アナザーエデン 時空を超える猫

アナザーエデン 時空を超える猫

提供元 Wright Flyer Studios, Inc.

コマンドバトルRPG

読者レビュー (5)

加藤正人氏ら現在・未来・過去を繋ぐ名作RPGのスタッフが集結!Google Playで大賞を受賞した傑作!

ダウンロード(Android) ダウンロード(iPhone)

アナザーエデン 時空を超える猫 androidアプリスクリーンショット1

殺された未来を救けに行こう 時の闇の降る前に――

現在・未来・過去をツナグ壮大な冒険譚がここにある!!

「アナザーエデン 時空を超える猫」は古代・現在・未来を超えて冒険するシングルプレイ専用のファンタジーRPGだ。

【Google Play 「ベスト オブ 2017」ゲーム クリエイティブ部門 大賞受賞!】かつ400万DLを達成!

年が明けてもますます盛り上がり続けるゲーム、その本質は――。

2000年代のJRPGを遊んだ人にはあのころのワクワク感を

スマホRPGに慣れた人には斬新さを

美しいグラフィックに壮大なサウンド、古代・現在・未来それぞれの世界観が画面の中からプレイヤーへダイレクトに伝わる。

そんな驚きや感動が途切れずにずっと継続する。

星はかつて、を見たように。

プレイヤーたちの記憶に残る夢を見させてくれる、そんなRPGがここにある。

フィールドが地続き

アナザーエデン 時空を超える猫の事前登録情報その一
スタミナ制やクエストといったスマホRPGではお馴染みの概念を排除し、町もダンジョンも完全に地続きなフィールドを好きなように歩き回る。

住人と会話し、家の中のタンスを調べてアイテムを獲得し、サブクエストで困っている人を助けるという、ストーリーRPGの楽しさを味わえる。

バトルはターン制のコマンド式

アナザーエデン 時空を超える猫の事前登録情報その一
画面下のアイコンをタップすると表示される通常攻撃やスキルを選択して行動する。

バトルに勝利するとキャラが経験値を得て成長し、固有のアビリティボードを利用することでより強くなるシステムだ。

アナザーエデン 時空を超える猫は世界観への没頭を途切れさせないシステム

アナザーエデン 時空を超える猫 androidアプリスクリーンショット2

物語を進める度に背筋がゾクゾクする。

リリースから1年弱が経過し、Google Play ゲーム クリエイティブ部門 大賞の受賞やユーザーの評価は、各ストアの評価点数からも推し量れると思う。

シングルプレイ専用ということでコンテンツの枯渇も心配したが、定期的にキャラクターや物語が追加されている。

ゲームの進行やログインボーナスによって得られる課金通貨も多く、どのキャラにもしっかりと個性があるのも魅力のひとつだ。

もともと広かった世界が拡張され、JRPGとしての完成度を高めているゲームだ。

スタッフが豪華!名前負けもしていない

アナザーエデン 時空を超える猫の事前登録情報その一
シナリオ・演出に「加藤正人」氏、メインテーマに「光田康典」氏という数々の名作RPGを手がけたスタッフを起用している。

メインストーリーが単純におもしろく、彼らが手がけた作品がオマージュされている部分も多々あり、ファンならニヤリとしてしまう場面が多い。

RPGに没頭するあの感覚!

アナザーエデン 時空を超える猫の事前登録情報その一
本作にはJRPGとしてのクオリティだけではない魅力が数多くある。

それが、プレイヤーを引きつけて離さず、いつまでも遊んでいたくなるストーリーRPG特有の没入感に繋がっているのだ。

ゲームの流れ

androidアプリ アナザーエデン 時空を超える猫攻略スクリーンショット1
物語は幼少のころ親に捨てられ、とある村の長に拾われた2人の兄妹「アルド」と「フィーネ」がメインとなる。

兄妹は、平和に暮らしていたが――

androidアプリ アナザーエデン 時空を超える猫攻略スクリーンショット2
突如として現れた魔獣王によって妹はさらわれてしまう。アルドは未知の力であるアナザーフォースを使って善戦する。

しかし、魔獣王を止めることはできなかった。

androidアプリ アナザーエデン 時空を超える猫攻略スクリーンショット3
アルドは妹を助けるべく時空の歪を超えて様々な時代を渡り歩く。

移動操作はスワイプで行い、地続きのフィールドを散策しながら進もう。

物語を進めることでアルドたちの出生の謎も明かされる。

androidアプリ アナザーエデン 時空を超える猫攻略スクリーンショット4
バトルはターン制のコマンド式。画面左下にあるキャラアイコンをタップしてコマンドを選択する。

後列のキャラはターンを消化するとHPとMPが微回復する。前後列をうまく入れ替えて行動させよう。

androidアプリ アナザーエデン 時空を超える猫攻略スクリーンショット5
村人の家に入って会話したり、タンスをゴソゴソ……したりといったJRPGでお馴染みの探索システムを搭載。

緑色のマークはメインストーリーの進行。

黄色いマークはサブクエストの進行となる。

androidアプリ アナザーエデン 時空を超える猫攻略スクリーンショット6
(※イメージしやすいよう友人から画像を提供)
パーティに編成したキャラはバトルで経験値を得て成長する。
レベルアップ時にはAPも得られるので、ボードメニューで能力値アップや新たなスキルを習得しよう。
androidアプリ アナザーエデン 時空を超える猫攻略スクリーンショット7
ゲーム中に特定の条件を満たすと「クロノスの石」を得られる。

この項目で石を集めてキャラガチャを利用しよう。

androidアプリ アナザーエデン 時空を超える猫攻略スクリーンショット8
(※イメージしやすいよう友人から画像を提供)
物語を進めると各時代を行き来できるようになる。
古代・現代・未来、そのどれにも属さない世界――すべての物語が繋がり、プレイヤーの心を揺さぶる冒険になる。

アナザーエデン 時空を超える猫の攻略のコツ

アナザーエデン 時空を超える猫の事前登録情報その一

ゲームは各所でイベントを発生させてメインストーリーを進めながらバトルで経験値を得てキャラを育てていく。

キャラはレベルアップ時にAPを獲得でき、アビリティボードではそれを使ってステータスを上昇させ、スキルを習得することができるようだ。

課金通貨の「クロノス石」はゲームの進行、サブクエスト報酬やログインボーナスで手に入れておこう。

ヒーラーがカギを握る

アナザーエデン 時空を超える猫 androidアプリスクリーンショット3
本作はJRPGらしい特徴を持っていて、全体回復や状態異常回復が行えるヒーラーがパーティの生命線となる。

ゲームの進行によって加入する「フィーネ」も充分役に立つが、序盤の強敵とのバトルに備えてキャラガチャで1体程度はその役割のキャラを獲得しておきたい。

フィアーモンスターに注意

アナザーエデン 時空を超える猫の事前登録情報その一
序盤で気をつけたいのはユニークモンスターである「フィアー」の存在!

準備なしだとまず勝てず、全滅しても村に戻されるだけでとくにペナルティはないが、後ほどレベルを上げてから挑もう。

アプリの更新によって危険度(倒せるかどうか)に色判定が付き、マップでも確認できるようになった。

関連動画



  • 筆者の中では去年のベストゲーム。ぜひ遊んでほしい。
アプリゲット
新作ゲームをフォロー
新作ゲームの最新レビューを配信しています
アプリゲット
事前登録をフォロー
事前登録中ゲームの最新情報を配信しています

読者レビュー(β版)

2件
このゲームをプレイした感想や評価を教えてください。
avatar
1000
新しい順 古い順 最も評価の多い
ぷっちょ
読者
ぷっちょ
このゲームの評価(任意) :
     

いやぁ〜,もう楽しいです✨昔やってたポケモンを思い出します^^*
しかも絵が綺麗なので目の保養だし,VCも豪華✨
(ここから多分語彙力崩壊します)
まず!!イヤホン推奨!!!!!!もうこれは絶対!!BGMがカッコよすぎる✨聴かないなんて勿体無い!!ほんと,バイオリンやっとけば良かったって思うw
そしてストーリーが凝ってるのよ!!!!!!「嘘?!え?!あの主人公が?!」ってなる。メインストーリーだけじゃない。サブクエストやキャラクエストも内容が濃い。「えっ!!この後どうなるの?!」ってなるから飽きない。ほんと。騙されたと思ってやってみて!
自分がストーリーにハマっていくのが分るはず

匿名
読者
匿名
このゲームの評価(任意) :
     

RPGゆえある程度の周回は許容範囲だったが、外伝で毎度数箇所ポイント不足で止められて過度な周回をさせられるのは参った。
本編はうたい文句通りスタミナフリーで遊べるが、肝心なところは時間や課金で回復する鍵が必要だったり一定時間が経過しないと進めなかったり惜しい部分もある。
キャラとの出逢いの大半が何の脈絡もないガチャからの登場で興醒め。まぁ本編クリアだけならストーリー加入キャラや配布キャラだけでも(多少難しくなるが)問題ないんだけども。
ゲームの基礎自体が良い分こういった残念な部分が目立つなぁと思った。

やんしー
読者
やんしー

クロノトリガーを、今スマホで作ったらこうだよね!というゲーム。キャラデザも世界観も文句なし。メインシナリオは後半にかけて無理やりな感じを受けてちょっとだけ萎えたけど、すでにハマっていたので最後まで飽きずにプレイしてメインシナリオは全クリできた。

書いていて思ったけど、「全クリ」っていいよね。

下に続きます