【ぼくのボッタクリBAR 序盤攻略】客から金を毟り取る効率的なカモり方


こんにちは、編集部の渡邊です!

最近、ハマっているゲームは「ぼくのボッタクリBAR」というぼったくりバー経営シミュレーション。

借金1億円を返済するため、バーの経営者となり、カモ客から可能な限り、金を毟り取るという倫理的にはちと、あれ・・なゲームなのですが、これが結構面白い!

藤子○二○A先生の「笑ゥ○ぇるす○ん」のようなキャラクターデザインや世界観も◎で、有りそうななかった不○慎ゲーです。

オーナー「空間野 要太(あくまのようだ)」に借りた1億円の借金を返済するところから物語は始まる。

オーナー「空間野 要太(あくまのようだ)」に借りた1億円の借金を返済するところから物語は始まる。

ぼったくった瞬間は胸が痛むものの、「ゲームだから大丈夫さ・・・・。」っと自分を言い聞かせながら何人もぼったくっていくと、なぜか楽しくなってしまった!(もちろん、現実世界でぼったくりなど言語道断です!!)

今日は、そんなある意味(?)中毒性の高い本作の序盤攻略をご紹介したいと思います。

ぼったくりすぎないのがコツ

まずは女の子を客につかせて、高価な商品を注文させよう!

まずは女の子を客につかせて、高価な商品を注文させよう!

基本的な流れは、「仕入れ&女性採用⇒店舗運営⇒借金返済」を繰り返します。

この手の店にありがちなドンペリやレミーマルタンなどの高級酒を仕入れ、客に飲ませ、法外な値段を支払わせて、オーナーである「空間野 要太(あくまのようだ)」に借金を返済していきます。

まず、序盤で重要なのは実は「ぼったくりすぎない」こと!

本日もご来店ありがとうございます。またのご来店、心よりお待ちしております。

本日もご来店ありがとうございます。またのご来店、心よりお待ちしております。

法外な金額を支払わせようとすると、客も気づき小言を言い始めるので、10万程度であれば+30%~40%20万以上であれば+10%程度、上乗せする程度であればすんなりお支払いいただけます。

小言を言われたら、用心棒を使うのも手!

小言を言われたら、用心棒を使うのも手!

もし、高額請求時に客がゴネ始めたら、用心棒を召喚して必殺技「ATMへまっしぐら」を使えば回収は可能です!

ただ、あまりクレーム数が多いと警察の強制捜査が入るので、要注意!

貯蓄より返済!

1億円返済への旅はまだまだ続く・・・

1億円返済への旅はまだまだ続く・・・

借金を返済していくと一定額でよりレベルの高い女の子がアンロックされ、雇用することができます。

女の子ははレベルが高いほど、注文数が多くかつ高価なドリンクを客から取ってくるので結果的に売上が上がっていくので、手元にはギリギリの仕入額だけ準備しておき、あとは借金返済・女の子の雇用にお金を使おう!

訳あり女性ばかり・・・。

訳あり女性ばかり・・・。

次回は、店舗拡大やキャッチについてご紹介したいと思いますので乞うご期待!
[関連記事] ぼくのボッタクリBAR レビュー記事
ぼくのボッタクリBAR 攻略記事一覧

ゲームをはじめる

ライター: 編集部