ストーリーが面白いスマホゲームアプリ10選!感動のエンディングから悲劇の結末まで

アナザーエデン

泣けるエンディング。
魂が燃える怒涛の展開!
そして感動。

今回はそんな心揺さぶる感動を与えてくれる、ストーリーやエンディングが魅力のスマホアプリの解説と感想を10本紹介。

どれも「このゲームをやってよかった」と思える遊んで損なしの名作ばかりですので、ぜひ最後まで遊んでみてください。

ストーリーが面白いスマホゲーム10選

スマホゲームの中から、ストーリーに注目しておすすめの10本を厳選!

定番の王道RPGに青春ラブストーリーから、ホラーやSFにサスペンスと様々なジャンルの名作を紹介します。

ケイオスリングス3

ストーリー

青き大空に浮かぶ空中大陸、臨海都市ニューパレオ。
すべての冒険者達は夢と欲望を抱いてこの街に集う。
遥か天空に映る青き惑星『マーブルブルー』に向かうためである。

都心から離れた小さな村で、妹と共に家畜の世話をして暮らしていた主人公。
ある夜、不思議な声に誘われ一人の美しい女性と出会う。
女性は静かに語る。

「貴方は向かわねばなりません。
あの天空に輝く母なる星――マーブルブルーへと。」

コンシューマに引けをとらないやりごたえと完成度!

「ケイオスリングス3」はスクウェア・エニックスの本気を感じさせる大作RPGです。

バトルは古きよきターン制となっていて、JRPGの伝統を感じる安心のシステムです。

しっかりしたエンディングがあり、隠しボス、さらに真のエンディングなどのやり込み要素も豊富に用意されています。

2,800円は高いと感じるかもしれませんが、コンシューマに負けないスマホ最高峰のRPGは伊達じゃありません!

アナザーエデン 時空を超える猫

ストーリー

とある村に住む警護団の青年アルド。

建国300年のお祭りに活気だつ村に、突然「人類の敵対者」の長、魔獣王が現れる。

「その娘に用がある。」といい妹のフィーネをさらっていく魔獣王。

アルドはフィーネを取り戻すべく、古代・現在・未来を超えた冒険に乗り出す。

RPGの名手が本気で作ったRPG

「アナザーエデン 時空を超える猫」は、古代・現在・未来を超えて冒険するファンタジーRPG。

クロノトリガーや数々の名作を手掛けた加藤正人氏、光田康典氏らスタッフによる、美しいグラフィックと音楽で壮大な物語が展開されます。

運営型でありながら驚愕のエンディングも用意されている重厚なストーリー。

そしてクリアしてもさらに物語が続いていく・・・そんな夢のようなRPGがここにある!

彼女は最後にそう言った

ストーリー

「祭の夜には お面をつけて
死者が この世に もどってくる」

主人公・シンタローのもとに、
4年前に死んだはずの同級生から手紙が届く。

8月14日は地元のお祭で、
死んだ同級生の命日でもある。
シンタローは半信半疑のまま展望台を訪れる…

あの日彼女はなぜ死んだのか?
この手紙を出したのは誰なのか?
死者が戻るなんてことが、本当にありうるのか?

数々の疑問とともに、
シンタローは時間のループに飲み込まれてしまう。

最後の最後に想いを受けとった時の感動は忘れられない

「彼女は最後にそう言った」は、時間を超えて過去の事件の真相を解き明かす青春アドベンチャーです。

「あなたってよく見るとドブネズミみたいな顔してるわね」のシナリオ・横田順氏、音楽・入間川幸成氏で贈る感動の物語。

時空を超えて繰り返す8月14日。数々の疑問を解き明かした先にわかる彼女の想いに感動。

そしてさらに続く8月14日の結末が素晴らしすぎました。

エンディングでタイトルに込められた意味を知った時、あなたは2回泣かずにいられるだろうか。

World for Two

ストーリー

ある日、突然の大災害によってありとあらゆる生物が死に絶えた。

それから幾年、荒廃した世界で唯一の生き残りの博士は地下にある研究所で生物を創ろうとしていた。

博士は生物を創るのに欠かせないエネルギーを採取する為、外で活動が可能なアンドロイドを創り出した。

人間の文明活動がとまった世界は植物が生い茂る。 残酷であるが美しくもある。

そんな世界で博士とアンドロイド、二人の生命創りが始まった。

博士が命をかけて創造したもの

「World for Two」は、大災害によってありとあらゆる生物が死に絶えた世界が舞台のSFアドベンチャー。

人間以外の生物を創造していくという目的のもとに、博士とアンドロイドは次々と生命を創造していきます。

しかし博士は嘘をついていました。

果たして博士の嘘の真意とは。

美しいドット絵のグラフィックとBGMを堪能しつつ、博士とアンドロイドが迎える切なくも感動のエンディングを目撃してみてはいかがでしょう。

Strange Telephone

ストーリー

主人公の女の子「ジル」は、目の前に大きな扉が浮く奇妙で暗い世界に閉じ込められてしまいました。

基本的にはその場所から身動きがとれません。
そんな彼女に力を貸すのは電話の姿をした「グラハム」です。

グラハムを通して電話をすることで様々な世界を創造し、その中を探索することができます。
各所に散らばった様々なアイテムを使って鍵を手に入れこの世界を抜け出すことができるでしょうか。

1人の製作者の執念の結晶!

『Strange Telephone(ストレンジテレフォン)』は、電話をすることで様々な世界を創造し、その中を少女が探索する2Dドット絵アドベンチャー。

大幅アップデートにより操作性や演出など全てが超絶進化。4年もコツコツ完成度を高め続けた製作者に脱帽です。

ゲームは6桁の電話番号によって自動生成される様々な世界の中から、アイテムを探して鍵を見つけ出し脱出するのが目的です。

ブラウン管のような歪みや悪夢を彷徨うサイケデリックな世界観が素晴らしく、不気味ながらセンチメンタルという悪夢のような異世界を見事に描いています。

様々な条件によって変化するエンディングが多数存在し、それによって解除される隠し要素もあります。

これだけ素晴らしいゲームですから、エンディングはすべて見たくなっちゃうのが当然でしょう!

ジンキャスター

ストーリー

舞台は、砂嵐と蜃気楼の彼方に広がる、広大なダルシャラの地。

暴政を敷くスルタンの軍に追われ、死の淵にあった男から、青年エルマーは一振りのダガーを託される。

そこには、かつての神話にもその名を残した神秘の存在「ジン」が封印されていた。

古の異国に彼らが起こす革命の旋風は、動乱の世をどこへ向かわせるのか!?

熱き魂は世界共通!

「ジンキャスター」は、世界中で配信され、ゲーム性・ストーリーどちらも高い評価を得ている傑作です。

砂嵐と蜃気楼の彼方に広がる広大な大地ダルシャラで生きる青年「エルマー」が、暴政によって苦しむ人々のために立ち上がる王道の展開は胸熱っ!

古の神秘「ジン」を召喚して戦うバトルも、異国情緒あふれる世界観も素晴らしい出来です。

万人におすすめできる直球ど真ん中の古き良き冒険譚をどうぞ!

レイジングループ

ストーリー

旅行者・房石陽明は、バイク旅行中に道に迷う。

見つけたコンビニ店員の案内で集落への道を進むが、崖で転倒してしまう。
そこに現れた芹沢千枝実の助けで藤良村(ふじよしむら)にある休水(やすみず)という集落に身を寄せるが、霧が発生して房石は謎の生物に殺されてしまう。

しかし直後にはバイクで道に迷っているところに逆行していた。
選択を変えてその場を生き延びた房石だったが、村の伝統であるおおかみ様をくくる為の「黄泉忌みの宴」に巻き込まれることになる。

人狼ゲームの設定を活かしきったストーリーに脱帽

「レイジングループ」は人狼をテーマに、山奥の村で繰り広げられるホラーアドベンチャーゲームです。

誰もが疑わしい閉鎖された環境で、怖れ・嫉妬・恨みというドス黒い面を非常にうまく人狼と絡めているストーリーは特筆モノ!

選択肢でいくつもの結末が用意されてるマルチエンディングですが、最終的にたどり着く結末は一つだけ。

惨劇の先にあるエンディングを、あなたは確かめずにはいられない・・・。

ヒュプノノーツ1

ストーリー

助けて欲しいっていう謎の手紙。
こうして冒険がはじまった。

〇〇くん
お久しぶりです
わたしは今すごく困っています
〇〇くんの助けがどうしても必要です

現れる魔法少女。
主人公は夢の世界で幼年期〜思春期を旅することになる。

大人になってこんなゲームに出会えてよかった

「ヒュプノノーツ1」は、少年少女に戻って夢を旅するローグライクRPG。

魅力的な登場人物達との物語が秀逸で、ノベルとしての完成度が抜群です。

ゲーム自体は少し難しく感じるかもしれませんが、適度な難易度でヒントや救済措置もあり、実に絶妙なバランスとなっています。

誰にも覚えのある人生のちょっとしたことを題材にした、大人にこそ遊んで欲しい名作です。

四ツ目神

ストーリー

中学3年生である主人公、佐原真依は出産時に母を亡くして父と二人暮らしで育つ。

親族とは疎遠だったが、初めて実家に訪れた際に神にまつわる特別な家柄であった事を知る。

そして迷い込んだ神社は奇怪な出来事が次々と巻き起こる。

何故帰してもらえないのか?四ツ目神とは?家系に隠された秘密は?そして、自身と瓜二つな協力者の正体とは?

脱出ゲームのスケールで測れない傑作ストーリー

「四ツ目神」は古びた神社に迷い込んだ女の子が脱出を目指す、謎解き×脱出と和風な世界観が結びついた長編物語です。

脱出ゲームとしても推理アドベンチャーとしても申し分ないクオリティで、基本は脱出ゲーム形式で進行し、選んだ選択肢によって結末が変わるマルチエンディングとなっています。

特筆すべきはストーリーの素晴らしさで、先が気になる謎に作り込まれた怪しくも魅惑的な和の世界が、他の脱出ゲームとは一線を画す大ボリュームのシナリオによって綴られます。

脱出ファンにもミステリーファンにもただのゲーム好きにもおすすめしたい、世界観・ゲーム性・ストーリーと三拍子揃った傑作です。

Playdeads INSIDE

ストーリー

謎の組織に追われ、不気味な夜の森や怪しい工場を見つからないように少年は逃げ続ける。

何度も危険な目にあいながら進み続け、たどり着いたのは謎の施設。

少年はいつのまにか闇のプロジェクトの中枢に引きずり込まれていた。

言葉はなくとも心の奥底に何かが残った

「Playdeads INSIDE」はゲーム史に残る名作「LIMBO」を世に出したPlaydeadsによる、残酷な世界が舞台の物語です。

プレイすると、あなたが操る少年は何度も無残な死をとげることになるでしょう。

そんな「何が起こっているか誰か教えてくれ」という状況の中、あえて言葉で語らない姿勢に賛辞を贈りたい!

ゲームをクリアしても考察の余地が残されている謎に、分岐するエンディング。

明確な答えを出さずに、ユーザーの想像力に物語を委ねている点が魅力の名作です。

今回はストーリーが魅力のスマホゲームを10本紹介しました。

この他にも魅力的なゲームはたくさんありますので、もっと知りたいという方はそれぞれのゲームのコメントに特集してほしい企画のリクエストをお寄せください。

今日もみなさんにとっていいゲームとの出会いがありますように。

執筆者: 編集部

コメント

コメントはまだありません。

ログインしています » | ログアウト
500

ログインしていません。

このままでも投稿できますが、ログインして投稿すると後から投稿一覧を確認できるようになります。