【個人クリエイターインタビュー】アプリゲットデイリーランキング1位を3日連続で獲得した「れじぇんどクエスト」の裏側に迫る!

77
個人開発のゲームでありながら、アプリゲットでレビューを公開してから3日間、Androidデイリーランキングぶっちぎりの1位を記録したRPG『れじぇんどクエスト』

単純な操作で奥深い戦闘システムと、スキルや装備などの豊富な育成を楽しめる。

タップでコマンドを選び攻撃!キャラや装備、スキルで強化!

タップでコマンドを選び攻撃!キャラや装備、スキルで強化もできるRPG『れじぇんどクエスト』。

また、以前からリリースされている『だんじょんクエスト』『ふろんてぃあクエスト』の「クエスト」シリーズ最新作でもある。

そんな「クエスト」シリーズの制作者であるクリエイター・okstai0220氏に、開発の裏側についてインタビューさせていただきました!

-よろしくお願いします!早速ですが簡単な自己紹介をお願いします。

okstai0220氏:

サラリーマンをしながら、趣味でゲーム開発をしています。

制作は1人で行っており、グラフィックやサウンドなどのフリー素材を使用しています。

素材をご提供いただいている方々には大変お世話になっています。

従来のRPGの面白さとトレンドの融合

-「れじぇんどクエスト」を作ろうと思ったキッカケを教えてください。

okstai0220氏:

「だんじょんクエスト」「ふろんてぃあクエスト」と作ってきた流れと、これまでのゲームを踏襲しつつ、「ガチャ」を基本軸にしたゲームを構築したいと思い作成しました。

 ガチャによってプレイ間もなく超レアな装備が手に入ることも!

ガチャによってプレイ間もなく超レアな装備やスキルが手に入ることも!

-「コインで一定通貨を払って目的のものを購入する」というのがれじぇんどクエストのようなレトロチックな世界観のRPGでは一般的かと思うのですが、なぜガチャを取り入れたのですか?

okstai0220氏:

トレンドにのっかりました。(笑)これまで挑戦していなかったジャンルです。

「れじぇんどクエスト」では古くからのRPG好きには馴染みのあるコマンドバトルと、ガチャというトレンドが見事に融合している。

「れじぇんどクエスト」では古くからのRPG好きには馴染みのあるコマンドバトルと、ガチャというトレンドが見事に融合している。


だんじょんクエスト、ふろんてぃあクエストにおいても、クラスアップや装備によって習得スキルが変化するといった王道システムと、タップで消して攻撃するパズル要素を取り入れたスマホRPGらしいシステムの2つが備わっている。

過去作品「だんじょんクエスト」「ふろんてぃあクエスト」においても、クラスアップや装備によって習得スキルが変化するといった王道システムと、タップで消して攻撃するパズル要素を取り入れたスマホRPGらしいシステムの2つが上手く兼ね備えられている。

-なるほど。(笑)新旧RPGの面白い部分が上手く融合していて逆に斬新さを感じました!開発にあたった期間はどれくらいでしょうか?

okstai0220氏:

約4か月です。


それでは「れじぇんどクエスト」制作時に最もこだわった点、苦労した点はどんなところですか?

okstai0220氏:

戦略性とシンプルさを両方持ったシステムの構築には、引き続き苦労しています。

「敵⇔プレイヤーの武器・スキル」との相性に比重を置いて、種類も豊富にすることで戦略性を高くしています。

シンプルさでは、バトルにおいてアクションやパズル、運の要素をなるべく省き、敵の弱点をつけばとにかく勝てるようにしました。

キャラの職業や武器・スキルによってどの敵に効くかが変わってくる。

キャラの職業や武器・スキルによってどの敵に効くかが変わってくる。操作はタップで攻撃コマンドを選択するだけというお手軽さ。

-たしかに「れじぇんどクエスト」では武器もスキルもかなりの種類が登場しますね。具体的にはそれぞれ何種類くらい用意されているのでしょうか?

okstai0220氏:

武器とスキルは120種程度、職業は10種で、今後も増やしていく予定です。

一見弱くても、一芸に秀でた職業やスキルがプレイヤーの戦略によって活躍する場面を作りだしていきたいと考えて制作しています。

キャラごとはもちろん、装備品のレベルも上げることが可能。

キャラごとはもちろん、装備品のレベルも上げることが可能。

王道な世界観を貫く!

-「れじぇんどクエスト」「だんじょんクエスト」「ふろんてぃあクエスト」ともに世界観やパーティ編成、スキルや武器の装備といったゲームシステムなど、古き良きJRPGの雰囲気がありますね。

okstai0220氏:

SFC時代と、「ドラゴンクエスト」「ファイナルファンタジー」「ファイアーエムブレム」「ファンタシースター」など、その時代が生み出したゲームの世界観が大好きだからです。ひねらずど直球を貫いていこうと努力しています。

左から「れじぇんどクエスト」、「ふろんてぃあクエスト」、「だんじょんクエスト」の世界マップ。

左から「れじぇんどクエスト」、「ふろんてぃあクエスト」、「だんじょんクエスト」の世界マップ。スーファミ世代にはたまらない!


-マップやダンジョン名などもSFC世代にはドストライクな世界観で楽しいです!ダンジョン名などはどういったアイディアで考えられているのでしょうか?

okstai0220氏:

全てのシリーズを通して一つの世界設定があります。特にメインにせず、表にも出す予定はないですが、ネタを作る上での軸にしています。

-そうなんですね!ということは3シリーズとも同じ世界で繰り広げられているということでしょうか?

okstai0220氏:

厳密な設定ではないのですが、一つの世界で、各ゲームごと時代を超えてつながっています。神、悪魔、人、魔物等々という概念は全て存在した世界です。

メインはダンジョンバトルだが「れじぇんどクエスト」にはストーリーもある。

メインはダンジョンバトルだが「れじぇんどクエスト」にはストーリーもある。

-同じ世界だということを知りながらプレイするとより楽しみが膨らみそうです!

現在3作リリースされている「クエスト」シリーズですが、それぞれどのような変遷や違いがあるのでしょうか?

okstai0220氏:

「だんじょんクエスト」は初めて作成したスマホゲームであり、自分の作りたい世界観をそのままぶつけました。

「ふろんてぃあクエスト」はだんじょんクエストを進化させたバージョンを作り、「れじぇんどクエスト」は前作2本を踏襲しつつ、ガチャやコマンド戦略など、新しいシステムにもチャレンジしています。

丁寧なバージョンアップでも生まれるやりこみ要素

-3作品ともリリース後も都度しっかりとバージョンアップされている印象があります!

okstai0220氏:

バージョンアップは1~2週間に1回程度行っています。ユーザー様の意見に気づかされることがとても多く、当初のコンセプトをずらさない程度に、改善を重ねています。

各シリーズごとに攻略wikiがあり、ユーザー同士情報共有が活発に行われている。やり込み要素の強いシステム、バージョンアップによるクエストの追加があるからこその賑わいだ。

各シリーズごとに攻略wikiがあり、ユーザー同士情報共有が活発に行われている。やり込み要素の強いシステム、バージョンアップによるクエストの追加があるからこその賑わいだ。

次回作の予定は?

-次回作の予定はありますか?

具体的にはまだ考えていませんが、何か作り続けていきたいという思いは常に持っています。

バージョンアップは引き続き改善とイベントを中心に行っていく予定です。

-最後に、今後のゲーム開発の構想について教えてください。

自分の好きな世界観を、ゲームという形で表現し続けたいと思います。

-「クエスト」シリーズの続編があることを期待しています!今回はありがとうございました!

元来のRPGのついやり込んでしまうような要素や世界観は徹底して守りつつ、

最近のスマホゲームならではのシステムを取り入れ、SFC世代も、若い世代も誰もがカジュアルに楽しめるRPGになっていました!

まだプレイしていない方はコチラのレビューからDLしよう!

・『れじぇんどクエスト』レビュー
・『ふろんてぃあクエスト』レビュー
・『だんじょんクエスト』レビュー

ライター: 編集部

シェアする

スポンサーリンク