『Pretty Plant』に固執せず、主軸として第2創作へ繋げ更なる飛躍を【Pretty Plant インタビュー#4】

『TOMO BAKO(トモバコ)』は、「株式会社マッドボックス」から生まれた、各々が”欲しい”と思うモノを実現させていくために結成した創作チーム。

処女作となる、新作スマートフォン向け育成シミュレーション『Pretty Plant』2017年4月30日にリリースした(android版:5月)

本作は、可愛らしいヒト型植物生命体の「ココネ」たちを愛でて、たくさんの思い出を育んでいくシミュレーションゲームだ。

戦闘や冒険といった要素はなく、することは「ココネの育成」のみ。水をあげたり、撫でてあげたり育成に励もう。

第3回の本稿では、『Pretty Plant』作業工程開発の上での大変だった点を重点的に語ったが、今回は見どころや魅力を詳細にご紹介していく。

▲山石 功基氏

現実世界でも仲睦まじい小倉さん(チュリ)と日高さん(クチュリ)の絡みに注目。ただし、その裏には。

▲チュリ(手前左)とクチュリ(手前右)

 ーー見どころはいかがでしょう?本当に絶対見てほしいところや、気に入っているところなど。

山石氏:
それでいえば、チュリとクリュリです。声優さんは小倉唯さんと日高里菜さん。そもそもこのチュリが最初から決まっていたキャラクターで、かつはじめのキャスティングでした。

この段階では私の好みという感じだったんですが、そこからいろんなキャラクターに広がっていったというのがあって。

ーーあのメインのキャラクターですよね?

山石氏:
そうですね。ただ、チュリとクリュリだけでなく、ほかのキャラの組み合わせもしっかりと考えましたよ。

ーーでは、業界の王道は押さえていてるのですね。

山石氏:
あくまで私見で、ですけどね。でもイメージ的に真逆なところもあります。特にクロアとクリムの2人は、結構ゆがんだ見方をしていると思います、私が。

本当にこの声優のお二人、仲が良くて。2人でトークCDを出していたり、最近は事務所も一緒になって…。というような情報を追いかけていった結果、起用しないと!という流れでした。そういう声優さんの関係性も紐づいていたりすると思います。

ーー現実世界とリンクしているような部分があると。

山石氏:
そうですね。それと、このキャスティングは先々の話に繋げたいなと思っています。

多分ほかのメーカーさんもそうだとは思うんですけど、その一回だけで終わらせるのはもったいないと思って。声優さんたちも交えて作っていきたい、という感じでしょうか。組み合わせ重視っていうのはここにあって、だからキービジュアルで手を繋いでいたり、関係性が分かるかと思いますよ。

ーー組み合わせが結構ポイントなんですね。

山石氏:
そうですね。あと、フレアイというシステムも尊いものにしたくて。このワード使うとちょっと百合クサくなっちゃうんですけど…消えるんですよ、フレアイをすると。その2人がいなくなっちゃうんです。

ーーそれは、延々楽しめるものじゃなくて?

山石氏:
そうですね、そこにサイクルみたいなものを演出したくて。いずれ枯れるような表現を。枯らす事をどうしてもしたくなくて。なので「出荷」というワードも考えてみたり。

ーーちょっとドライですよね。

山石氏:
そうなんです。「出荷」なら他のどこかで何かやっているよ、という流れにできるかな、なんて。でも「出荷」ってねえ(笑)。

ーーどこかで大事にされている、と。

山石氏:
そういうことです。惑星キュートという架空の世界観があって、地球に似ているからそこでも育てることができるよ、という流れなども考えていました。

ボイスを聴かせるためにストーリーを描いた。今後は『Pretty Plant』を主軸に更なる飛躍を目指したい。

ーー触れることのできない世界観が、闇の部分があるんですね。

山石氏:
あると思います。しかもその闇、結構深いと思います。今まで皆さんが避けてきたところをやっていると私は思っているんです。例えばアニメーションを使う、など。

ーーそれは技術的な話ですよね?

山石氏:
それもそうですし、皆さんきっとやりたかったんだけど、手間を考えてやらなかった、アニメの知識が足りずやらなかった、そういうのが恐らく色々あると勝手に想像していまして。

今フルボイスは普通だとは思うんですが、とは言えカッチリとセリフを発するタイトルってあまり無いなと思ってました。

例えば「やあ。」とか。他にも喋ってるのに。残りのセリフはテキストで出すというのが腑に落ちなくて。なのでしっかり『フルボイス』にしたいなと。そしてそれをいつでも見られるようにと、メモリアル機能を付けました。少し見づらいところがあったので今改修していますけどね。

「実際それをするとお話が成り立たない」という事でやってこなかったんじゃないかと思っています。

ーーお話…、というと?

山石氏:
ゲーム内のストーリーという意味です。今どのゲームでも「しっかりしたストーリーがないといけない」という流れに見えます。私はそれすらいらないと思っちゃったので入れてないですけどね。

ただ掛け合いは欲しいなと思ったので、ミニイベントみたいなものは入れています。

ーーでは、ストーリーを入れたかったわけではなく、声を聞かせたかったが為にそのようなイベントを入れたというような感じですか?

山石氏:
そうですね。そういうシチュエーションを見せたかった、が正しいですね。

あくまで、このPretty Plantの中でいろいろ動いているという様子だけ見せられたらいいな、と最初から思っていて。その中の表現としてイラストとアニメ。アニメが一番ですね。かわいいボイスも聞きたいな、とか。

本当に、それを楽しんでこのゲームは完結。ずっと永続させたいとは思っていません。もし人気になったら、このシステムを活かしつつ、おそらく別の作品を作ります。バージョンアップはやりますけど。

ーーでは今回のこのチャレンジに関しては、これはこれで終わりなんですね。会社からの要請もあるかもしれない、というような感じでしょうか。

山石氏:
そうですね。この子らを単純に育てたくて。そこから先は枠を超えてもいいし、各々が二次創作してくれてもいいですし。ゲームが原作というのは変わりませんが。

ただ当然その中でこのゲームも育っていってほしいという気持ちもあります。総合的に大きなPretty Plantになってくれればいい、これが大きいですね。

第4回まとめ

本インタビューの第4回目の投稿は、『Pretty Plant』の見どころや魅力を語った。

次回は、『Pretty Plant』で声を吹き込む工程「アフレコ」での苦悩や、そもそもの”ゲーム”の楽しみ方を語っていくぞ。

美少女の植物生命体を育てて愛でる育成シミュレーションゲーム!豪華声優ボイス&ぬるぬるアニメーション搭載の『Pretty Plant』

『Pretty Plant』は、とある惑星からやってきた美少女たちを育てるシミュレーションゲームだ。
地球環境と類似している惑星「キュート」で発見されたヒト型の植物生命体「ココネ」。
可愛い女の子の姿をしたココネとの生活が主流となっている近未来世界で、プレイヤーは育成者となり様々なココネと出会うことになる。

まずは苗床で画面下にある5種類のココネクタルを自由に配合し、15以上ゲージを溜めて種球を作ろう。

種球は一定時間が経つとタネコになり、プランターに移すことができる。

プランターでは水やりや肥料、撫でるといった育成&交流を行い、タネコの反応を見ながらハートゲージを満たしていく。

ゲージを100%にした状態で長押しするとタネコからコナエになり、そこから同じ条件を満たすとオハナという成体になる。

この成長過程を見守りながらココネとの生活を楽しもう。

ゲームをはじめる
ゲームをはじめる

筆者: unno

シェアする

コメント

感想やつっこみ、間違いのご指摘など、コメントなんでもお待ちしています。皆さんのコメントが励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。