ブロスタ

ブロスタ

Supercell

MOBA

読者レビュー (0)

「クラクラ」「クラロワ」等…超ヒット作を手がけるSupercellの新作!はちゃめちゃ大乱闘マルチプレイ対戦アクション

ダウンロード(Android) ダウンロード(iPhone)

ブロスタ

3対3のリアルタイム対戦で世界中のプレイヤーとバトル。

クラクラやクラロワの開発陣が手がけるオンライン対戦アクション!

「ブロスタ(Brawl Stars)」は、Supercellが手がける新作マルチプレイ対戦アクション。

超ヒット作「クラッシュ・オブ・クラン(クラクラ)」「クラッシュ・ロワイヤル(クラロワ)」「ブーム・ビーチ」の開発チームが手がける新作対戦アクションだけあって、全世界から500万人もの事前登録がされており、注目を集めていた。

3対3のリアルタイム対戦やバトルロイヤルなど、多彩なキャラクターとゲームモードが用意されたスマホ向けサバイバルアクション。育成も楽しめるし時間泥棒ヤバイ。この中毒性は要注意だ。

「スプラトゥーン」にも似たカジュアルな戦い!

ブロスタ

序盤はまずバトルを勝ち進み、キャラクター達をアンロックしていこう。

横向きに持って自由に移動し、1試合3分前後でサクッと終わるバトル。それでいてテクニックや戦略が重要になるバランスが面白い。

「スマブラ」や「スプラトゥーン」好きにも訴求力がありそうな、誰でも勝ちを狙えるバランスは見事と言うほかない。バトロワ系やMOBA好きにもおすすめできる。年末に傑作キタコレ。

ブロスタの特徴はサクっとプレイできるのにやり込めるオンライン対戦!

ブロスタ

バトル終盤は毒ガスが広まり、フィールドが狭くなっていく。最近よくある形式。

超ヒット作「クラッシュオブクラン」「クラッシュ・ロワイヤル」など、スマホゲームに新たな風を吹き込んできたsupercellの新作。やつらは今回も裏切らない!

今作のオンライン対戦も、カジュアルにプレイできるのに、深くやり込めるやり込み要素やめどきがわからない中毒性を持っていた。この職人的なゲームバランスは感服するしかない。

多彩なゲームモードとキャラクター

ブロスタ

本作は課金圧力もかなり低い。テクがものを言うし。

最初は3対3でエメラルドを取り合う「エメラルドハント」しかプレイできないが、ゲームを重ね、キャラをアンロックしていくうちに「サバイバル」「賞金稼ぎ」など次々と新モードがアンロックされていく。

各キャラは攻撃方法も必殺技も違うし、育成もあるので長く楽しめる。ゲーム開始時は地味なゲームだなと思ったが、やればやるほど面白さに気づく。ソロでも楽しいし、話題になるのもうなづけるわ。

ゲームの流れ

ブロスタ

横向きに持って左手で自由移動し、右手でエイミングを行う。ゲージがたまると必殺技を発動できる。

プレイ感としては360度シューティングに近いが自動的に近い敵を狙ってくれるシステムが便利すぎる。移動速度遅いと思ったけどこれが適切か。

ブロスタ

キャラクターや報酬、ゲームモードを選べるメニュー画面。

サクっとシステムを説明すると、スタミナ制度はなし。バトルで勝利するとトークンがたまり、ボックスやキャラをアンロックできるといった塩梅だ。

ブロスタ

3vs3でエメラルドを取り合うバトルはスプラ感もあり、ボイチャとかしながらやったら超盛り上がりそうだ。

スマホでも操作性のストレスがまったくなし。それでいながらキャラに合った立ち回りを要求されるバランスが見事でございます。

ブロスタ

頼れるのは自分のみ。10人で生き残るサバイバルモードが楽しすぎる。

茂みに隠れるもよし、激戦地に突っ込むも宝箱を集めるもよし。キャラ性能よりはテクニックで勝敗が決まる塩梅。これはハマりますな。

ブロスタ

序盤は次々と新キャラや新モードがアンロックされていくのがとてもよい。

敗北すらすがすがしい3分間の戦い。時間を奪われることにだけはくれぐれも注意だ。

ブロスタ攻略のコツ

ブロスタ

トロフィーを集めるためにはいろんなキャラでプレイしていくのがおすすめ。

サバイバルモードでは宝箱を集め、最大HPを上げたプレイヤーが俄然有利になる。また、ダメージは時間経過で回復していくので被弾してもくじけず回復を図ろう。

序盤はバトルに勝利し、キーを集めることでボックスを開け、カードを集めてキャラクターを育成していくのがセオリー。トロフィーを集めることで次々と新キャラやゲームモードがアンロックされていくぞ。

高みを目指せ!

トロフィー数は全キャラクターで共通のため、色々なキャラクターでトロフィーを集めていったほうが高いランクに上がれる。

ギルドで仲間を集めたり、果てはサッカーで勝負したり…と多くのゲームモードがある。すべてを説明できないのが残念だ。…戦場でまた会おう!

下に続きます

下に続きます