自分の巣を投稿するキャンペーンを予定!?「なめこの巣」の今後の予定とは【なめこの巣:アプリ開発陣インタビュー#5】

6年前リリースされスマートフォンにカジュアルな育成ゲームブームを巻き起こした「なめこ栽培キット」
スマホゲーム 育成ゲーム なめこ栽培キット

▲なめこの収穫が気持ちイイ「なめこ栽培キット」。

「なめこ栽培キット」以降、何かを育てて気持ちよく収穫するというゲームが次々リリース。

今ではスマホゲームの1ジャンルを形成するに至っている。

そんな「なめこ」シリーズに最新作が登場!

それが「なめこの巣」!

スマホゲーム 育成ゲーム なめこの巣

▲ゲームシステムが一変した「なめこの巣」。

「なめこの巣」はこれまでの「なめこ」を収穫するゲームとはシステムをガラッと変え、「なめこ」の生活を見守りながら巣を作っていく…という内容。

今回の見どころや魅力は何なのか!? そして何故ゲームシステムが変わったのか!?

「なめこ」ファンなら気になるポイントの数々を、「なめこの巣」開発スタッフに直撃!

開発秘話から今後の展望まで、全5回に分けてお届けしたい!!

第4回目は上手な動画広告の配置や、お得な課金方法について。そして第5回目ではSNS運用や今後の展開についてお聞きしてみた!

なめこの巣インタビューリンク:

なめこの巣 株式会社ビーワークス 開発スタッフ

▲株式会社ビーワークス「なめこの巣」企画・ディレクティング・原作イラスト担当の河合氏(左)、プロモーション・マーケティング担当の伴氏(中央)と内海氏(右)

不思議な配置のメニューアイコン!実は考え抜かれた配置だった

──ところで、メニューアイコンが右斜め上に高く配置されている様子が気になったんですが、どうしてこの配置になったんですか?

スマホゲーム 育成ゲーム なめこの巣

▲階段状のメニューアイコンが配置。

河合氏:
メニューアイコンをグループ分けして置いた結果、そうなったんです。

伴氏:
メニューアイコンの背景が全部緑なんでグループ分けしていないように見えるんですが、タテの列がグループになっています

あと、スマホで遊ぶとわかるんですが、親指の範囲に全部収まるようなっているので押しやすいですよ。

BGMからイベントまで!今後「なめこの巣」に追加されるものとは!?

──今回BGMを変更できるようになっていますが、「なめこボイルど(田崎寿子)」などの過去の楽曲はないのでしょうか?

河合氏:
容量との相談で、現在ダウンロードの機構が入っていません。

近いうちにやらないといけないなとは思っていまして、そこが叶うのであれば追加で配信したいです。

実はストックが沢山あるので、出せるのは出せるんです。

候補をたくさん作って、その中から採用して使うというスタイルで制作しているので。

──楽しみにしています!ちなみにイベントではどんな内容を予定されているんですか?

河合氏:
フレンドなどは想定していないのですが、沢山冒険に行って指定されたアイテムを集めて、その数によってご褒美がもらえる…というものを想定しています。

集めた数によってイベントのストーリーが進む…みたいな。

内海氏:
あとはイベントに伴って、限定のレアなめこが出現するようになったり…とかです。

──今後入れたいと思っている案はありますか?

河合氏:
そうですね…やらなきゃいけないことはたくさんあるんですが…(笑)

それをどう入れていくかは考えないといけないなと思っていまして。

伴氏:
社内では一通りリリースと同じように遊べるようになった段階で、お話の本筋とは関係ないお遊びの施設とか「もっとこういうのが欲しい!」という案がどんどん上がっていまして。

休憩所は既にありますが、公園やブランコなど、なめこが遊べるものがあってもいいのかな、とか。

なめこがスケボーに乗って移動していたりとかプールがあったりとか。

ラブなめこちゃんのポスターの前ではなめこが時々立ち止まって「ポッ…」ってなっていたりだとか(笑)

お昼のつぶやきから悩み相談まで!?「なめこ」のSNS運用

──ゲームから離れますが、Twitterの方も積極的に更新されていますよね?

伴氏:
なめこの公式Twitterアカウント(なめこ @nameko_nnf)ですね。

ぼく…マーケティングチームで運営しています。

なめこがなめことしてつぶやいているんですが、割と中の人がそれぞれ勝手につぶやいています

女性スタッフの時はお昼ごはんの時に「これからお昼食べよう」とか、ぼくが夜社内に残っている時にはフォロワーのお悩み相談をしたりとか…(笑)

河合氏:
仕事があって会社に残っているのにお悩み相談をやっているっていう…(笑)

──フォロワーとかなり仲良くコミュニケーションしていますが、「こういうことやっちゃだめよ」みたいなNGってのはないんですか?

伴氏:
基本的には言いたい意見とは別に、これを言ったことで「誰かが嫌な気持ちになる」ってことがないよう一回立ち止まって考えるようにしています。

エッジを効かせてしまうと炎上の危険性がありますので…。

なめこの公式として運用しているものには、TwitterとInstagram、Youtubeのチャンネル、公式サイトの「なめパラ」というブログがあります。

TwitterとInstagramにはユーザーの色というか、集まっている人の「どういう風にそのSNSに接しているか」が違っています。

Twitterだと割と時事ネタやオタクネタに寄った内容をつぶやいています。

Instagramは別の担当がやっていてタッチしていないのですが、オシャレです(笑)

Instagramの場合、宣伝的な画像を投稿してしまうとそのせいでフォロワーが減少するようで、そこは気を付けています。

画面の中にノイズのような関係のない投稿があると、そのせいでInstagramの画面が荒れてしまいブランディング的によくないので、カワイイぬいぐるみのなめこさんが出てくるというので統一させています。

河合氏:
ちょっと違うことするとすぐ人が減るんですよね。

たとえばお弁当をずっと投稿しているアカウントで、景色を投稿したりするとそれだけで人が減ってしまうらしいです。

──Instagramのフォロワーはどれくらいいるんですか?

伴氏:
6000です。

──6000!すごいですね!

伴氏:
Twitterは割と自由なんで、「バルス!」とかつぶやいたりします(笑)

──自由すぎますね(笑)プロモーションリリースにあたって行っていることはあるんですか?

伴氏:
なめこがいろんなしぐさをしているので、スクリーンショットを撮ってタイトルをつけて大喜利をしたらいいんじゃないかっていうのは社内で話をしています。

内海氏:
自分の好きな巣の状態を作ってシェアをするというキャンペーンで、「なめこの巣」のオリジナルグッズがもらえるというのを考えています。

どんなグッズが用意されているかはお楽しみです(笑)

【みんなのナイ巣】スクショ作品募集開始!
http://namepara.com/namekonosu/news/170315_153.html

このキャンペーンは、定期的にやっていきたいなと思っています。

──楽しみにしています!それでは最後に、ユーザーに向けて一言を!

河合氏:
出るので遊んでください!

内海氏:
去年の6月、5周年のタイミングで「秋に出ます」と発表しましたが、延期が続いてしまいました

お待たせして申し訳ありません。

いよいよ内容を詰めてクオリティアップしたものが出せるようになりましたので、是非楽しんでください!

まとめ:なめこワールドを最大限楽しみたくなった!

ゲーム内容はもちろんのこと、課金や動画広告といった部分、さらにはTwitterやInstagramといったSNS運用まで「楽しませる」ことが考え抜かれている「なめこ」ワールド。

このインタビューを見て興味を持った人は、是非まずは「なめこの巣」をプレイしてみてほしい

なめこ達のかわいくてゆるーい世界観が楽しませてくれるハズだ。

気に入ったら「なめこ栽培キット」やTwitter、Instagramなどもチェック

今後も様々な企画が用意されているようなので、色んな形で「なめこ」ワールドを堪能しよう!

なめこの巣インタビューリンク:

キミも自分の出てなめこの巣を作ってなめこを愛でてみない?

なめこの巣ゲームプレイレビュー

スマホゲーム 育成ゲーム なめこの巣

今度のなめこはマンション経営!?広大な巣の中にお店を建ててなめこたちと暮らす本格シミュレーション

なめこシリーズの新作は可愛いタウンシミュレーション!

「なめこの巣」は、色んななめこたちが棲む地下世界を作り上げるシミュレーションゲームだ。

なめこの生態を追い求める研究家のアナタに一通の手紙が届けられる。

差出人はなめこの男の子「タケル」。彼は立派ななめこになるために自分の巣を持つことになり、パートナーとして巣作りを手伝ってほしいと書かれていた。

なめこの巣は地下に作られており、そこに様々な施設を置いて彼らの生活を豊かにしよう。

工房では時間経過によって様々なアイテムを生成でき、地上にある掲示板では作ったアイテムをなめこたちに渡してNP(なめこポイント)を得られる。

巣には色んななめこたちを住まわすことができ、彼らをモグラの穴などの冒険先に派遣すると素材アイテムが手に入る。

これらのアイテムとNPを消費し、施設を設置したりアップグレードしたりしながらゲームを進めよう。

ゲームをはじめる

ゲームをはじめる

■公式ページ
https://namepara.com/namekonosu/

©Beeworks/SUCCESS All rights reserved

シェアする

インタビューの人気記事ランキング