琥珀たちの物語 ~陽光に捧ぐ~

琥珀たちの物語 ~陽光に捧ぐ~

評価4.0点

YzRoid

RPG

自由度の高いキャラメイクと重厚なファンタジーストーリーを収録!WizライクなダンジョンRPG

ダウンロード(Android)

琥珀たちの物語 ~陽光に捧ぐ~ androidアプリスクリーンショット1

仲間を作成してダンジョンに挑め。

彼の地に目覚める邪悪を打ち滅ぼせ!

「琥珀たちの物語 ~陽光に捧ぐ~」は、厄災の時が訪れたファンタジー世界を舞台に、様々な冒険者を仲間にして彼の地に目覚めんとする邪悪を倒す本格ダンジョンRPGだ。

多彩な職業やステータスをランダムで設定するキャラメイクを行い、自分だけのパーティを作って探索に出かけよう。

ダンジョン内は3D視点で構成されていて左右ボタンで視点を切り替えながら前進・後退によって進む。

ランダムエンカウントよって発生するバトルはターン制のコマンド式。攻撃や防御といった基本コマンド、職業固有のスキルを駆使して勝利を目指す。

キャラはバトルで経験値を得たうえで拠点にある成長メニューで能力をアップする。資金を消費すれば新たなスキルも習得でき、そうしてパーティを鍛えながら物語を進めていこう。

琥珀たちの物語 ~陽光に捧ぐ~の特徴は自由度の高いキャラメイク

琥珀たちの物語 ~陽光に捧ぐ~ androidアプリスクリーンショット2

カニ歩きも実装されているなどシステムは本格的。

メガテンやウィザードリィライクなRPG。

重厚なファンタジー世界を感じさせるシナリオが収録されていて、ダンジョンも入り組んでいるため世界観とボリューム感は申し分ない。

操作感についてはボタン配置にクセがあるため最初は戸惑うが、小一時間遊ぶと慣れるうえ、画面左下の道具袋をタップすると視点を変えずに壁添を移動する「カニ歩き」ができる。

このジャンルに慣れ親しんだプレイヤーにとっては嬉しい仕様だ

本作のキモであるキャラメイクについても名前や顔アイコン、ステータスやジョブ、装備品やスキルの習得といった要素があり、それらを自由に設定することでプレイヤー独自のキャラを作れる

また、難易度を7段階で設定できるためライトからハードなRPG好きまで楽しめそうだ。

琥珀たちの物語 ~陽光に捧ぐ~の攻略のコツ

琥珀たちの物語 ~陽光に捧ぐ~ androidアプリスクリーンショット3

ステータスを育成しよう。

初期パーティのキャラメイクは好みで設定すると良いが、治療スキルを使える「僧侶」を1体でも編成しておくのがオススメ。

序盤は拠点とダンジョンを行き来しながら少しずつ各フロアを歩きまわりマッピングをしていこう。

本作のダンジョンは出入りしても構造が変わらないため、キャラを鍛えつつじっくり挑めるはずだ。

また、キャラには個々にALPという生存ポイントが設定されていてHPが0になるとこの値が減る。

ALPが0になると蘇生できなくなり、宿屋で大量の資金を払って回復させることになるため、いつものRPGより慎重なプレイが求められる。治癒スキルを使ってパーティのHPをしっかりと管理しよう。

ダウンロード(無料)

ゲームの流れ

androidアプリ 琥珀たちの物語 ~陽光に捧ぐ~攻略スクリーンショット1
最初に名前を決め、リロールを繰り返してジョブやステータスを設定し、キャラを作成する。
androidアプリ 琥珀たちの物語 ~陽光に捧ぐ~攻略スクリーンショット2
拠点ではパーティの回復やステータスアップ、新たな仲間の作成などが行える。左下にある探索アイコンを押すとダンジョンへ。
androidアプリ 琥珀たちの物語 ~陽光に捧ぐ~攻略スクリーンショット3
ダンジョン内は3D視点になっていてゲームパッドで操作を行う。上下で前進・後退、左右ボタンは視点切り替え。画面左下にある「道具袋」アイコンをタップするとカニ歩き。
androidアプリ 琥珀たちの物語 ~陽光に捧ぐ~攻略スクリーンショット4
探索中にランダムエンカウントするとバトルに発展。各種コマンド、職業ごとのスキルを駆使して戦おう。
androidアプリ 琥珀たちの物語 ~陽光に捧ぐ~攻略スクリーンショット5
キャラはバトルで経験値を獲得したうえで、拠点にある成長メニューで資金を投じて能力を上げる。スキルの習得も資金で行える。
ダウンロード(無料)

レビュワーコメント

納谷英嗣

職業や能力、スキルの習得によって自由度の高いキャラメイクを楽しめる。ストーリーも読みごたえあり。

納谷英嗣

探索中やバトルにおけるボタン配置(UI)が特殊。慣れるまで時間がかかる。

琥珀たちの物語 ~陽光に捧ぐ~の基本データ

タイトル 琥珀たちの物語 ~陽光に捧ぐ~
パブリッシャー YzRoid
レビュワー 納谷英嗣
初回レビュー日 2016年10月3日
最終更新日 2016年10月3日
ジャンル RPG , ウィザードリィ系ダンジョンRPG , ダンジョンRPG
タグ
こちらもおすすめ