4周年を迎えてApp Storeで1位を獲得したゲームが、イベント実施時に気を付けていること。【戦国炎舞 -KIZNA- インタビューその1】

スマホゲーム好きなら、きっと名前は知っている「戦国炎舞 -KIZNA-」。遊んでみたことはあるだろうか?

サービスから4年経過した2017年の4月には、なんとApp Storeのトップセールスランキングで1位を獲得するという快挙を成し遂げている。

これだけ長きにわたるサービス期間を経て、ユーザーに愛され続けるゲームのプロデューサーはどのような人物で、どのようにゲームを見ているのだろうか。

そして、日々、ゲーム運営をしていく上での要諦は一体何か、プロデューサーを務める竹内恒平氏にお話を伺った。

プロデューサーの竹内氏。爽やかなナイスガイだった。

本インタビューは全5回を予定。本稿では、戦国炎舞を愛するユーザーについてお話を伺った。

同業者からも羨ましがられる人気を誇る戦国炎舞

――今ちょうど、4周年キャンペーンの真っただ中ですよね。長い期間ユーザーに愛されていて、それはマーケットのランキングの常連という点からも分かります。本当にすごいなぁと思ってみています。

竹内氏:
ありがたいことなんですが、自分たちでもなんでなのか、分かるような分かっていないような。(笑)

――そうなんですね。他社さんのマーケや運営の方とお話をすると、サムザップさんはどんな風にお客さんを盛り上げているんだろう?みたいに、よく御社や戦国炎舞の名前が話題に出ます。

竹内氏:
そもそも戦国炎舞というタイトルは、ランキング上位で多くのユーザーを集めているようなゲームとは違うと考えています。

ゲームの世界観が戦国であり、かつギルドバトル(GvG)ということもあり、非常にハードルが高いゲームだと考えています。

しかしGvGの良さとしてユーザーコミュニティの根強さがあると考えており、そこを助長していくような仕組みを組んでいくことを大事にしています。

マーケットの公式画像より。キャラクター前田慶次の画像はアイコンにもなっている。

GvGという箱で、自由に遊んで欲しい

――コミュニティが好きなユーザーさんが集まっているんでしょうかね?

竹内氏:
ネットのコミュニティの書き込みやTwitterの投稿、リアルイベントの様子を見ていると、そういう傾向があると思っています。

GvGが特徴の戦国炎舞ですが、ぼくたちはGvGという箱を用意しているだと考えていて、そこでお客様に自由に遊んでもらいたいんです。

ステージやNPCを用意して、それらをクリアしてもらうのではなく、GvGという仕組みやルールのある箱で、好きに遊んでいただくイメージです。

こちらもマーケットの公式画像から。20人vs20人のギルドバトルが目玉の1つ。

PCのMMORPGに似ている気がするコミュニティの動き

――ユーザーはGvGという箱の中で、自由にコミュニティを形成し、コミュニケーションを楽しんでいるんですね。

竹内氏:
そうですね。ゲームでは、お客様同士でコミュニティを作って、ワイワイ遊んでくださっています。

連合(≒ギルド)内でのやりとりや、連合を越えたやりとりなんかも見られていて、やることがなくてもとりあえずログインして交流するみたいな感じだったり。

このあたりは、PCのMMORPGと、状況が近いと思います。

イベントのキモは、連合(≒ギルド)を中心としたコミュニケーションの活性化

――先ほどもちらっとイベントの話が出ましたが、戦国炎舞でも、イベントは重視されていますか?

竹内氏:
そうですね。

ゲーム内のイベントでいえば、お客様同士のコミュニケーションが生まれるように考えて実施しています。

良くも悪くも、戦国炎舞って、ポチポチとタップして遊ぶゲームなので、そういったお客様間のコミュニケーションを意識するようにしています。

連合でミッションに挑むものだったり、連合同士で、ありがとう!って言い合えるようなもの、救援のような仕組みをいれたり、誰かがアイテムを使ったらみんなが恩恵を受ける仕組みをいれたり。

同じようなものって、他のゲームでもあるのかもしれませんが、そういうものを積極的に取り入れて、連合を中心としたコミュニケーションがとにかく活発になるように心がけています。

ゲーム外でいうと、リアルイベントも行っていて、元々はお客様への感謝を伝えようというところがメインの目的なのですが、そこからサブ的な意味合いで、運営とお客様の距離を近づけるということ、さらにはお客様同士のつながりを、リアルイベントを通してさらに深めてもらいたいという想いで、実施しています。

掲示板やインゲームでの繋がりは日々ありますが、リアルで会うというのはまた違いますよね。

次回予告

本稿では、ユーザーの属性から、MMORPGに似たユーザーの動き、そして、ユーザーコミュニケーションを活性化するためにインゲーム/リアルのイベントを実施しているというお話を伺った。

次回は、実際にリアルイベントを行った際の手ごたえやそこから感じたこと、サムザップさんのゲーム作りの歴史についてお話を伺っていく。

SSR確定のガチャ券ももらえる!4周年イベント実施中

こちらは4周年記念キャンペーンの公式サイトの画面キャプチャ。イラストが売りというだけあって、非常にグラが綺麗。

2017年にサービス開始から4周年を迎えた戦国炎舞では、そのキャンペーンとして、現在、様々なイベントを実施している。

特に、4月10日より25日まで実施している記念プレゼントでは、期間中にログインすればSSR確定のガチャ券がもらえるという太っ腹なもの。ちょっと遊んでみよう、という向きにはピッタリな機会だ。

リアルイベント実施の告知も掲載されているキャンペーン公式サイトはこちらから。

ゲームのダウンロード(無料!)は以下からどうぞ。

ゲームをはじめる

ゲームをはじめる

ライター: 編集部

シェアする

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

下に続きます