ブイタッチとドッグファイトどっちを選ぶべき?開発者に聞いたあおかなES攻略方法とは【蒼の彼方のフォーリズムES インタビューその6】

「蒼の彼方のフォーリズム」(あおかな)といえば、元々PCゲームとして知られている存在であったが、PlayStation VitaやPlayStation 4に移植されたり、2016年にアニメ化されたりと、いっきに認知度をあげた感のある、人気のコンテンツだ。

そんな「あおかな」のスマホゲーム「蒼の彼方のフォーリズム-ETERNAL SKY-」(あおかなES)は、2016年10月にリリースされ、100万DLを越えるスマッシュヒットとなっており、2017年3月には大型のアップデートも行われた。

ぜひともそんな「あおかなES」のお話を伺おうと、デベロッパーであるエディア社に押しかけてみたのだが、実は同社は、あの声優のナビでおなじみの「MAPLUS+」を手掛けた会社であり、起業してからスマホゲームに至るまでの道のりが非常に興味深かった。

ガラケーの情報サイトからソーシャルゲーム、そしてスマホゲームに至るまでの、同社の奮闘の歴史を、丁寧に紐解いていく形となったボリュームあるインタビューの様子を、ぜひともじっくりとご紹介していきたい。

今回、お話を聞かせてくださった、同社ゲーム事業のキーマンのおふたり、ゲーム事業 開発部の西澤 孝昌氏(写真左)、ゲーム事業 企画部の小山 敦氏(写真右)。

なお、本インタビュー記事は全6回にわたりお届けしている。他の回の様子はこちらからご覧いただきたい。

あおかなES初心者へのアドバイスは、お気に入りの選手の強化をコツコツ進めること

――本ゲームの初心者に向けてバトルのアドバイスなどありましたらぜひお聞かせください。

小山氏:
バトルは5vs5の団体戦で、5戦のうち3勝すればよいので、チーム全体をまんべんなく強化するというよりは、まずはお気に入りの選手に絞って強化してひとつひとつ勝てる試合を増やしていくようにしたほうがいいですね。

また、選手はファイター、スピーダー、オールラウンダーの3つのプレイスタイルを「属性」としてもっていまして、バトルにおいては有利不利の相性があります。

初めのうちはスキップ機能をつかわずに、相手選手に合わせて相性の良い選手を選ぶように心がけていくと勝率はあがっていくとおもいます。

――キャラごとの属性はやはり重要なのでしょうか?

小山氏:
もちろん。バトルにおいては重要なパラメータのひとつです。

先日のアップデートでライバルバトル(所謂レイドバトル)でも属性の相性が反映されるように仕様変更されたため、属性の重要度はさらに上がっています。

が、本作には魅力的なキャラクターが多数登場しますので、あまり属性にこだわりすぎず、まずは自分の好きなキャラクターをみつけてその娘を中心にチームをつくっていくのもありかなと。

――属性をひとつに決めて成長させるプレイスタイルはアリですか?

小山氏:
特定の属性のパラメータを上昇させるリーダースキル(例えばスピーダーのスピードを○%アップ とか)の恩恵が大きくなるので、ひとつに絞るのも戦略の一つとしてアリですね。

ただ、相性の悪い属性の選手が多いチームと対戦するときなどはリスクになります。ケースバイケースですね。

リードしているときはブイタッチ、逆転を狙いたいときはドッグファイト

――バトルでブイタッチとドックファイト成功率が半々のときはどちらを選ぶべきでしょう?

小山氏:
それぞれのプレイスタイルによって、ファイターはドッグファイトが得意、スピーダーはブイタッチが得意、といった設定があるので、選手の得意な方を選ぶのがいいのかなと。

ちなみに、これは原作の設定を踏襲しています。

で、とはいえ、ドッグファイトは高得点が狙える反面、失敗すると逆に多く得点を取られるリスクがあり、ブイタッチは得られる得点は低いものの得点を取られるリスクも低いので、リードしているときはブイタッチ、逆転を狙いたいときはドッグファイトを選ぶのという考え方あります。

いずれにしても成功率は選手の能力と相性が大きく影響するので、自分のチームの選手達の能力と得意なことを把握しておき、状況に応じて柔軟に判断していただきたいです。

ブイタッチかドッグファイトかを選択するフェーズでは、1試合に1回だけ、フレンドを参戦させて成功確率を変動させることもできますので、ここぞというときに有効活用してほしいです。

――キャラ覚醒の敷居が高いという意見を見かけましたが緩和する予定は?

小山氏:
以前はおっしゃるようにかなり敷居が高かったのですが、最近のアップデートで親愛度を上げる『ケーキ』『ぬいぐるみ』『花束』や、キャラクターの限界突破に使える『限界突破勲章』が実装されました。

期間限定のイベントなどで手に入るようにしているので、それらをうまく利用していただければと!

原作ユーザーから届いたオリジナルシナリオへのお褒めの言葉など、ユーザーの反応。

――届いて嬉しかったユーザー反応はありますか?

小山氏:
原作ファンの方からいただいた、このアプリオリジナルのシナリオについてお褒めの言葉が印象に残っています。

あとは、アップデートで改善した内容に気づいていただいて「ありがとう」とのお言葉をいただいたり、「面白くて続けている」といった意見をいただいたりですかね。

――逆に辛かったユーザー反応は?

小山氏:
やはり動作が不安定だったり、不具合に関してのお問い合わせをいただくことが心苦しいですね。
お客様に快適にプレイいただけるようにこれからも改善をしていきたいです。

――SNSなどユーザーの反応はいかがでしょうか?

小山氏:
先日もありましたが、大きめのアップデートを行なった際や、原作キャラの新カードを追加した際などは良い反響がありますね。

原作キャラだけでなく、本作のオリジナルキャラたちにも徐々に固定ファンが付きつつありまして、推しキャラの新カード追加が合った際に非常に熱いメッセージをいただくこともあります。

追加された要素と今後の予定について。

――追加していく要素はどんなものがありますか?

小山氏:
これは最近実装したばかりなのですが、原作で登場するグラシュ(アンチグラビトンシューズ)を自分の好きな選手に装備して、ステータスの底上げができるようになりました。
本作オリジナルデザインのグラシュは一見の価値ありです。
また、先日サークル機能(いわゆるギルド)をリリースしたのですが、ギルド内の協力イベントやギルドバトルなどの追加も検討しています。

他にもキャラクターの深掘りを目的として、特定のキャラクターにスポットを当てたコミュニケーションイベントをより充実させていきます。

――今後どのようなコンテンツにしていきたいですか?

小山氏:
原作ファン、あおかなESファン どちらのお客様にもご満足いただけるよう
キャラクターのビジュアルやオリジナルストーリーをより一層魅力的なものにしていきたいです

また、お客様どうしが活発にコミュニケーションしたり競い合ったり、毎日盛り上がっていけるようなコンテンツを目指していきたいです。

――ユーザーに向けて一言

小山氏:
新イベントの追加や、サークル機能、グラシュの追加など、大きなアップデートを行ってきましたが、よりみなさんにお楽しみいただけるようにさらなる大型アップデートを考えています。

もちろん日々の不具合改修やユーザビリティの向上などはスピードを上げて進めていき、みなさんに快適にプレイいただけるよう努力してまいります。

今後ともあおかなESをどうぞよろしくお願いいたします。

秋には一周年を迎えます。1周年に向けてなにか大きな施策もできたらと考えていますので楽しみにお待ちください!

――小山さん、西澤さん、ありがとうございました!

あおかなインタビューのリンクはこちら

オリジナルストーリーも展開する「あおかな」の育成RPG!明日香たちとフライングサーカス!「蒼の彼方のフォーリズム‐ETERNAL SKY-」



「蒼の彼方のフォーリズム‐ETERNAL SKY-」は、「蒼の彼方のフォーリズム」のキャラたちをコーチする育成RPG

基本はレッスンを繰り返し、キャラを育成しつつクエストエピソード(メインストーリー)を進めていくこととなる。

バトル(対戦)では、5人チームで戦う。キャラの組み合わせや戦法の指示を与えて勝敗の流れを操作していく。

また、キャラ毎のエピソードも用意されていて、本タイトルだけの完全オリジナルストーリーが楽しめるぞ!

ゲームをはじめる
ゲームをはじめる

執筆者: 編集部

コメント

コメントはまだありません。

ログインしています » | ログアウト
500

ログインしていません。

このままでも投稿できますが、ログインして投稿すると後から投稿一覧を確認できるようになります。