ナイトメアクロノス

ナイトメアクロノス

提供元 CTW株式会社

MMORPG

読者レビュー (0)

時空を越えて、失われた大陸へ。魔王がはびこる世界の解放を目指すダークファンタジーMMORPG。

ブラウザで遊ぶ

ナイトメアクロノス

オフライン時でも経験値を獲得し、ログインしたときにはレベルアップされているレベリング機能を実装。

魔王が蔓延る世界の解放を目指す放置系RPG!

ナイトメアクロノスは、魔王が蔓延る世界の解放を目指すダークファンタジーMMORPG

豊富な育成要素自動レベリング機能などの便利機能と、多彩な職業が用意されている。プレイヤーは他プレイヤーと協力、時に戦いながら、モンスターに支配された世界を冒険していく。

※本作はHTML5ゲームとなり、PCやスマートフォンのブラウザでプレイするゲームとなります。ログインすることでPC、スマホ間でデータの共有が可能です。

片手でプレイできる手軽さでどこまでも強くなれるRPG

ナイトメアクロノス

翼、魔獣、騎獣(ペット)などの豊富なアバター&強化要素。

移動や攻撃、スキル発動まで、ゲーム内の行動は全て自動で行われる。

装備の強化や合成などもワンタップで最適な方法を選んでくれるので、誰でも簡単に強くなれるお手軽感がすごい。

なお、ショップで強化素材やアバターに使用する「ダイヤ」が課金要素となり、無償で購入できるものと区別されている。

ナイトメアクロノスの特徴は凄まじいスピード感のレベルアップ速度

ナイトメアクロノス

放置してるとレベルが凄まじい勢いであがっていく。このインフレ感。

とにかくキャラクターを強化できる機能が盛りだくさん。戦闘力が格段に上がる翼や、キャラクターが乗る騎獣など、多様な強化要素とイベントが待ち受けている。

そしてとにかく手軽。気がつけばレベルが100を超えていた。このすさまじいスピードのインフレ感こそが、現代人向けの放置RPGの醍醐味なのかもしれない。

武器の装備やレベルアップも自動!

ナイトメアクロノス

吸収とか鋳造とかたくさんの要素がいっぱい。よく考えつくね。

クエストのメニューの量もべらぼうに多い。何をすればいいか迷うほど。だが、強化そのものの作業はシンプルかつ簡単。何も考えなくてもワンタッチで強くなれている。

ただ、この手のゲームはだいたいストーリーが非常に弱い。本作もそこらへんを追求してくれたら一歩抜けることが出来ると思うんですけれどどうですかねえ。

ゲームの流れ

ナイトメアクロノス

戦いはログイン直後にも始まっている。

常にオートバトルを繰り広げていてお金や経験値が稼ぎ続けられている。

ナイトメアクロノス

集めたお金で武器や防具を強化し、無数のクエストをこなしていく。

そしてボス戦をこなして無限の戦いに繰り出そう。自動装備が超便利。

ナイトメアクロノス

野外BOSSなど、たくさんのボスが用意されている。

一日にチャレンジできる回数が限られているため、意欲的に参加するようにしたい。

ナイトメアクロノス

キャラごとに職業スキル、パッシブスキル等が用意されている。

その他様々な要素がレベルアップする度にアンロックされていく。

ナイトメアクロノス

放置するだけでは挑めないボス戦。この報酬でドロップする素材が強化の秘訣だ。

とはいえバトルは放置なので負ける場合はドーピングアイテムを有料で使うかさらに強化するしかない。

ナイトメアクロノス攻略のコツ

ナイトメアクロノス

オンラインで自分より弱いユーザーを狩るのも楽しみ。

基本的には画面左下にあるクエストに従いプレイしていけばどんどん報酬を獲得して自然に強くなっていける。ちなみにチャットはLV150でアンロック。

ただ、ボス戦じゃないと手に入らない報酬が強化素材になっていることが多いので、強く鳴りたい場合は放置だけじゃなくちゃんと各種報酬を回収すべくアクティブに操作していこう。

PCとスマホの連携が超便利

ナイトメアクロノス

ペットを連れて強化&自慢したいけど、それもレベルあげないとアンロックされないからね。まずは強化よ。

ブラウザとスマホ、両方使ったらその効率はさらに上がる。

画面右端の方にあるボタンをクリックして、LINEなど各種SNSアカウントと連携させてログインしておくとセーブデータを共有し、会社や自宅のPCでブラウザを開いて、スマホと同時に育成していくと育成が捗るぞ。

ってみんなこの手のゲーム好きな人は基本的なテクですかねこれ。

アプリゲット
新作ゲームをフォロー
新作ゲームの最新レビューを配信しています
アプリゲット
事前登録をフォロー
事前登録中ゲームの最新情報を配信しています

読者レビュー(β版)

このゲームをプレイした感想や評価を教えてください。
avatar
500

下に続きます