【プロレス情報局~HELL YEAH!!~】第2回「バトルロイヤル的日常」

アプリゲットbanner

[関連記事]
・プロレス情報局~HELL YEAH!!~記事一覧

こんにちわヾ(*゚▽゚)ノ

「激闘!プロレスカードバトル」運営事務局の“赤い怪物”ことKです。

おかげさまで多忙な日々を送らせていただいております。これを書いている今日の天気は曇り!(時々雨?)、ジメジメとした梅雨特有の湿気モードに若干ヤられ気味…。

それに何と言ってもうちのオフィス(自分の周りだけ!?)は暑くてたまらない(ノД`;) きっと熱い漢達(オトコタチ)が気合充分でハリキっているからなのでしょうねぇ。。。

といったところで今回もゴキゲンにいきましょう!

HELL YEAH!!

連載第2回目となる今回は、「激闘!プロレスカードバトル」で“メインイベント”的な位置づけになるであろう、リアルタイムギルドバトル『BATTLE ROYAL』をご紹介させていただきます。

☆リアルタイムギルドバトル『BATTLE ROYAL』

バトルロイヤルTOP

『BATTLE ROYAL』

プロレスにおいて、一度に数十人のレスラーがリング上で繰り広げる闘い…それがバトルロイヤル。個人、チームで参加し、周りは敵だらけ!最終的に残っていた選手・チームが勝者となる試合形式です。

本作においては自分の所属する連盟(ギルド)と敵の連盟との「ギルドvsギルド」の図式で、1日2回、自動的にマッチメイクされる仕組みとなっております。

勝利のポイントは自分のカード・デッキの強さはもちろんのこと、一番大事なのはズバリ“仲間との絆”でしょう(*゚ー゚)v

1人では勝てない相手も、仲間と共に立ち向かえば撃破することができます!気の合う仲間を見つけて連盟に誘いましょう。同じプロレス団体・プロレスラーが好きな者同士で結成すれば自ずと絆も深まるさヽ(*≧л≦)ノ

バトルロイヤルとは

バトルロイヤル画像

そんなリアルタイムギルドバトル『BATTLE ROYAL』はこれが掲載される7月8日(月)より試合開始です!!

今回もこのコラムをご覧の皆様にマル得情報!現在、AKB48の石田晴香さんがパーソナリティを努める、TOKYO FM『スマホ Cafe Radio』とのコラボレーションを実施中!オフィシャルサイトに記されているシリアルコードをゲーム内の特設ページで入力すると…

・  BATTLE ROYALで活躍すること請け合い!

・  BATTLE ROYALじゃなくても役に立つこと請け合い!

・  持ってて損はしないこと請け合い!

な、回復アイテムをあげちゃいます☆

☆シリアルコードのゲットはこちらから

スマホ Cafe Radio
スマホ Cafe Radio

スマホ Cafe Radio

http://www.tfm.co.jp/scafe/

【番組情報】

■ TOKYO FM 『スマホ Cafe Radio』

■ 毎週月曜 25:30~25:55

■ Twitter  @sCafeRadio

BATTLE ROYALで勝利を重ねて、最強への階段を登ろうヾ(●´▽`)ゝ

プロレスが日常生活と密接になっていた時代はいったいどんな感じだったんだろう?週末のゴールデンタイムに地上波で放送されていた頃、きっと学校の友達や会社の同僚、近所のおじさん達と交わされる会話はプロレスで満ち溢れていたに違いない。

今となっては日常生活から遠くなってしまったかに思われるプロレスですが、実は意外とアナタの近くにいるものなのですよ(。・ω・)ノ゙

例えば大会。現存するプロレス団体は大小、男女を合わせて数十団体。それぞれが日々大会を開催しています。多いところだと年間100大会を開催!

その試合会場も様々で、全国をサーキットする、いわゆる巡業を行っている団体は全国各地で大会を開催。1年に1度、自分の住んでいる街にやってくるのを楽しみにしているファンは少なくはありません。

そして自前の常設会場を利用して地域に根付く形で大会を開催する団体もあります。全体的に見てみると、ほぼ毎週どこかで大会が開かれているのです。

地方出身の私は、地元にいた頃はたまにやってくるプロレスを楽しみにしておりました。

大会が近づいてくると宣伝カーが有名レスラーの名前を爆音で鳴らしながら派手な看板をつけて走り回り、あちこちの電柱にポスターが掲示されていました。それを見ながらワクワクしておりましたねぇ。

試合会場での出来事としては、撤収作業を手伝ったりすることもあります。プロレスファンのガキたちにお手伝いのご褒美として、その時のトップレスラーのサイン色紙を貰ったりすると喜びが爆発するわけですヽ(*≧л≦)ノ

あとは大会の打ち上げが知り合いのお店だったり、友達のバイト先なんかで開かれたりしてね。後日その話を聞かされると悔しくて悔しくてたまらなかったなぁw 今でもそのお店に行くと、来店した時の記念写真が飾ってあります。

都市部では毎週・毎月プロレスを観ることができますが、地方だってプロレスに触れることはできます。地方でしか味わえない楽しみが確実に存在しています。プロレスをまだ観たことがない人は、超人達の戦いを1度ライヴで体感してみてください。すると、心躍る瞬間に出会うことができますヾ(*゚▽゚)ノ

そんな最高のエンターテイメントであるプロレスを『激闘!プロレスカードバトル』でも是非お楽しみください♪

■激闘!!プロレスカードバトル

【スマートフォン】
http://pf.gree.jp/59798

[関連記事]
・プロレス情報局~HELL YEAH!!~記事一覧

ライター: 編集部

シェアする

関連するキーワード

スポンサーリンク