不如帰 大乱(ホトトギス タイラン)

不如帰 大乱(ホトトギス タイラン)

Granzella

ターン制ストラテジーゲーム

基本プレイ無料

カードゲームの手札要素、タクティカルRPGのユニット移動や攻撃を取り入れた戦国合戦シミュレーション!

ダウンロード(Android) ダウンロード(iPhone)

hototogisu_01

戦国時代の有名武将が揃った戦略バトル。

手札から武将を召喚して進軍せよ

「不如帰 大乱(ホトトギス タイラン)」は、カードゲームとタクティカルRPGを融合させたような戦国シミュレーションだ。

カード収集やデッキ構築、バトルにおける手札からカードを出す仕様はまさにTCG!

様々なスキルが付与された武将を移動、攻撃させる使用はタクティカルRPGに近く、2つのジャンルを融合させた奥深いバトルを楽しもう。

戦略と戦闘フェイズをこなす戦略バトル

hototogisu_02

計略で武将を強化し、移動→攻撃で敵部隊を倒そう。

バトルは戦略フェイズと戦闘フェイズに分かれていて、戦略フェイズでは手札から武将を召喚し、計略を発動させる。

召喚した武将は次のフェイズで移動させ、射程内にいる敵をタップすると戦闘へ移行する。

戦闘開始時には即効の計略カードを使用でき、攻撃→反撃といったかたちで進む。

最終的にどちらかの大将を倒すか、士気が0になると勝敗が決まる流れだ。

不如帰 大乱(ホトトギス タイラン)の特徴はSRPGよりのバトルシステム

hototogisu_04

ゲームのメインビジュアルは良い。カードイラストは若干クセがある。

「不如帰」をホトトギスと読むことにインパクトを覚えたが、バトルシステムについても独自性が強く好印象だった。

バトルはカードゲームの手札(召喚・魔法・即効魔法)要素と、シミュレーションRPGにおけるユニットの移動、攻撃を掛け合わせている。

武将ごとにスキルも設定されていて、どちらかと言うとSRPG寄りのシステムになっていたのが個人的にはツボだった。バトルは正直おもしろい。

ただ、新たな武将や計略カードの入手が厳しく、ゲームの進行だけだとパックを購入するのに時間がかかる。

ゲーム開始ボーナスもないので、序盤から代わり映えのしない部隊で戦い続けるのがキツかった。

武将や計略カードを入手&編成

hototogisu_05

永続する育成メニューはない。デッキ編成力が試される。

カードには武将、計略、即効計略、さらに特定の武将を強化する進化タイプがある。

スターターとして織田信長などのデッキが用意されているので、どれかを選択し、パックを購入して自分なりにカスタマイズしていこう。

ゲームの流れ

hototogisu_07

指南モードではゲームのチュートリアルと共にストーリーが進んでいく。

城主を裏切り、天下統一への一歩を踏み出そう。

hototogisu_08

バトルは複数のフェイズに分かれている。

最初の戦略フェイズでは手札から武将カードを召喚したり、計略カードを使ったりして準備を整える。

hototogisu_09

戦略を終えると戦闘フェイズへ移行し、敵味方の武将たちが速さの順に行動する。

武将を移動させて敵を攻撃しよう。

hototogisu_10

攻撃を選択すると即効の計略を発動でき、体力の緊急回復や攻撃力のアップなどが行える。

このフェイズはスキップ可能。

hototogisu_11

攻撃は主に選択した方が先制でしかける。

相手と同じ射程であれば確定で反撃も行われるので注意しよう。

不如帰 大乱(ホトトギス タイラン)の序盤攻略のコツ

hototogisu_12

攻撃は最大の防御。ガンガン攻めよう。

武将の召喚は大将の周囲8マスで行われるため、ゲームオーバーになりやすが積極的に攻めていく必要がある。

大将自身にも強力なスキルが設定されているので、敵味方のスキルを確認して2手、3手先の戦略を練りながら進めよう。

侵略戦で小判を獲得!

hototogisu_13

獲得量はかなり少ないが5回戦って勝利すると1パックが買える。

武将や計略カードはパックを購入して手に入れるが、購入に必要な小判は侵略戦などで獲得する。

1勝につき20枚得られ、1パック100枚の小判で買えるので小まめに集めて自軍を強化しよう。

ログインしていません。

このままでも投稿できますが、ログインして投稿すると後から投稿一覧を確認できるようになります。