War in Pocket

War in Pocket

KINGFISH ENTERTAINMENT LIMITED

タワーオフェンスゲーム

読者レビュー

タワーオフェンス型バトルのMMO戦略ストラテジー!近代兵器を使ったポケットの中の戦争が始まる!

ダウンロード(Android) ダウンロード(iPhone)

War in Pocket

バトルがタワーオフェンス型なMMO戦略ストラテジー。

コスト消費でユニットを召喚するタワーオフェンス型バトルのMMO戦略ストラテジー!

「War in Pocket」は、近代兵器を駆使して戦うMMO戦略ストラテジー

基地を作り兵や兵器を増強していく基本システムはクラキン系と同様だが、バトルがコスト消費でユニットを出撃させるタワーオフェンス方式なのが最大の魅力の一つ。

将兵たちのスキルで、ミサイルを発射したり、催涙弾を投入したり、さまざまな作戦を立てていける。

戦闘面に戦略的要素が満載されているので、フルオートでの力任せじゃないキミだけの戦場を演出できるぞ。

スポンサーリンク

タワーオフェンス型とオート型、2種類の戦略バトル!

War in Pocket

力押しだけじゃ勝つことは難しいぞ。

本タイトルの戦闘のスタイルは2種類ある。

1つは、本タイトルのキモでもあるタワーオフェンス型で、コストを消費してユニットを任意の場所に出撃させていくモノ。

ボタンで使用できる将兵たちのスキルも利用して、敵の拠点を制圧すれば勝利となるぞ。

もう1つは、基地で量産したユニットを使って戦うオートバトルで、事前にユニットの陣形などを設定して戦っていくモノ。

こちらは、戦闘そのものはフルオートで戦力も重要だが、なによりユニットの配置や連れて行った将兵によって戦況が全く違ったものになっていく。

基地づくり!そして将兵・ユニットの強化&生産!

War in Pocket

より強力な群にしていくぞ。

基地づくりは前述している通りにクラキン系なので、施設のレベルを上げて資源を生産、軍備を強化していくコトとなる。

生産できるユニットは、近代兵器で一般歩兵から砲兵、戦車などといったモノが中心。

使えるユニットは、各施設をレベルアップしていくと増えていくぞ。

また、基地では戦場で攻撃や支援など、さまざまなスキルを使える将兵たちの育成もしていける。

将兵はスキルだけでなく、ユニットの性能強化にも影響があるのでしっかり育てていこう。

スポンサーリンク

「War in Pocket」の魅力は、泥臭い戦場の雰囲気と戦略性の高い2種のバトル!

War in Pocket

チャプターごとに展開するストーリー。

全体的な雰囲気づくりが良質で、「メタルスラッグ」「装甲騎兵ボトムズ」のような硝煙かおる戦場の空気感がたまらない。

第二次世界大戦をモチーフとした時代背景でランバ・ラルの部下たちが好きそうな空間」というと、何となく理解できる人が多いかもしれないな。

随所で挿入されるストーリーは、ローカライズされていないのが残念でならないが、イラスト付きなので世界観は存分に伝わってくる。

ユニットやスキルを自由に扱えるタワーオフェンス型バトル!

War in Pocket

ユニットを出撃させて、スキルで支援だ1

タワーオフェンス型バトルでは、戦場に出撃させているユニットの先頭付近までなら、自由な位置にユニットを出撃させられる。

小隊単位で出撃できる歩兵を前線に配備して、ロケット砲を持つ砲兵を後方に配備して支援するといった戦い方を演出していけるぞ。

将兵も複数設定しておけるので、催涙弾で敵歩兵の視界を塞ぎつつ、後方の基地へミサイル攻撃など、ユニットと連携を取った戦略で戦おう。

ただのオートバトルじゃない!ユニット配置など事前準備で戦況を変える!

War in Pocket

どのユニットに何をぶつけるかがポイント。

オートバトルは、事前に陣形を変更するコトが可能で、優先して倒しておきたいユニットを狙うといった戦法がとれる。

また、セットした将兵によってバフ効果が発生したり、一定時間が経過するとスキルが発動したりと、ただのフルオートバトルとは一味違う戦略性だ。

事前準備で戦況は全く違った展開になるので、いろいろ試してみよう。

スポンサーリンク

ゲームの流れ

War in Pocket

世界大戦時の雰囲気ばっちり。

銃や大砲、戦車など近代兵器で戦うポケットの中の戦争がはじまる。

War in Pocket

クラキンのように、拠点の施設を建造・強化して軍備を増強だ。

この系統は、ガイドがしっかりしているのでローカライズされていなくても遊びやすい。

War in Pocket

タワーオフェンス型のバトルでは、コスト消費でユニットを出撃させて敵の拠点の破壊を目指す。

将兵をセットしておけば、強力なスキルで支援ができる。

War in Pocket

将兵をゲット、そして強化していけば様々な恩恵がある。

スキルだけでなく、軍そのものの強化になるぞ。ちなみに二次大戦時の有名将校が登場するぞ!

War in Pocket

オート系バトルも事前の陣形変更や将兵の登録など、戦略性バツグン!しかもド派手な戦いになる。

枢軸側、連合側の英雄たちと共に乱世に覇を成してみよう!

「War in Pocket」の攻略のコツ

War in Pocket

ミサイル攻撃で地上部隊を支援!

タワーオフェンス型バトルでは、防御力の高いテントやトーチカなどの防衛拠点をいかに早く潰すかがポイントになる。

テントなどは続々と敵が出現するので地味に厄介だからだ。

そこでミサイル攻撃などの将兵が持つ攻撃系のスキルを、先行してぶち込んでいくのが得策となる。

必ず攻撃系スキルを持つ将校は2人以上連れていこう。

オートバトルでは、やっかいな敵を集中砲火で倒そう!

War in Pocket

ユニットの配置が重要!

オート系バトルでは、事前の兵力生産が最も重要になるが、それだけでは上手く立ち回れない。

戦闘前の陣形調整で、敵の主力に火力を集中できる配置にして素早く潰しにかかるのがいいだろう。

例えば敵陣の戦車部隊などは、砲兵などの攻撃で最優先で全滅に追い込んでおくのがベスト。

下に続きます