中国の萌え好きに刺さるソラヒメ。萌えファンの中心は10代~20代が中心【ソラヒメ インタビューその1】

6waves社が運営する「三国天武」といえば、コアなスマホゲーマーならば一度は目にしたことのあるタイトルではないだろうか。

2017年3月時点のGoogle Playのレビュースコアは4.5点、2年ほど前にリリースされた作品でありながら、今のなおトップセールスランキングの常連という、多くのユーザの支持を集めるスマッシュヒット作だ。

そんな「三国天武」の6waves社が、2017年に入り、立て続けに新作をリリースしている。そのうちの1つが「ソラヒメ ~ACE VIRGIN~」(以下、ソラヒメ)だ。

今回、6waves社で「ソラヒメ」運営ディレクターを務める細井貴之氏にお話を伺う機会を得たので、ちょっと気になるアレコレを色々伺った様子をお届けしたい。

本インタビューは全4回に分けてお届けする。初回となる本稿では、運営担当の素顔やソラヒメのユーザ像に迫ってみたいと思う。

本インタビューの様子はこちらから:
[catlist tags=”ソラヒメ インタビュー”]

ソラヒメ運営ディレクターは業界歴10年のベテラン

――細井さん、今日はよろしくお願いします。まず、普段どのようなお仕事をされているのか、お聞かせいただけますか?

細井氏:
はい、こちらこそよろしくお願いします。

6wavesで「ソラヒメ」の運営のディレクターを務めています。

普段の業務は多岐にわたります。KPIの管理や分析、スケジュール管理、進捗の確認。

そして、既存コンテンツの改善企画の立案や、新規企画含めた企画周り全般の管理。

あとは競合の調査や分析、そしてチームメンバーの管理ですね。

――本当に幅広いですね。6waves以前のキャリアについて教えてください。

細井氏:
ゲーム業界のキャリアは10年以上です。

PC向けのオンラインゲームから始まり、ガラケーのゲームアプリ、その後、スマホゲームアプリと幅広く手がけてきました。

6wavesへの入社を決めたのは、TGSで見かけたから!?

――6wavesに入社されたきっかけを教えていただけますか。

細井氏:
東京ゲームショウに出展しているのを見かけて、興味をもったのがきっかけでした。

――1日の業務の流れを教えてください。

細井氏:
そうですね。「ソラヒメ」以外にも担当タイトルがあるので、タイトル間をまたいでいる感じなのですが、午前中は、KPIの確認と管理や、メンバーに振られているタスクの確認、開発の状況確認と調整などですね。

午後は、現状の問題点などへの対策の立案や、新規の企画、あとは競合の調査と分析です。

伝えても、伝わっていなければ、なにもしていないのと同じ

――細井さんが業務の中で、大切にしていることはなんでしょうか?

細井氏:
コミュニケーションですね。

誰かに何かを伝えても、伝わっていなければ、なにもしていないのと一緒なので、意識して伝わるように努めています。

――細井さんご自身は、普段はゲームをするのでしょうか?

細井氏:
スマホゲームから、コンシューマの据え置きまで、幅広く遊んでいますよ。

こちらはソラヒメ公式サイトのメインビジュアル

開発者の好きが高じてソラヒメが生まれた

――「ソラヒメ」という作品が生まれた経緯について、お聞かせください。

細井氏:
開発チームが無類の戦闘機好きかつミリタリーファンだったことです。

本作が生まれた一番の理由はこの点に尽きます。(笑)

――中国市場で勢いを増しつつある、「艦これリスペクト」の流れからの開発かな?と思っていました。

細井氏:
そうですね。影響はあるかもしれませんが、一番の理由は先ほど回答した内容で、開発チームが「戦闘機好きのミリタリーファン」だったことです。

――「ソラヒメ」をプレイしているメインユーザはどういった層でしょうか?

細井氏:
シミュレーションがお好きで、じっくりプレイするのが好きな司令官さまですね。

※編集部注:「ソラヒメ」では、ユーザのことを司令官さまと呼んでいる。

中国の萌え好きに刺さるソラヒメ。萌えファンの中心は10代~20代が中心。

――中国と日本で、ユーザ層に違いはありますか?

細井氏:
中国のユーザは「萌え好き」「若い世代」の2軸が中心で、あとはミリタリーファンが大勢います。

日本のユーザは「声優ファン」「某他社製ゲームのファン」(笑)の2軸があって、プラスアルファで、ゆっくりプレイするのがお好きなユーザの皆さんという感じでしょうか。
――流れでさらりと聞いちゃいますが、現在のアクティブユーザ数はどのくらいですか?

細井氏:
軍事機密です。(笑)

――では、戻りまして(笑)、中国での「萌え」は、日本のそれと違いがありますか?

細井氏:
アジア圏における「萌え」は、日本発祥のもので、根っこは同じものであると認識しています。

中国においては、特に10代~20代の若い世代を中心に、関心を集めています。

次回予告:随所から感じ取れるこだわりについて聞く!

さて、次回はキャラ設定や声優のキャスティングなど、ソラヒメをプレイしていて気になったこだわってるのでは?という箇所に焦点を絞ってお話を伺っていきたい。こうご期待!

[catlist tags=”ソラヒメ インタビュー”]

擬人化ゲームの中でもオススメ!倍速モード実装で遊びやすさが段違いになった育成SLG「ソラヒメ -ACE VIRGIN-」

『ソラヒメ -ACE VIRGIN-』は、実在する戦闘機を擬人化したキャラを集めて育てて戦わせる育成シミュレーション。

「軍艦(嫁)集めゲーム」をリスペクトしていて、海外で人気を博していた作品が日本にも上陸した。

キャラ入手に有料ガチャは無く、稼いだ資材で「開発」・クエストでレアドロを狙うのでSLGらしくやり込めるゲーム性。

オート戦闘はアニメーションで可愛く動き、「丹下桜」「水瀬いのり」他と多数の超有名声優フルボイスが彩る。

そして新たに、「加速」での倍速モードが実装されたことで遊びやすさが大幅にアップ!これ本当にデカイ!

スマホで快適に楽しめる擬人化系として、改めて触ってみて欲しい!

ゲームをはじめる

ゲームをはじめる

シェアする