釣りゲーの概念が覆る!海洋冒険RPG『フィッシュアイランド2』 制作発表という名の本マグロ解体ショーとキーマンインタビューを一挙公開

NHN ハンゲーム株式会社から2017年2月7日にリリースされるスマホゲーム「フィッシュアイランド2」のキックオフパーティーが2月3日に行われた!

そこでアプリゲット編集部では、本作のキーマンとも言えるキム・ジョンヒョン氏(NHN PixelCube)吉原雄飛氏(NHNハンゲーム)を会場でつかまえて、開発の経緯や裏話などを突撃インタビューした。

まずは、本作での大漁(大ヒット)を祈願し、和歌山漁港で水揚げされた生マグロを解体するという、前代未聞な制作発表の様子からご紹介!

フィッシュアイランド2 キックオフ

本当に釣りゲー?『フィッシュアイランド 2』とは


本作は、RPGに釣りゲームの要素を織り交ぜた海洋冒険RPGであり、釣りゲーっぽいけど釣りゲーっぽくないというコンセプトとなっている。

魚を釣るだけでなく、様々なアクションで強大な神獣(ボス)とバトルするシステムが大きな特徴で、全国のプレイヤーと4人チームを組みリアルタイムでレイドバトルに挑戦することができる。

RPG好きはもちろん、釣りゲームに馴染みのなかった方も気軽に楽しめる新感覚のゲームとなっている。

フィッシュアイランド2

装備画面の様子。攻撃力やCRT率といった表示があり、およそ釣りゲーとは思えない仕様。(いい意味)

マルチプレイも可能!強力なモンスターをみんなで倒しに行こう!

開発期間は約2年ほどかかっており、日本に向けてローカライズ作業に8か月ほどかけたという。

また現在韓国市場にあるスマホアプリは、PCゲームのようにトップ画面上にできるだけ多くのボタンやメニューを配置する傾向があるとのことで、UIも日本向けに変更する時間が必要だったようだ。

フィッシュアイランド2 アクアリウム
リリース後は、新規ステージの追加、ストーリー、レイドボス、バトルをサポートする「精霊」の進化など、多くの人が楽しめる内容をアップデートしていくとのこと。

大漁(大ヒット)を祈願した本マグロ解体ショー

フィッシュアイランド2

『フィッシュアイランド2』の成功を祈り、ケーキ入刀ならぬ、本マグロ入刀。

フィッシュアイランド2

45kgあるという本マグロを、紀州和歌山県山黒湖市場から車で直送。この鮮度で食べれることは「ありえない」そうだ。

フィッシュアイランド2

手際よくお寿司にされていく。発表会で一番フラッシュがたかれた瞬間。


銀座で同じものを食べると4~5,000円はするというお寿司。400貫以上が振る舞われ、集まった取材陣の満面の笑みの中、キックオフパーティーは幕を閉じた。

「大砲」があるってどういうこと?

冒頭で申し上げた通り、キックオフパーティーの後、製作からリリースまでの様子を開発チームとプロデューサーにインタビューした。

次回インタビュー予告

釣りゲームに初めて「大砲」を取り入れた異色のゲーム【フィッシュアイランド2インタビューその1】(2月10日公開)

「フィッシュアイランド2」を遊んでみよう!

これは釣りゲーではない!釣り上げた仲間と共に、怪物を討伐する3D海洋冒険ハンティングRPG

フィッシュアイランド2(Fish Island 2 )』は、「精霊」と呼ばれる仲間を引き連れて世界中の海を股にかける3Dフィッシングゲームの要素を詰め込んだゲーム。

巨大な怪物「神獣」が脅威であった世界、人々は釣り竿と大砲を持って船に乗り、討伐を目指した。

バトルはリズムアクション風で、現れるアイコンをタイミング良くタップ。自動攻撃してくれる精霊と協力してダメージを与える。

釣りゲーのはずだが、スクショの通りものすごい巨大な魚?と戦う?ことが多々ある。

そう、これは海洋冒険ハンティングRPGなのだ!

魚図鑑やアクアリウム、キャラ育成とやり込みも充実していて、こんなエンタメゲーム待ってた!って良作だ!

ゲームをはじめる

ゲームをはじめる

タイトル:フィッシュアイランド2

ジャンル:リズムアクションRPG

対応OS:iOS、Android(一部バージョンを除く)

プレイ料金:基本無料(一部アプリ内課金あり)

公式サイト:http://game.nhn-hangame.com/fish2/index.nhn

ゲームをはじめる

無料ゲームを探せるアプリゲットTOPへ

シェアする

インタビューの人気記事ランキング