オタサーの姫 ~僕らの姫はデリケート~

オタサーの姫 ~僕らの姫はデリケート~

評価3.5点

tetsuo shibutani

育成ゲーム

押切蓮介先生がキャラデザ!それだけで嬉しすぎる「オタサーの姫」育成ゲーム!

ダウンロード(Android) ダウンロード(iPhone)

オタサーの姫 ~僕らの姫はデリケート~ androidアプリスクリーンショット1

わー押切先生の描く女の子大好きィィィ!!!

押切蓮介がキャラデザを担当した「オタサーの姫」の育成ゲーム!

「オタサーの姫 ~僕らの姫はデリケート~」はサークルの部長になり、オタサーの姫を育てる育成ゲーム。

部員をワンタッチで勧誘し、部活などでお金を稼いだりする「生きろ!マンボウ」風の育成ゲームだ。

キャラクターデザインは漫画家の押切蓮介氏が担当。

なお、「オタサーの姫」とは、オタクが集まるような男性の割合が多い文化系サークルサークル)に存在する数少ない女性メンバー。

サークル内では希少な存在であるため、圧倒的美女でなくともオタク男性メンバーに姫扱いされることから「姫」の名を冠している。
とのこと。
オーコワ。

「オタサーの姫~僕らの姫はデリケート~」の特徴は押切蓮介氏のイラスト

オタサーの姫 ~僕らの姫はデリケート~ androidアプリスクリーンショット2

姫だけじゃなく、多様なヲタをコンプしていくのも楽しい作業だ。

なんといっても漫画家の押切蓮介氏がキャラクターデザインをしているのが最大の特徴。

「でろでろ」「ミスミソウ」「ハイスコアガール」「ピコピコ少年」「ゆうやみ特攻隊」「プピポー!」
どの作品にも出てくるのは魅力的なヒロインたちだ。

はっきり言って、大ファンである。

押切センセがデザインしたオタクと、女の子(姫)の進化が見れるなら、たとえ斬新さがない、システムが「生きろ!マンボウ」に類似してたとしても!レスポンスが悪かろうと!やるしかない!

「オタサーの姫~僕らの姫はデリケート~」攻略のコツ

オタサーの姫 ~僕らの姫はデリケート~ androidアプリスクリーンショット3

退部してもめげずに部費を稼ごうぜ!

カリスマ度を上げるとが麗しくなっていくぞ。

サークル活動を行うと一気にカリスマがあがり、部費を獲得できる。

部費を使って新たな部員(オタク)やサークル活動を増やしていこう。

活動に失敗すると、姫がサークルを退部してしまうときがある。

あとたまにチャラ男がサークルに混入し、彼女が部活をやめるときもある。(ありそー!)

だがめげずに新しい姫を勧誘するのだ。

それがオタサーだ。
きっと。

あとSNSに活動を報告することでレアなオタクが登場したりフィーバーが起こったりするので、活用してみてもいいだろう。

ダウンロード(無料)ダウンロード(無料)

ゲームの流れ

androidアプリ オタサーの姫 ~僕らの姫はデリケート~攻略スクリーンショット1
うー押切絵!キモオタたちがたまんねえぜ!
androidアプリ オタサーの姫 ~僕らの姫はデリケート~攻略スクリーンショット2
「オタサーの姫」と「サークルクラッシャー」は似て非なるものらしい。さっきググりました。
androidアプリ オタサーの姫 ~僕らの姫はデリケート~攻略スクリーンショット3
部員をタッチして勧誘しよう。
あと姫を触ると何種類か喋るよ。
androidアプリ オタサーの姫 ~僕らの姫はデリケート~攻略スクリーンショット4
カリスマがあがるとだんだんかわいくなってくるぞ。

androidアプリ オタサーの姫 ~僕らの姫はデリケート~攻略スクリーンショット5
新しい部員を部費で購入すると、カリスマがあがりやすいぞ。
姫が退部してもめげない!
androidアプリ オタサーの姫 ~僕らの姫はデリケート~攻略スクリーンショット6
ちゃんと押切蓮介のイラストを鑑賞モードで堪能することもできるでよ。
昔よりたわわなボディを描くようになった気がしますね!
androidアプリ オタサーの姫 ~僕らの姫はデリケート~攻略スクリーンショット7
姫やオタクをコンプリートする図鑑が楽しい。
なんかスト2みたいだなーこの画面。

ハイスコアガールの続きずっと待ってますから!!!!!!!!!!!

ダウンロード(無料)ダウンロード(無料)

レビュワーコメント

高野京介

とにかく押切先生のイラストが観れるだけで大歓喜でございます。オタサーの姫めんこい!

高野京介

オタクたちを入部させるレスポンスが悪くてストレスでごわす。

オタサーの姫 ~僕らの姫はデリケート~の基本データ

タイトル オタサーの姫 ~僕らの姫はデリケート~
パブリッシャー tetsuo shibutani
レビュワー 高野京介
初回レビュー日 2015年6月5日
最終更新日 2015年6月17日
ジャンル 育成ゲーム
タグ
こちらもおすすめ