ファイアーエムブレム ヒーローズ

ファイアーエムブレム ヒーローズ

Nintendo Co., Ltd.

シミュレーションRPG

読者レビュー (1)

25年もの歴史を持つ任天堂のFEのシリーズ最新作!歴代の英雄を仲間にして戦うお祭りSRPG

ダウンロード(Android) ダウンロード(iPhone)

ファイアーエムブレム ヒーローズ androidアプリスクリーンショット1

ミニキャラが可愛い、操作も簡単なバトル。

歴代の英雄たちが一堂に会するお祭りシミュレーションRPG!

「ファイアーエムブレム ヒーローズ」は、25年以上の歴史を持つ任天堂のSRPG「ファイアーエムブレム」シリーズの最新作だ。

あらゆる異界の支配を目論むエンブラ帝国と、それに抗い、滅亡の危機を迎えつつあるアスク王国が存在する世界。王国は起死回生の一手として「召喚師」であるアナタを特務機関「ヴァイス・ブレイヴ」の一員として迎えた。

アナタが行使する召喚術によって味方となるのは――

異世界で戦乱を生き抜いてきた英雄たち

彼らとを通わせ、世界の未来をかけた戦いをはじめよう。

バトルは敵味方の部隊が交互に行動するターン制。

操作はマップ上でキャラをドラッグし、青いガイド内に運ぶと移動、赤いガイド内に敵を入れたうえで運ぶと1対1のバトルアニメが挿入される。

各キャラは固有のパッシブスキルを複数持っており、攻撃や二回攻撃、反撃といったアクション。

体力の回復スキルや属性によるダメージアップなどを利用し、戦況を有利に進めよう。

ファイアーエムブレム ヒーローズの特徴はスマホ用に最適化されたシステム

ファイアーエムブレム ヒーローズ androidアプリスクリーンショット2

操作が簡単。驚きはないけど安定感がある。

言わずと知れた大人気SRPGシリーズであり、任天堂としては初の「スマホRPG」となるアプリ。

世界観は歴代のシリーズの雰囲気を織り交ぜて作られており、個々に立ち絵やミニキャラのイラストがあり、豪華声優陣のボイスが収録されている。

バトルはドラッグ操作で簡単にキャラを動かせるうえ、移動の後に「攻撃」コマンドを選ばなくていいなど、SRPGにおける手間がうまく省かれている

敵部隊のAI行動も速く、全体的にテンポは良好。ちゃんと駒を動かして遊びたい人にはもってこいだ。

育成面においても、低ランクから星5への進化ルートを持つキャラが複数おり、特定のキャラをバトルで使い込んでSPを獲得し、それを使ってスキルを開放するなどやりこみ度は高い

初期加入キャラのアルフォンス等、星2のキャラでも優秀なスキルを持つ者が多く、限凸を強要されないバランスになっているようだ。

誰でも遊べるカジュアルさを重視したためか、武器の消耗やキャラロストといったお馴染みのシステムは省かれているが、遊んでみるとちゃんとファイヤーエムブレムだ、と思えるゲームだ。

ファイアーエムブレム ヒーローズの攻略のコツ

ファイアーエムブレム ヒーローズ androidアプリスクリーンショット3

回復役は1人でも入れておきたい。

チュートリアル後に課金通貨を17個得られるのでそれを使ってレアガチャを引き、部隊を整えよう。

本作のガチャは5回セット制になっていて、通常は1回で5個を消費するが、連続で引けば5+4+4+4+3=20個で5連ガチャが引ける。

チュートリアル後だと4回。ちなみに、最高レアであるSSRの確率はピックアップ3%+通常確率3%の計6%とのことだ。

続いてパーティを編成するときは回復魔法が使えるキャラを1人でも入れておくといい。

この他、バトルにおける細かいコツなどはプレイ日記でレポートしようと思う。

ゲームの流れ

androidアプリ ファイアーエムブレム ヒーローズ攻略スクリーンショット1
時間経過で回復するスタミナ値を消費してステージを選択。この他に経験値ダンジョンなど複数のモードが用意されている。
androidアプリ ファイアーエムブレム ヒーローズ攻略スクリーンショット2
一部のクエストではほぼ全身画の立ち絵とともにストーリーが語られる。
androidアプリ ファイアーエムブレム ヒーローズ攻略スクリーンショット3
バトルマップにおける操作は、キャラをドラッグして青い範囲内に運ぶと移動。赤い枠内に敵を入れた状態でそこまで引っぱると攻撃を行う。
androidアプリ ファイアーエムブレム ヒーローズ攻略スクリーンショット4
シリーズ同様に攻撃や反撃時には、迫力のアニメーションが表示される。
androidアプリ ファイアーエムブレム ヒーローズ攻略スクリーンショット5
キャラはバトルで経験値を得て成長する。また、バトルでSPを獲得すればそれぞれの装備枠に応じたスキルをセットできるようだ。

関連動画

下に続きます