Dead Battlegrounds(デッドバトルグラウンズ)

Dead Battlegrounds(デッドバトルグラウンズ)

RainySam

3Dガンアクション

読者レビュー

撃ちまくって爽快!武器はカスタマイズ可!ゾンビの群れが立体的に襲ってくる360°ガンシューティングRPG

レビュー 読者レビュー
Dead Battlegrounds レビュー画像

▲病院から廃館まで、どこにでもヤツらは居る。

面倒な操作は一切不要!動く死体のドタマをぶち抜け!

『Dead Battlegrounds – 2K18 walking zombie shooting(デッドバトルグラウンズ)』は、大量のゾンビを撃ち殺すガンシューティングゲームだ。

ウイルスの蔓延によって滅亡の危機に立たされた人類。アナタは数少ない生存者として終わらぬ戦いへと赴く。

ゲーセン風のド派手なアクション性を踏襲しつつ、臨場感のある3Dグラフィックと育成システムで楽しめるぞ!

    スポンサーリンク

    FPS視点のシンプル操作でゾンビを撃退

    Dead Battlegrounds レビュー画像

    ▲民間人がNPCとして共闘するステージも。

    敵を倒すとオートで先へ進むアーケード型で、徒歩による移動はAI任せ。

    プレイヤーは画面左の透明スティックで視点(カメラ)を動かし、右ボタンで射撃するだけでオッケーだ。

    武器はスナイパーライフル・サブマシンガンなどなど、2種類を持ち込んで切り替え可能。戦況に応じて使い分けよう。

    RPG風の育成&カスタマイズ要素

    Dead Battlegrounds レビュー画像

    コインを使ってパーツを改造すれば銃の性能をレベルアップしていける。

    単純なダメージ量の他にもスコープ倍率や集弾性といった様々な項目を向上することで使いやすくなるぞ。

    一部のステージは銃の性能が低いと挑戦できないので新ステージのアンロック要素にも繋がっていた。

    スポンサーリンク

    『Dead Battlegrounds』は四方八方からのゾンビ軍団がエンタメ度高し!

    Dead Battlegrounds レビュー画像

    移動部分は自動なので射撃操作だけに集中でき、流行りのバトロワ系よりもSTGとして格段に遊びやすいのがポイント。

    視点を360°全方位へスクロールさせ、上下や前後から立体的に現れるゾンビを対処する。00年代のゲーセンを思い出すね。

    アクションとしての難易度は抑えめでヘッドショットを決めやすく、ゾンビの頭蓋を粉砕するテンポの良さがキモチイイ。

    そのかわり十数体が一斉に襲ってくるシーンもあり、画面が圧迫されると共に油断するとヤられるって塩梅がナイスだ。

    多少のグロさが爽快感を加速させる

    Dead Battlegrounds レビュー画像

    ▲お腹が破裂して断面図からドバーッ!

    頭部損壊などストレートな欠損描写があり、ゴアゲームとまではいかないけど血塗れな展開が多い。

    下半身を撃っても地面を這って噛み付いてきたりとゾンビゲーの王道要素も抜かりなく表現している。

    断面図も見えるし、もしかしたらiOS版が無いのはグロでNGになった可能性があるかもね。

    広告特典でスタートダッシュも万全

    Dead Battlegrounds レビュー画像

    海外ゲームではステージを何十回と周回してやっと新武器を開放するタイプも多いが、本作なら動画を数回視聴するだけで上位種を使える。

    必要時間に換算すれば数百分がたったの3分弱と驚きの圧縮率。ゲームスタート時から即強武器をゲットできる嬉しさは計り知れない。

    広告至上主義ってどうなの?という気持ちもあるが、ゾンビゲーは殺戮の爽快感が大事なのでこれでヨシ!

      スポンサーリンク

      ゲームの流れ

      Dead Battlegrounds レビュー画像

      ストーリー性は無いに等しく、黙々とゾンビを撃ち殺していくゲームだ。

      とはいえ多種多様な3Dステージからゾンビアポカリプスの世界観を感じられるし造形も細かい。

      地味に日本語対応してくれている点もありがたいぜ。

      Dead Battlegrounds レビュー画像

      ステージ画面。ゾンビはあらゆる方向から次々と湧いてくる。

      移動は自動だけど視点はスクロールでき、背後から奇襲を仕掛けてくる敵への対応も求められるぞ。

      Dead Battlegrounds レビュー画像

      強化していく武器は様々で、中には水鉄砲といったオモチャも存在する。

      大抵のゲームじゃ意外と強武器だったりするけど、本作じゃ水を掛けるだけの弱いお遊び要素なので注意。逆に斬新だ。

      Dead Battlegrounds レビュー画像

      ステージの攻略が難しい場合、お助けアイテムをレア通貨で購入可能。

      HPを回復など便利な効果が取り揃っている。とはいえ使い切りなのでできれば頼らずに突破したい。

      Dead Battlegrounds レビュー画像

      少々気になるのは、ストア画像に「FallOut」のヴォルトボーイらしきキャラが見えることだ。

      他の画像は全てゲーム内で撮影したスクショだが、ここだけUIも違うし別の作品から盗用している可能性もある。

      怪しい点を除けば本編のグラフィックも綺麗だし良い感じなんだけどね。

        『Dead Battlegrounds』序盤攻略のコツ

        Dead Battlegrounds レビュー画像

        序盤は英語だけどチュートリアル後にホーム画面の「オプション」から日本語に変更可能なので問題ナシ。

        その次に「武器庫」から動画視聴でアンロックできる武器をゲットしていこう。初期武器の出番が無くなる。

        「メイン」ステージはストーリー進行だけじゃなくゴールドの獲得量も多めなので優先的に進めるといい。

        実践向けのステータスから重点的に強化

        Dead Battlegrounds レビュー画像

        「DEATH」などの拳銃タイプはズームステータスを上げても倍率がほぼ変わらないので非推薦だ。

        どの武器でも攻撃力・発射数などの直接火力に特化させるのが安牌。時点でDPSに関わるリロード。安定度などは上昇値も低いしスルーしてもいい。

        威力(武器の総合性能)の強化には限界があるのでステージ制限が厳しくなってきたら買い替えを検討したい。ゴールドで買える種類もある。

          下に続きます