エゴエフェクト:フラクタス

エゴエフェクト:フラクタス

パブリッシャー Netease Games Global

ジャンル コマンドバトルRPG

価格 基本プレイ無料

運命が交差する群像劇。「428 ~封鎖された渋谷で~」のシナリオライターが手がける職人×群像劇×RPG!

ダウンロード(Android) ダウンロード(iPhone)

エゴエフェクト:フラクタスの読者レビュー

このゲームをプレイした感想や評価をぜひ教えてください!会員登録して200文字以上のレビューをするとポイントも獲得できます。

※URLやメールアドレスが含まれている投稿は公開されませんのでご注意ください。

※投稿内容によっては「認証待ち」になることがあります。その場合は担当者が認証するまで公開されません。

※編集部で不適切と判断した投稿は予告なく削除することがあります。

*がついている項目は必須項目です。

guest
1 コメント
新しい順
古い順 評価の多い順
Inline Feedbacks
View all comments
yunomira
読者
2021年9月24日 11:42 PM

AIが発展しすぎてしまったがゆえに失業者が溢れかえっているという微妙にリアリティのある世界観と、それを体現しているオープニングムービーが超かっちょええっス。敵のバリアを剥がしてから強烈な一撃を叩き込む戦略性のあるバトルは、オクトパストラベラーやエグゾスヒーローズあたりを彷彿とさせる出来。スマホRPGのシナリオにザッピングシステムを取り入れたのにも拍手。とまぁ、ひとつひとつの要素は基準値以上で楽しめるのですが…、それらがなんかうまく噛み合っていない感じがするんです。シナリオ重視の人にこのバトルシステムは少し重いし、戦闘重視の人にとってはシナリオの比重が大きすぎるというか。バトルもシナリオも、腰を据えてどっちも楽しむぜ!ぐらいの器量を持った人でないとキツいのでは?バトルUIも凝ってはいますが使い勝手が良いとは言いがたく、端末依存のものかもしれませんがアプリの挙動も不安定(そもそもアプリが起動しないことも…)。ガチャを引いた結果がサッカー選手だのアナウンサーだの弁護士だのといった職分けがされているのはこのゲームならではの要素ですが、それを楽しめるか鼻で嗤うかはプレイヤー次第。

プレイ歴*:
数時間

ログインしていません。

このままでも投稿できますが、ログインして投稿すると後から投稿一覧を確認できるようになります。