精霊のモデルは社員だった?!新作スマホRPG「エグリア」の圧倒的ボリュームを体験!【エグリアインタビュー後編】

株式会社DMM.comラボより、2017年4月13日にリリースされたスマートフォン向けRPG「EGGLIA~赤いぼうしの伝説~」。

開発を担当したブラウニーズのスタッフ陣に同席いただき、ゲームを実機で触ることができる貴重な機会がいただけるということで、体験会にお邪魔してきました。

エグリア EGGLIA 津田幸治 平川洋一

今回は、グラフィック担当の津田幸治さん(写真右)と平川洋一さん(写真左)のお二人にゲームの状況と開発に関する裏話的なお話を伺いつつ、ゲームを実食!

それらの様子は前編・後編の2記事で、ところどころインタビューを交えつつ、ゲームの様子お届けしてまいります!後編となる本稿では、ゲームのバトルパートで肝となる精霊の裏話から紹介!

「EGGLIA~赤いぼうしの伝説~」の世界

物語の舞台となるのは、かつてたくさんの種族が幸せに暮らした奇跡の王国「エグリア」。

突如として王国を襲った厄災から救うため、ひとりの魔法使いは、王国をいくつものたまごの中に封じ込める。

このエグリアが閉じ込められた「ニーベルエッグ」というたまごは、住民たちとの親密度を示す「ラブリティ」をアップさせることで手に入れることができます。ニーベルエッグを開くことで、エグリアは開放されていき、ストーリーも進行していきます。

ラブリティは街の発展や家具の製作など、住民からの「お願い」を叶えることによりアップしていきます。住民たちと協力して、世界を広げていきます。

精霊のモデルはブラウニーズの社員さん?

津田:
バトルを助けてくれる精霊の中には、実は社員をモチーフにしているキャラクターもいるんです。

平川:
私達もモデルになっています。(笑)

津田:
住民は親しみやすいように様々なファンタジー作品に登場する種族も多いのですが、オリジナルの種族もいます。たとえば「くあぞー」」という種族は、弊社の社員が入社の際に描いてくれたキャラクターが元になっていて。

公式Twitterなどでは、マスコット的なキャラクターになっていたりしますね。

ーーテーマとしては世界を救うということになるのですか?
津田:
失われた世界を復興させるのが目標です。ゲーム性としては、住民を増やして街を大きくしていくというものがメインとなっています。

最初は自宅のある島しかありませんが、住民からもらったニーベルエッグを割ることでランドと呼ばれるフィールドが広がっていき、元の世界が復活するようになっています。

そして復活したフィールドにいくことで新しい住民に出会い、住民が街に来て住み始め、新たなニーベルエッグがもらえるようになるという流れになっています。

入手したニーベルエッグでワールドを開放

入手したニーベルエッグを、ワールドにて開放することでフィールド内を探索できるようになります。探索することで、新しい素材や、たまごの中に閉じ込められていた新たな住民と出会えることも。

エグリア EGGLIA フィールド


いろいろな種族がいる。みんな個性豊かなキャラクターなので、自分のお気に入りが見つかるかもしれない。

エグリア
会話の中で何かを必要としている住民も多い。願いを叶えてあげよう。

ほのぼの、でもどこか懐かしく統一されたグラフィック

ーーグラフィックの雰囲気は、みなさんが作りたいものを作ったのか、ある程度ターゲットに向けたものを想定して作ったのですか?

津田:
グラフィックは徹底して揃えて描きました。キャラクターなど総指揮をとっていた亀岡が「今回は全てまかせてくれ!」ということでディレクションを行っていましたので。

精霊も社内で描いたものを再度チェックして修正の指示を出していました。

エグリア

ーーその時皆さんにはどのような指示や、どういったものを作りたいという説明をされていたのですか?
津田:
手描きの暖かいテイストで、バトルメインではなく、街を広げていろいろな種族とその中で生活していくような空間を作りたいと言うことでした。色々なキャラクターと広場のような場所で会話するという、その世界の住民として過ごすのを楽しんでもらうという形です。

精霊はポテトを食べる?

津田:
精霊はポテトをあげることで強化することができます。

ーー精霊がポテトを食べて成長するのですか?!
津田:
ポテト…何故かポテトを食べますね。ポテトも色々と種類があるのですがなぜか全てポテトなんですね。

ーー精霊に食いしん坊のイメージがつきますね。
津田:
そうですね…料理で釣れるし、ポテトを食べて成長する精霊ってどうなんだろうと(笑)

ーーその設定はどなたが決めたのでしょうか?
津田:
すべて亀岡です。

食べてくれたら手伝ってもらう桃太郎システムというか…ポテトを育てるためにタオチンという精霊がいるのですが、そのパートを描いている時にはポテトが採れるとは思わなくて。

「イモ系の植物が採れるようにして」と指示が出た時に「イモ?」となりました(笑)なぜイモにこだわったのか僕も気になります。


精霊を成長させるためのポテトはここで手に入れよう!


時間が経てばポテトを収穫できる。ポテトによって精霊を成長させることができるぞ。

遊び尽くせない程のボリューム!

というわけで、コンシューマ畑でならしたベテランが作り込んだ世界観が本当に楽しみな本作。本稿でご紹介するのはここまでだ。

あとは実機で撮影させていただいたいくつかのスクリーンショットを置いておくので、ぜひダウンロードして楽しんでいただきたい!

エグリア

EGGLIA~赤いぼうしの伝説〜詳細

配信日 2017年4月13日
制作/パブリッシャー ブラウニーズ/DMM.com
ジャンル RPG
対応OS iOS , Android
価格 ¥1,200
公式ツイッター https://twitter.com/egglia_staff
公式サイト エグリア 公式

ゲームをはじめる

シェアする

インタビューの人気記事ランキング