ヒーローズ・オブ・オーダー&カオス

ヒーローズ・オブ・オーダー&カオス

Gameloft

MOBA

読者レビュー (0)

ヒーローを成長させ敵陣を叩く!大流行する戦略ゲームがスマホに登場

ダウンロード(Android) ダウンロード(iPhone)

ヒーローズ・オブ・オーダー&カオス androidアプリスクリーンショット1

リアルタイムに戦況を読んで立ちまわろう。

大流行の新ジャンル

「ヒーローズ・オブ・オーダー&カオス」はスマートフォンで遊べる本格的なリアルタイム戦略ゲームだ。最近、非常に人気のあるジャンル「マルチプレイヤー・オンライン・バトル・アリーナ」、略して「MOBA」に属するゲームだ。

3対3か5対5のチームに分かれて、お互い敵陣に侵攻する。リアルタイムの状況判断、他のプレイヤーとの協力、成長要素が絡まった戦略性が高いゲームだ。

Gameloftのアプリとあって、グラフィクスやシステムなどは非常に良くできている。Wi-Fiが前提、アカウントが必要、ワンプレイに15分はかかるといった敷居の高さはあるが、スマホで本気でゲームしたい人には大プッシュ!

日本語対応で丁寧なチュートリアルもあるため、MOBAに初めて挑戦する人にもオススメだ。

命を大事に!

ヒーローズ・オブ・オーダー&カオス androidアプリスクリーンショット2

ヒーローがやられると復活するまで時間がかかる。

簡単なシステムと操作は丁寧なチュートリアルで解説される。

両陣営にはそれぞれ3体か5体のヒーローがいる。それ以外に自動に動くミニオン、敵を攻撃するタワーなどが存在する。

お互いに敵を排除しつつ、タワーを破壊して、本拠地を叩く。ここだけ見ればタワーディフェンスと似ているとも言える

注意が必要なのは、MOBAというジャンルに慣れていないと痛い目にあうことだ。基本はヒーローキャラクターを操作して、自陣を守り、敵陣を叩く。だが一人で特攻するとすぐに死んでしまう

慣れないうちは、とにかく、死なないことを意識してプレイしよう。敵を倒すと経験値やお金が増える。逆に言えば、自分が倒れると相手側に経験値やお金を渡してしまうことになる。

無課金前提のシステム

ヒーローズ・オブ・オーダー&カオス androidアプリスクリーンショット3

課金せずとも週替わりの6体のヒーローが使用可能。

ヒーローはファイター、メイジ、サポート、ガーディアンの4種類に分かれている。それぞれ異なるスキルやステータスを持つ7対以上のヒーローがいる

毎週、6体のヒーローが無料で使用可能。またポイントを消費することで、好きなヒーローをアンロックできる。

基本的に成長要素はゲームをまたいで蓄積されないため、プレイヤーの立ち回りのうまさが勝利に直結するのが特徴だ。課金要素はあるが、課金したからといって無双状態にはならない

ゲームはソロプレイの他、プレイヤーとの対戦、協力、カスタムの4つのモードが遊べる。最初はシンプルな3対3のソロプレイでゲームに慣れよう。

スマートフォンでは、画面が狭い、タッチ操作が煩雑といった問題点はある。だが、気軽にMOBAの楽しさが味わえるのは魅力的。

プレイヤー人口も多く、マッチングにもそんなに時間はかからないぞ。MOBAにデビューするなら、まず本作から試してみても良いだろう。


ゲームの流れ

androidアプリ ヒーローズ・オブ・オーダー&カオス攻略スクリーンショット1
懇切丁寧にMOBAというジャンルから説明してくれるチュートリアル。初めての人にも親切設定だ。
androidアプリ ヒーローズ・オブ・オーダー&カオス攻略スクリーンショット2
4種類に別れたヒーローをゲームごとに選択してプレイ。ヒーローにあった立ち回りが必要。
androidアプリ ヒーローズ・オブ・オーダー&カオス攻略スクリーンショット3
ストーリー形式でゲームの操作とルールが覚えられる。
androidアプリ ヒーローズ・オブ・オーダー&カオス攻略スクリーンショット4
ゲームの最終的な目的は敵陣の本拠地を破壊すること。
androidアプリ ヒーローズ・オブ・オーダー&カオス攻略スクリーンショット5
なるべく味方が多いところで戦おう。数的有利な状況を作るのが重要だ。
androidアプリ ヒーローズ・オブ・オーダー&カオス攻略スクリーンショット6
買い物は超重要。特に移動速度アップするブーツと回復アイテムは必需品。
androidアプリ ヒーローズ・オブ・オーダー&カオス攻略スクリーンショット7
ヤバイ死ぬと思ったら敵陣から逃げて、下の旗印のアイコンを押して、自陣に撤退しよう。
androidアプリ ヒーローズ・オブ・オーダー&カオス攻略スクリーンショット8
慣れないうちは3対3のソロプレイで立ち回りを覚えよう。

関連動画

下に続きます

下に続きます