死に方を乗り越えて、1メートルでも先を目指そう。

登校DASH! ~森永みちる ラン&ジャンプ~

豊富なアクションを駆使して森永さんを登校させるラン&ジャンプアクションゲーム。

普通のランゲームにある二段ジャンプはもちろんだが、操作系はシンプルなまま、三角跳び・受け身・崖つかまりなどなどいろいろな動作が可能になっている。

主人公の森永さんの通学路は山あり谷あり、更にはボールが降り注いだりと危険がいっぱい。

ゲームクリア以外にも、タイム・スター・ハートなど、やり込み要素も満載!

数々のアクションを使いこなして、彼女を無事登校させていこう。

ワンエピックナイト

ダンジョンRPG風のエンドレスランゲーム。

テンプルランを筆頭にスマートフォンで人気が高いゲームジャンルだが、本作はRPGの雰囲気をうまく盛り込んでいる。

剣や盾といった基本的なアイテムからモンスター、落とし穴などのトラップなどエンドレスランのゲームをしながらダンジョンRPGの気分が味わえるし、操作感も軽快でストレスなくゲームを楽しむことができる。

ただし!極悪なトラップが多く、ゲームに慣れるまでは初見殺しされること多い。

そんな難易度の高さもダンジョンRPGらしいと言えばそうかもしれないw

スラッシーナイト(Slashy Knight)

瞬時の判断でブロック状の大地を駆けるカジュアル3DアクションRPG。

左右への方向切り替えで未開の大地をどこまでも進む。

ランゲームを元にしつつ、キャラの永続強化や途中のエリアから無条件で再スタートできる育成、成長要素を取り入れたゲームとなっている。

草原や森、岩場などエリアの雰囲気やギミックも変わっていくので、ストーリーRPGのように地道にフィールドを探索するような感覚で遊べるのが良かった。

Run Again!(ランアゲイン)

勇者を鍛えながらモンスターや障害を突破するランアドベンチャーRPG。

『魔王にさらわれた姫様を救うために勇者は冒険へと出かける』

今どき珍しいくらいの王道ストーリーが描かれていて、ドット絵風のグラフィックの雰囲気もなかなか良い。

ファンタジーストーリーを楽しみながら走って、ジャンプして、スライディングして敵を斬る爽快なランアクションを楽しもう。

パディントン・ラン

映画「パディントン」をもとにした無限に街を走る爽快なランアクションゲーム。

主人公のクマ『パディントン』は、大好物のマーマレードを集めるためにロンドンの名所を猛ダッシュ!

やりこみ要素も豊富で、ステージによって違う風景がみれたり、衣装を着替えたりもでき、服には特殊な効果がついているぞ。

服はどれも可愛いが、そんなことよりも「いかに有利に走れるか」それが重要だ。

みっちりねこ だっしゅ!

ねこが黄金の魚を目指してひた走る3Dランニングゲーム。

操作は簡単、スワイプしてねこを左右に移動し、指を離したタイミングでねこがジャンプする。

3Dランニングゲームといえば、手前から奥に向かって走るのが一般的だが、みっちりねこ だっしゅ!はその逆。

なんと、奥から手前に向かってねこが走る。

自分の視点とまったく異なる視点なのでやや違和感があるけど、逆視点のおかげでねこのかわいらしさが十二分に堪能できるというメリットがあるぞ!

特に大勢の仲間ねこを引き連れて爆走する姿は、一見の価値アリだ。

本記事ではスマホで遊べる編集部おすすめのランゲームアプリ15本をご紹介しました。

この他にも魅力的なゲームはたくさんありますので、もっと知りたいという方はそれぞれのゲームのコメントに特集してほしい企画のリクエストをお寄せください。

今日もみなさんにとっていいゲームとの出会いがありますように。

執筆者: 編集部

コメント

コメントはまだありません。

ログインしています » | ログアウト
500

ログインしていません。

このままでも投稿できますが、ログインして投稿すると後から投稿一覧を確認できるようになります。