Journey(風ノ旅ビト)

Journey(風ノ旅ビト)

Annapurna Interactive

3Dアクションアドベンチャーゲーム

iOS:610円

「風ノ旅ビト」のiOS版が登場!全世界を魅了した、美しい砂の世界を自由に旅する名作アドベンチャー

ダウンロード(iPhone)

「Journey(風ノ旅ビト)」

息を呑むようなグラフィックとBGM。未だ色褪せず。

世界を魅了した名作アドベンチャーがスマホに登場

「Journey(風ノ旅ビト)」は、広大な砂漠を旅する幻想的なアドベンチャー。

どこまでも広がる砂の世界で、遺跡の上を飛び、砂漠を滑って突っ切り、世界の謎を探り解いていく。

文字や言葉を排した美しいビジュアルと演出。グラミー賞にもノミネートされた音楽。世界を魅了した感動を手のひらサイズで体験しよう。

幻想的な雰囲気がたまらない美しいアドベンチャー。

「Journey(風ノ旅ビト)」

言葉を排した想像力に委ねる演出。

2012年にPS3などで配信された「風ノ旅ビト」。音声や文章を使わず、物語の解釈をプレイヤーに委ねる演出は、多くのフォロワーを生んだ。

操作方法は明快。砂漠を滑降し、風に乗って飛翔する気持ちよさはスマホでも健在だった。

600円の価格も安すぎると感じてしまう。いつまでも記憶に残るような、大切なゲームの一つになると思う。ぜひ。

「Journey(風ノ旅ビト)」の特徴は美しい絵本のような世界

「Journey(風ノ旅ビト)」

ただただ広大な砂漠と美しい音楽と対峙する。

あの、世界の主要ゲーム賞を総ナメにしたゲームがついにスマホに。プレイしたことない人は今からあの気持ちになれるのか。いいなあ。

幽玄なグラフィックと音楽がもたらす、絵本や映画のような世界を自分で歩けるこの感動は、他の表現では味わえないものだ。文句なくおすすめしたい。

オンラインのプレイヤーがゲーム上に登場する

「Journey(風ノ旅ビト)」

行き先や操作方法も、なんとなくわかっていく。その気持ちよさよ。

他プレイヤーと砂漠を一緒に進む要素もある(現在は不具合もあるようだ)。

言葉も手振りも交わせないなか、行き先を行動で示したり、協力して謎を解いたりと、広大な世界で、孤独が共鳴する感覚が、えもしれずよい。

戦闘はない。探索要素もない。それを退屈だ、雰囲気ゲーだと言う人だっているかもしれない。

だが、僕はこのゲームが大好きだ。出会えてよかった。心の底からそう思う。

ゲームの流れ

風ノ旅ビト

操作は画面左をスワイプして移動、右側をスワイプしてカメラ操作を行うもの。

光や音を放つアクションボタンで、お札を回収したり光を灯したりと謎を解いていく。シンプル。

風ノ旅ビト

光を目指すのが目的。ここのタイトルの出方、しびれますな。

言わずもがな本作はBGMがキモ。できたらヘッドホンなりイヤホンでプレイしてほしい。

「Journey(風ノ旅ビト)」

オープンワールドとはいえ、チャプターごとに移動できる範囲は決まっている。

言葉なく流離っていると遺跡を発見。この冒険する感覚と発見する感覚。

「Journey(風ノ旅ビト)」

右手のボタンで光と音を出すと、御札をチャージすることができる。チャージされたときは空を飛ぶことができるのだ。

砂漠を飛ぶ気持ちよさは「sky 星を紡ぐ子どもたち」でも健在だったが、本作でもえもしれぬ感動をもたらす。

「Journey(風ノ旅ビト)」

怪しい墓石で光を放つと扉が開く。こうやって謎を解いていくのか。と説明なくプレイヤーは少しずつ学んでいく。さながら人生のように。旅のように。

太陽のしっぽに、ゼルダ的な探索の面白さを加えたような。いや、そんな喩えも陳腐になるような体験だった。

「Journey(風ノ旅ビト)」序盤攻略のコツ

風ノ旅ビト

できたら攻略サイトなんか見ないでほしいなあ。

「風ノ旅ビト」に攻略のコツなんかいらない。というと本末転倒だろうか。「探す」「迷う」ことがゲームの醍醐味、楽しみになっているからだ。

さらに言うと、巧みなゲームデザインで、うまいこと、怪しいところにたどり着けるように、行けないところには行けないようになっている。直感を信じろ。

光を目指せ

風ノ旅ビト

怪しいところに光あり。

しかしそれだけではあまりに本末転倒なので序盤のコツを。石碑に近づいてアクション(発光)をすることで周りに灯がともり、先に進めるようになる。あやしいとこでは発光だ!

また、各地に散らばる、「光るシンボル」を全部集めることで、飛翔力が自動回復していく。この気持ちよさもぜひ体感してほしい。

ログインしていません。

このままでも投稿できますが、ログインして投稿すると後から投稿一覧を確認できるようになります。