Magic: The Gathering Arena

Magic: The Gathering Arena

パブリッシャー Wizards of the Coast LLC

ジャンル 対戦プレイゲーム

価格 基本プレイ無料

元祖戦略カードゲーム「マジック」がスマホに登場!美麗カードで白熱する本格対戦カードバトル!

ダウンロード(Android)

Magic: The Gathering Arena

筆者はクロニクルが禁止されて引退したが・・・いやぁ懐かしい。

ついにスマホにやってきた!元祖戦略カードゲーム「MTG」のオンライン対戦カードバトル!

「Magic: The Gathering Arena」は、元祖戦略カードゲーム「Magic: The Gathering(MTG)」のスマホ版。

原作の美麗イラストをそのままに、タッチ操作でプレイしやすい本格対戦カードバトルだ。

赤・青・緑・白・黒のカラーごとに特色のある魔法やクリーチャーを駆使し、1v1で互いのライフを削り合う。

対戦だけでなくソロで遊べるカラー・チャレンジがあり、初心者からMTGのルールを覚えていけるつくりになっている。

今あるカードバトル全ての祖となるゲームを、キミも体験してみないか!?

※早期アクセス版のレビューになります。

タップ&スライドの簡単操作でMTGが遊べる!

Magic: The Gathering Arena

単色デッキもいいが複合デッキも面白い。筆者は赤・黒が好きだった。

バトルは1v1で行われ、互いにクリーチャーアーティファクトなどを駆使して相手のライフを0にすると勝利になる。

各カラーごとにマナがあり、場に土地を配置することでそれぞれのマナを得られるのが基本。

土地カードを配置>クリーチャーの呼び出し>攻撃というのが一連のターン進行だ。

上手く土地カードとその他のプレイカード割合を調整するのが、勝利へのカギとなるぞ。

チャレンジミッションをプレイしてカードを集め、デッキを編成して対戦しよう!

Magic: The Gathering Arena

じっくりプレイして自分だけのデッキを構築できるようになろう。

まずはカラー・チャレンジをプレイして色ごとの特色を覚えつつ、いろいろなカードを獲得していこう。

チャレンジミッションで使用するデッキは、自動で編成されていくが自分だけのデッキももちろん編成していける。

ちなみにカードは現実同様にパック購入で増やしていくことも可能だ。

カードは大きく分けてプレイカード土地カードがあり、土地カードがないとプレイカードを使えないので注意してほしい。

チャレンジをクリアしていくと対戦が可能になるぞ。

「Magic: The Gathering Arena」の魅力は、初心者でもプレイしやすく、ソロでも楽しい!

Magic: The Gathering Arena

場面ごとにプレイするカードがわかりやすい。

元々のカードゲームは、各ステップ・フェイズでのプレイングが非常に複雑で難しいのが難点だった。

だが、それぞれのタイミングでプレイできるカードわかりやすく表示されるのが素晴らしい。

何が使えてどう選択すればいいかなど、その場で教えてくれる親切設計なので初心者にもおススメできる。

ゲーム進行に余分な部分がなく、スムーズにプレイしていける!

Magic: The Gathering Arena

フェイズの切替など、ほぼすべての場面で自動的に進行してくれるのはいいね。

ゲーム進行に余分なアクションを要求してこないので、ストレスなくプレイしていけるのが凄い。

プレイできるカードがない場合は、直ぐに次のフェイズに進行してくれるし、ターンの終了も自動で行ってくれる。

このため、任意で選択する必要があるとき以外は、ほぼ全ての進行がオートで進む。マジ、スムーズ!

本格的なオンライン対戦だけじゃなく、じっくりソロで練習できる!

Magic: The Gathering Arena

カラー・チャレンジのデッキは選択で自動編成されていく。

ソロで各カラーの特性を勉強していけるモードが非常に充実の内容。

戦い方の基本となる、カラーごとの特徴をデッキ編成の段階から教えてくれる。

これらを覚えれば、複合カラーデッキでのコンボの組み方参考になること間違いなし。

ゲームの流れ

Magic: The Gathering Arena

MTGの基本ルールがわかりやすく解説されていく。

まず、土地を配置して色ごとのマナを得るのが重要。

Magic: The Gathering Arena

チュートリアル後は、アバターを選ぼう。

いつでも変更可能なので、好みのキャラでプレイしよう。

Magic: The Gathering Arena

各カードの特性を覚えるため、ソロプレイのカラー・チャレンジをプレイ。

ここで新たなカードもゲットしていけるぞ。

Magic: The Gathering Arena

色ごとの特色を生かした戦略を考えてみよう。

チャレンジミッションをクリアするといよいよ対戦モードが解放される。

Magic: The Gathering Arena

単色や複合色のデッキを構築できる。

キミの戦略は通用するかな!?

「Magic: The Gathering Arena」の序盤攻略のコツ

Magic: The Gathering Arena

どのタイミングで使えるカードなのか、何度もプレイして覚えていこう。

まず基本となるステップ・フェイズ進行を覚えていこう。

リアル版とは違いアンタップ>アップキープ>ドローまでのステップは自動で行われるので、MTGアリーナは「メイン・フェイズ」から始まる。

メイン・フェイズは基本的に土地を出したりクリーチャーを召喚したりする。

次に進むと戦闘フェイズとなり、クリーチャーなどで攻撃を仕掛けるぞ。

この流れの中で特殊なのはインスタントカードの存在で、これは行動に割り込んで使用できるタイプだ。

タイミングごとに使用できるカードを確認していこう!

Magic: The Gathering Arena

光の枠をみのがすな。けっこうわかりやすいUIだぞ。

上記のようにそれぞれのカードにはプレイできるタイミングがある。

これらはプレイできるタイミングには、光の枠が表示されて選択可能になるのでしっかり見ておこう。

課金・ガチャ関連について

カードはチャレンジミッションのプレイで入手できるほか、課金アイテム「ジェム」(750ジェム・560円~)で購入する「パック」から入手していける。

パックは「3パック・600ジェム」・「6パック・1200ジェム」・「15パック・3000ジェム」・「45パック・9000ジェム」・「90パック・18000ジェム」で購入できる。

実際のカードと同様の排出割合が設定されており、30パックに1枚の割合で神話レア・ワイルドカードが排出されます。

※詳しくはゲーム内のパック売り場から「参照」をタップしてご確認ください。

1パック・1000ゴールド(ゲーム内マネー)で購入することもできるため、ご利用は計画的に!

[/private]