The Walking Zombie 2: Zombie shooter(ウォーキングゾンビ2)

The Walking Zombie 2: Zombie shooter(ウォーキングゾンビ2)

Alda Games s.r.o.

ゾンビ系FPS

基本プレイ無料

コミカルだけど怖い!ポストアポカリプス世界を探索・主人公を育成してゾンビと戦うFPS-RPG

ダウンロード(Android) ダウンロード(iPhone)

The Walking Zombie 2:Zombie Shooterのレビュー画像

生存者から依頼を受けて現地へ!群がるゾンビを倒しつつ依頼達成を目指せ。

ゾンビのまん延した世の中で戦うローポリFPS-RPG

The Walking Zombie 2: Zombie shooter(ウォーキングゾンビ2)」は、ゾンビのまん延したポストアポカリプスな世界が舞台のFPS-RPG

依頼を受注して現場へ向かい、依頼達成を目指そう。もちろん、現場にはゾンビがウヨウヨ!

少ないポリゴン数で キャラクターを描いたいわゆるローポリゴン表なので、グロさはなし。でもゾンビに迫られる怖さ流血描写はバッチリ表現!

コミカルホラーな世界観と、FPSゆずりの爽快なプレイ感が魅力となっている。

ゾンビを退け現場を探索!依頼を達成を目指せ

The Walking Zombie 2:Zombie Shooterのレビュー画像

依頼を持つ生存者は赤いマークで表示される。村ではマークを追うようにプレイしよう。

操作は仮想パッドで行う。画面左側のパッドで移動、画面左側スワイプで方向転換ができるぞ。

攻撃はオート。敵を照準でとらえると自動的に持っている武器で攻撃してくれる。

目標ポイントには赤いマークがつくので、基本的にその場所を目指せばOK。

場合によっては、ミニゲームが挿入されることもあるぞ。

現地に向かうにはガスが必要!課金購入も可能

The Walking Zombie 2:Zombie Shooterのレビュー画像

受注達成のために車で現地へ。道中でエンカウントも発生するぞ。

依頼を受注する村から現地までは、全体マップをで移動する。

移動時にも敵とエンカウントするため、現地到着前にHPが減ってしまうことも。

エンカウントは回避可能。けど、回避すると車のガスを余計に消費してしまう。

ガスはゲームを進めることで補充する他、課金アイテムの金貨を使っても購入できるぞ。

「The Walking Zombie 2:Zombie Shooter」の魅力はコミカルホラー感とFPSの爽快感

The Walking Zombie 2:Zombie Shooterのレビュー画像

子どもを残して次々ゾンビ化していく人々。ドラマティックな幕開け。

本作の見た目からカジュアルゲームと誤解する人もいるかもしれないが、本作はストーリーからしっかり作り込んである

たとえばオープニング

ゾンビから逃げた人々の中にいた女性がゾンビ化し、周囲の人を次々襲う。残されたのは老人と赤ん坊。この赤ん坊が20年の時を隔てて主人公になる…という内容を、チュートリアルを交えつつ描いてくれる。

見た目こそコミカルだけど、ホラーに真正面から取り組んでいることがよくわかる作品なのだ。

ゾンビは怖くない?いや怖い!

The Walking Zombie 2:Zombie Shooterのレビュー画像

超スピード&不気味なモーションで接近してくる這いずりゾンビ。怖い。

ゾンビの見た目もコミカルだけど、意外や意外、プレイすると怖い

いきなりサイドや背後に立っていることが多いからビビるし、高速で這ってくるゾンビに追い詰められるの、マジ怖え!

外見でゾンビを判断しちゃいけないのかもしれない…。

探索&育成の楽しさ!FPSの爽快感

The Walking Zombie 2:Zombie Shooterのレビュー画像

ゾンビを撃つのは気持ちイイ。FPSの醍醐味である爽快感はバッチリ。

ホラー感を高めているのが、ゲームシステム。自由移動でプレイヤー自ら探索を行う必要があるので、ホラーアドベンチャー的な楽しさがきちんと味わえる。

また、ポイント消費でスキルパークを手に入れていく育成もイイ。キャラが徐々に強くなっていくのは本作のRPG的な面での楽しさといえる。

こうした楽しさがそれぞれ自己主張するのではなく、FPSの敵を撃つ爽快感としっかりマッチしていると感じた。

ゲームの流れ

The Walking Zombie 2:Zombie Shooterのレビュー画像

ゲームを開始すると、まずはドラマチックなオープニング兼チュートリアルがスタート。

救出された赤ん坊。この子が20年後に、プレイヤーの操る主人公となる。

The Walking Zombie 2:Zombie Shooterのレビュー画像

20年後の村から本格的にゲームスタート。まずは赤いマークのついている人と会話して、依頼を受けよう。

たいていの選択肢は、上が肯定的反応(依頼を受ける)、下が否定的反応(会話をやめる)になっている。英語がわからなかったら、とりあえず上を選んでおけば話は進んでいくぞ。

The Walking Zombie 2:Zombie Shooterのレビュー画像

依頼を受けたら画面右下のリュックアイコンをタップ。マップを開いて現地へと向かおう。

移動途中にエンカウントが発生することもある。この時は、足をくじいた女性と遭遇。これ…もしかしてゾンビ化するパターンじゃ…?

The Walking Zombie 2:Zombie Shooterのレビュー画像

最初の依頼は、武器のチュートリアルになっている。ガイドに従い小屋の中に入って近距離武器をゲットし、装備を行おう。ゲームが進むといろいろ装備が手に入るので、こまめにリュックをチェックするのが吉。

銃も近距離武器も操作は同じ。敵を照準に入れればオートで攻撃してくれるぞ。

The Walking Zombie 2:Zombie Shooterのレビュー画像

リュックボタンからは、スキルやパークの取得も可能。スキルは、能力値と表現した方が的確で、攻撃力や防御力もここに含まれている。一方パークはパッシブスキル的なもの。

スキルにはスキル用のポイントが、パークにはパーク用のポイントが存在しており、レベルアップ時に獲得できるぞ。

「The Walking Zombie 2:Zombie Shooter」の攻略のコツはサーチ&ヘッドショット

The Walking Zombie 2:Zombie Shooterのレビュー画像

いちはやく発見すれば、近づかれる前に倒すことができる。焦ることもない。

対戦型FPSだと死なないことを目指した方が勝ちやすいが、本作のようなソロ向けFPSの場合、サーチ&デストロイ。敵をいちはやく発見し、倒すことがキモといえる。

しかし本作は純粋なFPSではなくFPS-RPGなので、攻撃力が低いとなかなか敵を倒せない。

そこで、重要なのがヘッドショット。ヘッドショットならダメージが大きいので短時間で敵を抹殺できる。さあ、サーチ&ヘッドショット!

周囲を見回せ!まずはサーチ

The Walking Zombie 2:Zombie Shooterのレビュー画像

同じ場所に一定時間留まるイベントでは、全方位からの接近を特に警戒しよう。

本作のゾンビは、主人公の近くにポップする上、近くに寄ってくるまで音がしないため、発見しづらい。

なので、気づいたら、サイドや背後にいた…という状況になってしまう。

そこで、ある程度歩いたらゾンビの音がしなくとも、360°ぐるりと見回すようにしよう。

これでゾンビの接近を防げるぞ。

照準は目線の高さよりやや上!ヘッドショット

The Walking Zombie 2:Zombie Shooterのレビュー画像

目線を高く保つことで、敵を発見した際、即座にヘッドショットができるぞ。

ヘッドショットを狙う際に意識したいのが、照準の位置

FPSをプレイしていると、地形を確認するため目線が地面寄り…ということは少なくない。

でも目線が地面に寄っていると、ヘッドショットの際に照準の移動距離が長くなってしまう。

なので、普段から照準を目線のやや上くらいにキープしよう。

こうすると、ゾンビを発見した際、即座にゾンビの頭を狙うことができるぞ。

ログインしていません。

このままでも投稿できますが、ログインして投稿すると後から投稿一覧を確認できるようになります。