ショップタイタン(Shop Titans)

ショップタイタン(Shop Titans)

Kabam Games, Inc.

RPG風店舗経営シミュレーションゲーム

基本プレイ無料

ガチな面白さ。RPGの世界で戦闘もお店経営も楽しめちゃうトルネコ系経営シミュレーション!

ダウンロード(Android) ダウンロード(iPhone)

ショップタイタン

RPGのお店の中の人を体現。戦闘までできちゃう。

ヒーローショップマネジメントシミュレーションRPG

「ショップタイタン」は、ファンタジーの世界で武器防具やアイテムを売る、RPG風店舗経営シミュレーション。

戦士たちを雇い、素材を集めてもらい、武器や防具をクラフトして商売。高値で売りつけたりと交渉も可能。

戦士たちに装備させて冒険してもらい、商品を装備させ、育成するRPG要素も。ストーリー演出も濃厚で、オンライン売買やギルド、チャットも実装。

これはもはや経営シミュレーションじゃなく、RPGそのものなのではないか?と言えるボリュームとプレイ感。

今月出たゲームで一番好きかもしんない。

RPGのようなプレイ感がある秀逸な経営シミュレーション。

ショップタイタン

戦士たちの育成や装備も整えて冒険に出る。RPGやん。これ。

一言で言うと「ドラクエ4の第3章」を現代的にパワーアップさせた感じだろうか。

トルネコが店舗を拡大していくように、どんどん店の規模や大きさ商品がパワーアップしていく。

最初は「どうのつるぎ」だった商品を、素材を集め「破邪の剣」を売れるようになる…みたいなものだ。経営ゲーながら、成長の楽しみはRPGそのものだ。

豊富なゲームモードは、やめどきがわからないほど中毒性がある。キャラも際立っているし、オートながら戦闘も実装。オンライン要素まであるぜ。

隠れた名作発見だわ。

「ショップタイタン」の特徴は、多彩なゲーム性がもたらす中毒性

ショップタイタン

オンラインでアイテムや素材を売買できる要素まで。すげー。

成長する楽しみは、RPGの面白さそのものだと思う。本作はゲームのジャンルこそRPGではないが、冒険も成長の楽しみも、戦闘も物語もある。

制作は「MARVEL オールスターバトル」「トランスフォーマー:鋼鉄の戦士たちを手がけたカナダのメーカー、Kabam Games, Inc.。

操作性や日本語翻訳もバッチリだ。

予想を超えた面白さ…RPG好きは騙されたつもりでプレイを

ショップタイタン

町の住人に投資し、素材を効率よく集めよう。商人すげー。

予想を嬉しい方向に裏切ってくれた面白さの「ショップタイタン」

苦言を呈するといえば、戦士たちのスタミナ回復の待ち時間が長いことと、アイコンのガチムチ感とタイトルのRPGっぽくなさだろうか。

それを差し引いても、やめどきがわからない面白い経営RPGだ!アイコンがガチムチだけど、やってみてくれよ。高野ってそう簡単に4点出さないでしょ〜!?ね!ね!ね!

ゲームの流れ

ショップタイタン

序盤のチュートリアルも充実。いやーこれはいいゲームですよ。

キャラがいなたいとか言いたいことはわかりますよ!しかしまずはプレイしてみてほしいでごわす。

ショップタイタン

素材を集め、武器防具をクラフト。売る!たまには買い取り希望する旅人も。

高値で売るように交渉することもできる。値下げすることもできる。これによりポイントが上下する。

ショップタイタン

街の住人たちが次々と話しかけてくれる。彼らがストーリーを語ってくれる。

いやーなんだろ、これはゲーム続けちゃうな。ぶっつづけで遊びたくなっちゃう。注意。

ショップタイタン

戦闘に向かうヒーローや傭兵たちに装備を渡して強化。

バトルそのものは完全オートだが、戦闘の臨場感も味わえる。いいねえー。

ショップタイタン

ギルド、オンライン売買、ルーレット、次々と新しい要素がアンロックされていく。

農場ゲーとかに近いプレイ感とRPGらしさを兼ね持つナイスゲームの爆誕に拍手を送りたい。

「ショップタイタン」攻略のコツ

ショップタイタン

まずは「やること」リストをクリアしていくとこからはじめよう。

序盤はまず、同じアイテムを何回もクラフトしアップグレードしよう。新たな武器防具の設計図を手に入れたり、売値が上がったりしていく。

戦士を集め、彼らに装備を整えよう。そうすれば負けることはないはず。冒険に帰ってくるまでアイテムを作り込もう。

素材が足りなくなったら冒険&売買

ショップタイタン

念願のショップ拡大。こっからが本番だぜ。

高いアイテムはポイントを消費して倍額で売ろう(アコギな商売…)。逆に安物は安くうりつけてポイントを回復させてもよし。

冒険で必要な素材が足りなくなったらNPCから買うもよし、オンラインのユーザーから買うもよし。時間を金で買うか、足使って稼ぐか。商売の本質でんなあ。

下に続きます