チャンピオン・ストライク

チャンピオン・ストライク

Two Hands Games

MOBA

基本プレイ無料

前線で電光石火に攻める?味方を援護し守りを鉄壁にする?自在に動くタワーの活用が奥深い対戦型RTS

ダウンロード(Android) ダウンロード(iPhone)

チャンピオン・ストライク レビュー画像

チャンピオンと召喚したカードを連携し、敵チャンピオンや敵タワー破壊を目指せ。

センタータワーを自由にコントロール可能な「クラロワ」型対戦RTS

「チャンピオン・ストライク」は、敵センタータワー破壊を目指して争う対戦型RTS。

「クラロワ」的なゲームシステムをベースとしながらも、センタータワーを廃止。代わりに、移動能力攻撃能力を持ったチャンピオンを追加することで、MOBAに近い戦略が楽しめるようになっている。

チャンピオンが前線に出ればより攻撃的に戦えるが、反面、相手に倒されるリスクもアップ。チャンピオンを起点した新たな戦略が楽しいゲームだぞ。

チャンピオンを操作!ユニットと連携し敵を倒せ

チャンピオン・ストライク レビュー画像

自由に移動可能なチャンピオンの立ち回りが、勝敗を左右する。

チャンピオンやタワーを倒すと、1ポイント獲得。相手より先に3ポイント獲得するとその場で勝利となる。時間切れの際は、ポイントの多い方が勝利。

操作方法は「クラロワ」とほとんど一緒。画面下の手札からカードをフリックし、ユニットを場に召喚しよう。

本作ならではの操作といえるのが、チャンピオン

画面下に表示されているチャンピオンのカードをタップ後、目的地をタップすることで移動可能。敵への攻撃はオートで行ってくれるぞ。

カードをアップグレード!購入時間限定アイテムは狙い目

チャンピオン・ストライク レビュー画像

カードを集めるとアップグレードができる。お気に入りのカードを優先的に強化しよう。

バトルに勝つともらえるボックスからカードをゲット。一定数のカードが貯まると、そのカードをアップグレードできる。

お気に入りのカードを強化したい場合は、ショップでカードを指名買いすることもできるぞ。

なお、ショップで販売される購入時間限定アイテムは、お得にカードを手に入れるチャンス。課金前提でプレイするなら、見逃す手はない。

「チャンピオン・ストライク」の魅力はチャンピオンを駆使したきめ細やかな戦術

チャンピオン・ストライク レビュー画像

どのチャンピオンで戦うかも重要。最初に選べるのはアリエルとレオンの2人。

センタータワーが操作可能な「クラロワ」的対戦RTS…というと、実は本作以外にも「テラウォーズ」がある。

ただ、センタータワーが破壊されるとそこで決着となる「テラウォーズ」に対し、本作のチャンピオンは、死んでも復活可能

このため、チャンピオンをより積極的に戦術に組み込める。ここが本作のおもしろいところだろう。

召喚範囲拡大で電光石化の攻撃!援護で鉄壁の防御

チャンピオン・ストライク レビュー画像

チャンピオンを前線へ上げて召喚範囲を広げつつ、ユニットのタワー攻撃を援護!

チャンピオンを使った戦術の代表例が、チャンピオンを最前線まで押し上げることによる召喚範囲拡大

敵タワー目前に召喚することができるため、マナが貯まっていれば電光石火で敵タワーを攻撃できる

また、援護攻撃による防御効果も見逃せない。

敵ユニットを味方ユニットだけで迎撃するのではなく、チャンピオンに援護攻撃させることで、消費マナを節約できる

節約した分を攻撃ユニットの召喚に回せば、逆サイドから一気に反撃に転じる…なんてこともできるのだ。

複数のチャンピオン!種類に応じた戦術が重要

チャンピオン・ストライク レビュー画像

筆者が主に使用テイルのはアリエル。援護攻撃時の使い勝手が◎。

カードと同様、チャンピオンにも種類がある。

たとえば、レオンは攻撃範囲や召喚範囲が狭いものの、HPと攻撃力が高い。このため、防御に徹すると強力。

一方、アリエルはHPや攻撃力が低いものの、攻撃範囲が広い。このため、味方ユニットを壁にして遠距離から援護攻撃させると、有利に立ち回れる。

使用するチャンピオンに応じた戦術を考えるのが楽しい!

ゲームの流れ

チャンピオン・ストライク レビュー画像

バトルは、ホーム画面中央下部の「ビギナーバトル」と書かれたボタンから行える。

デッキ編成やカードのアップグレードは、画面下の「デッキ」タブから行えるぞ。

チャンピオン・ストライク レビュー画像

バトル前に、デッキの選択が行える。チャンピオンの異なるデッキを用意しておくのがオススメ。

「バトル開始」ボタンをタップすると、マッチングが開始されるぞ。

チャンピオン・ストライク レビュー画像

マッチングにかかる時間は、数秒~十数秒といったところ。

「待たされている」という感覚なしにプレイできる。

チャンピオン・ストライク レビュー画像

バトル開始!最初はマナを貯めつつ、相手の出方を伺うのがオススメ。

マナが満タンになって以降は手札の状況によるけど、マナが満タンになるまでは、敵のユニットに合わせて自分のユニットを出せる分、後出しの方が有利。

チャンピオン・ストライク レビュー画像

バトルに勝利すると、ボックスを1個ゲットできる。アンロックはホーム画面から行えるぞ。

アンロックを指定して一定時間後、中身を獲得可能。何が出てくるかはランダムだぞ。

「チャンピオン・ストライク」の序盤攻略のコツはゴリアテ&ダークウィザードデッキ

チャンピオン・ストライク レビュー画像

筆者のデッキはこちら。メテオの代わりにダークウィザードが入っている。

チュートリアルが完了したら、まずはカードのパラメータを確認しよう。

HPと攻撃力に加えて、移動タイプ(地上/空中)攻撃対象(対地ユニット/対建物/対空)攻撃タイプ(単体/範囲)攻撃範囲(近接/遠距離)といった点を押さえておきたい。

序盤戦術の基本はゴリアテ!敵タワーまでどう運ぶか?

チャンピオン・ストライク レビュー画像

建物への攻撃能力が高いゴリアテ。グレード1での切り札的ユニット。

ゲーム開始直後のグレード1で、敵タワーを最も効率的に倒せるユニットがゴリアテ

ただし、ゴリアテは敵建物にしか攻撃できない

なので、どうやってゴリアテを敵タワーまで運ぶかがポイントになる。

敵は、ゴリアテの天敵・グレムリン部隊を出してくる可能性が高いので、それに備えてアイビームを召喚。

さらに、アイビームの天敵である遠距離系ユニット対策としてドワーフも召喚しておこう。

コイツは強力!グレムリン&ダークウィザード

チャンピオン・ストライク レビュー画像

ゴリアテよりも強力!5という高コストを補って余りある強さ。

さらに、ゴリアテ以上に強力なユニットがダークウィザード

ダークウィザードは遠距離攻撃が強力な上、死亡後もその場にダークスピリッツが残って戦ってくれるという能力を持っている。

敵がゴリアテを出した際の対抗として、壁役のグレムリンとともにダークウィザードを召喚すれば、即座に叩き潰し、そのまま敵タワーや敵チャンピオンまで倒してくれるだろう。

ログインしていません。

このままでも投稿できますが、ログインして投稿すると後から投稿一覧を確認できるようになります。