はじまりの島 -淡路島日本遺産RPG-

はじまりの島 -淡路島日本遺産RPG-

淡路島観光協会

コマンドバトルRPG

読者レビュー (2)

「淡路島」を舞台とした和風ファンタジーRPG!メインキャラはフルボイスの淡路島観光協会の本気!

ダウンロード(Android) ダウンロード(iPhone)

はじまりの島

淡路島を舞台に、壮大な物語が展開する。

ただの観光推進ゲームではない本格派の和風ファンタジーRPG!

「はじまりの島 -淡路島日本遺産RPG-」は、日本神話の国造りで最初の地とされる「淡路島」を舞台とした和風ファンタジーRPG

ドラクエなどのようなターン制コマンドバトルで、片手で遊びやすいUI配置になっているのが特徴だ。

ストーリーは6万字を超え、想定プレイ時間も25時間以上という大作な上、メインキャラたちはフルボイスという淡路島観光協会の本気が素敵な力作!

観光協会推薦の観光スポットも収録されており、写真から説明が見れるだけでなく実際に訪れてGPSで登録すると強力な武器が入手できたりできるおまけ付き。

これだけ郷土愛に満ちた内容で、おふざけ無しでRPGとしても破格の完成度という類を見ないタイトルだ。

淡路島と神話を、守れ。

スポンサーリンク

片手操作しやすいターン制コマンドバトル

はじまりの島

片手操作しやすいUIが魅力。

戦闘は、各キャラの行動をボタンで入力するタイプのコマンド選択型

スマホを片手で持っての操作を意識したUIデザインになっていて、非常に操作しやすいのが嬉しい。

また、「全員攻撃」のコマンドや、前のターンの行動を繰り返す「リピート」のコマンドもあり、戦闘コマンドを簡略化するコトも可能だ。

観光スポットの紹介&現地に行ってgps登録すると報酬も!

はじまりの島

観光名所や日本遺産の写真や説明も。

なんといっても観光推進の目的もあるタイトルなので、しっかりと淡路島の観光スポットを確認する機能もある。

ゲーム内マップも各観光地とリンクした土地になっているほか、興味をひく説明分も確認できるぞ。

そして、GPS機能があって現地で登録するコトで、さまざまな武器が手に入ったりするのも面白いとところ。

淡路島に観光に行く際は、是非現地で起動してみよう。

スポンサーリンク

「はじまりの島」の魅力は、世界観を崩さない観光案内に本格派のファンタジーストーリー!

はじまりの島

観光用としても機能は万全!

名所が現在の写真付きで確認できて、しっかりとした解説に興味惹かれること間違いなし。

ゲーム内でも同様の場所に姿を変えて観光スポットが登場しているほか、実際の地図に直接リンクしているのも心憎い。

旅行の下調べにもなっちゃう。

ゲーム内でちょっとした淡路島旅行気分が楽しめる!

はじまりの島

そうか、イイダコが名産なのか。

実際の土地とゲーム内マップがリンクしているので、上記の通り観光スポットの場所にある村などを巡っていくコトになるぞ。

土地などをGoogleマップで確認しつつ遊ぶと更に面白い。

更にイイダコが捕れるといった土地のネタも随所に盛り込まれており、ちょっとした淡路島観光が楽しめてしまう。

プレイしていると、本気で行ってみたくなるな・・・これ。

大作並みのボリュームで楽しめる本格ファンタジーストーリー!

はじまりの島

メインキャラはみんなしゃべる。

観光推進の目的はあるものの、実際のゲーム内容は大まじめに25時間以上遊べる和風ファンタジー。

近年流行り続けている異世界モノのように、現代の高校生が過去の淡路島へ転移して大冒険していく展開で読み応えバツグンの内容だ。

しかもメインキャラは全員ボイス付きで、イザナギはアニメ「蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-」で千早群像を演じた「興津和幸」さんが演じている。

スポンサーリンク

ゲームの流れ

はじまりの島

イザナギは少女の姿をした謎の魔物に封印されてしまう。

本来は再び現れた魔物たちを彼が退治するはずだった。

はじまりの島

現代でイザナギの夢をみた主人公は、自分以外のクラスメイトたちが消失する事件に巻き込まれる。

そのまま自分も消え去りそうになった時、イザナギの最後の力で過去の淡路島へと転移するのだった。

はじまりの島

過去の淡路島で出会った少女ミィナと共に、破壊された未来を取り戻すために立ち上がる。

戦闘はスタンダードなコマンド選択型で、片手でも操作しやすい。

はじまりの島

現実の淡路島とリンクした世界で各観光地をモデルとした村が登場する。

村で装備やアイテムをそろえてから旅立とう。

はじまりの島

仲間は4人いるので、ストーリーを進めて増やしていこう。

みんなの力を合わせて淡路島と神話を守れ!

「はじまりの島」の攻略のコツ

はじまりの島

村の装備は全部買う方向で。

ゲームバランスが絶妙で、そこまで難しいと感じることはないはず。

だが、それなりに歯ごたえのあるバトルになっているので、進んだ先の村に売っている装備品は全て買い揃えるようにしていこう。

つまり、装備がそろうまではその周囲のダンジョンで資金稼ぎ&レベリングをしていくといいぞ。

ネムタマポンで経験値を稼ごう!

はじまりの島

経験値が美味しいぜ!

序盤の土地では、「ネムタマポン」という上図の紫色のタマネギみたいなモンスターが稼ぐのに最適。

周囲のモンスターたちが二桁程度の経験値なのに対し、ネムタマポンは三桁の経験値が入る。

最初のダンジョンでたくさん出るので、レベル10くらいまでは上げてしまうほうがいいだろう。

下に続きます