「ユーザーがコア」という共通点から選択したプロレスというコラボ先【戦国炎舞 -KIZNA-インタビューその4】

スマホゲーム好きなら、きっと名前は知っている「戦国炎舞 -KIZNA-」。遊んでみたことはあるだろうか?

サービスから4年経過した2017年の4月には、なんとApp Storeのトップセールスランキングで1位を獲得するという快挙を成し遂げている。

これだけ長きにわたるサービス期間を経て、ユーザーに愛され続けるゲームのプロデューサーはどのような人物で、どのようにゲームを見ているのだろうか。

そして、日々、ゲーム運営をしていく上での要諦は一体何か、プロデューサーを務める竹内恒平氏にお話を伺った。(一部、同席されていた、プロモーション担当の原田氏に回答いただいている)

プロデューサーの竹内氏。戦国炎舞グッズの前で。

本インタビューは全5回を予定。4話目となる本稿では、異色の新日本プロレスコラボの背景についてお話を伺った。

スマホゲームとしては珍しいプロレスとのコラボ

――そういえば、スマホコンテンツとしては珍しく、新日本プロレスとコラボしていますよね。どういった背景があるのですか?

竹内氏:
このインタビューの頭のあたりで、セグメントのお話があったじゃないですか。

戦国炎舞を好きなお客様って、どういう人なのかなぁ、どういう趣味があって、どういうことに熱中するんだろうというのを調査してみたことがあったんですよね。

その1つに格闘技やプロレスがあったんですよね。

確かに、最近プロレスが流行っていたり、プ女子みたいな言葉がネットニュースでも取り上げられ、風のウワサで人気が高まっているのを耳にしていたんですよね。

実際に会場で試合を見ると、あの空間にいる皆さんの熱量がやばいんです。

あの会場という箱での圧倒的な熱量やコミュニケーションの濃い感じが戦国炎舞に似ているなと思いました。

マスではなく、深くて狭い層にマーケ施策を向けていく戦略

――なるほどなるほど。

竹内氏:
そして、去年の10月から12月の三ヶ月間、新日本プロレスさんのメインスポンサーをさせていただきました。

広くマス向けにプロモーションを打っても、今のスマホゲームユーザーにとって、戦国炎舞は難しい、古いと感じられると思いますし、戦国というジャンルも、とっつきづらい部分があると思っています。

――戦国ってそんなにだめですか!?(笑)

竹内氏:
戦国ってジャンルがダメってわけではな
いのですが、戦国っていうワードを聞いてプレイしようと思われる方って、そこまで多くはないと思います。

なので、広くマス向けにプロモーションを行うことは、非効率的であると感じました。

だったら、一点突破しないと、うちに勝つ道はないんじゃないかと思ったことがあり、熱量が高いお客様が多い新日本プロレスさんのメインスポンサーをさせていただき、会場内外での告知や人気選手が登場するコラボ動画を流したりすることで、新日本プロレスのお客様にも戦国炎舞の認知度は着々と上がり、これをキッカケにプレイしてくださる方も増えてきています。

――効果は上がっているんですね。

原田氏
新日本プロレスのファンクラブやメルマガ会員の方へのアンケートでは、8割くらいのお客様に戦国炎舞を認知いただけていることが分かりました。

認知は着実に拡大しているので、1人でも多くプレイしていただけるように、2017年1月から4月までメインスポンサー継続を決めました。

新日本プロレスファンの戦国炎舞ユーザーとしての特徴

――新日本プロレスファンであるユーザーの流入は、すでにあるとは思うのですが、それらの皆さんの動向はどうですか?

竹内氏:
例えば、他のゲームとの相互送客をやるじゃないですか。お互いのゲームのキャラクターのカードを出したりして。その時のユーザーの動きに近い印象です。

――ってことは、他のゲームとのコラボで獲得したお客さんと変わらないようなイメージですか?

竹内氏:
そうですね。他のゲームコラボと変わらない熱量でゲームを遊んでくださっている印象です。

試合会場でサンプリングしているノベルティの人気もスゴイらしい…。というか、絵のクオリティがすごい。選手の武将バージョンは、写真ではなくイラストだそう。

――報酬に対しての熱意がすごいんですね。

竹内氏:
そうですね。基本的に熱量が高いっていうのはあると思います。

原田氏:
今年に入ってから、新日本プロレスで今一番勢いがあるIWGPインターコンチネンタル王座の内藤哲也選手が登場した時は、ファンの方が相当盛り上がっていらっしゃいましたね。

竹内氏:
プロフィールアイコンが変えられるんですが、みんな内藤選手になっていたり。(笑)

原田氏:
Twitterのフォロワー数の伸び方もすごかったです。

竹内氏:
IWGPジュニアヘビー級王座の高橋ヒロム選手が入った時なんかもお客様の中で話題になっていましたね。

原田氏:
ヒロム選手が戦国炎舞に登場するのがきっかけでプレイしてくださった方々も沢山います。

これはその中の一部の方のツイートです。

――しかし、一般の知名度の高さが、そのままファンの熱量に比例しないというのは興味深いですね。

竹内氏:
今後コラボさせていただくなら、熱量の高いファンがいるIPとぜひご一緒させていただけたらと思っています。

次回予告

本稿では、異色な新日本プロレスコラボの背景を伺った。

次回は、戦国炎舞の今後についてお話を伺っていく。

SSR確定のガチャ券ももらえる!4周年イベント実施中

こちらは4周年記念キャンペーンの公式サイトの画面キャプチャ。イラストが売りというだけあって、非常にグラが綺麗。

2017年にサービス開始から4周年を迎えた戦国炎舞では、そのキャンペーンとして、現在、様々なイベントを実施している。

特に、4月10日より25日まで実施している記念プレゼントでは、期間中にログインすればSSR確定のガチャ券がもらえるという太っ腹なもの。ちょっと遊んでみよう、という向きにはピッタリな機会だ。

リアルイベント実施の告知も掲載されているキャンペーン公式サイトはこちらから。

ゲームのダウンロード(無料!)は以下からどうぞ。

ゲームをはじめる

ゲームをはじめる

ライター: 編集部

シェアする

  • ブックマークする
  • シェアする

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

下に続きます