【FGO】伝承地底世界アガルタに連れていきたい女性サーヴァント 雑兵掃討編

2017年6月29日から満を持して配信された1.5部「伝承地底世界アガルタ アガルタの女」。この章では、メインクエストクリア時の絆ポイントにボーナスのつくサーヴァントも沢山います。できればその恩恵に与れるサーヴァントを連れていきたいところですが、気になるのはボスや雑兵を含めた全体的な敵の構成。
そこで、今回は数多の女性サーヴァントの中から特に「アガルタ」の雑魚敵相手にオススメできるサーヴァントをご紹介します!
ボス編はこちら

アガルタにオススメ 女性サーヴァント編成画面

雑兵にはライダー、アサシン、セイバー、ランサーがとても多い

「アガルタ」においては、ほとんどの敵はいくつかの勢力に属します。7章バビロニアのように1つの勢力から様々なクラスの敵が出てくることもありますが、今回はどちらかと言えば1章オルレアンのワイバーンなどと似て、各勢力のクラスはほぼ統一されています。
一度に3クラス~4クラスなど複雑な編成で出てくるパターンは見られず、ほとんどが1つか2つ。また、既に挑んでいる方はご存知のことと思いますが、クエストの進度によってどのクラスが出てくるかもわかりやすいのが特徴です。乱戦は非常に少ない、とも言えますね。

序盤と終盤で会敵するのはセイバー、ランサー

勢力の1つに属するエネミーで、セイバーとランサーの混合編成での会敵がしばしばみられます。比重としてはランサーの方が多くHPも多め。全体宝具のセイバーと単体宝具のセイバー1騎ずついるとスムーズでしょう。
敵のセイバーはランサーと比べて3分の1ほどの数しか出てこないことが多いので、無理にアーチャーを編成しなくとも構いません。ランサーに有利を取られてうっかり事故死、ということもあり得ます。
序盤、終盤で能力に大きな違いはありません。しかし終盤は強力なバーサーカークラスが加わることもあるため、単体宝具の高火力サーヴァントがより重要になってくるでしょう。

次に遭遇するのはライダー

こちらは非常に単純な編成で出てきます。ある程度クエストが進んでこの勢力圏内に入ると、ほぼライダー一色です。エネミーは女性ばかりなので、ここでは女性ライダーキラーのジャック・ザ・リッパーが八面六臂の活躍を見せるでしょう。
しかし敵方がこちらのスターを吸収する「ちょろまかし」というスキルを使用してきます。クリティカル編成にする場合は多少注意が必要になるでしょう。

中盤では硬いアサシンが多く出現

こちらも非常にわかりやすいアサシンのみの編成がほとんどですが、前述のライダーよりも防御面に優れているのが特徴。攻撃面においてもクリティカルが出やすく、チャージアタックではこちらの強化を解除してから攻撃を加えてくるため回避や無敵が効きません。
全体宝具のキャスターかバーサーカーなどで一気に片を付けたいところです。
ターゲット集中付与&攻撃力アップのスキルもあり、1騎を集中して狙われると1ターンで戦闘不能まで追い込まれることも。

アガルタにオススメの女性サーヴァントたち

では、上記の敵編成を鑑みて、雑兵を相手取る場合にはどのサーヴァントがオススメなのかを実際に見ていきましょう。

セイバー、ランサー相手には両儀式〔セイバー〕

敵セイバーには有利を取れませんが、この雑兵たちには即死が通りやすいのです。よって、全体宝具で即死付与効果を持つ両儀式〔セイバー〕はクラス相性を超えた掃討力を発揮します。ランサー相手には何もせずとも有利を取れるため、火力はお墨付き。
長期戦になってもスキル「陰陽魚」で自己回復が可能。ぞろぞろと出てくる雑魚をサラリと両儀の狭間へ消し去ってくれます。

同じArts宝具で単体を対象に取るサーヴァントで、ネロ・クラウディウス〔ブライド〕がいます。彼女と組ませればコマンドカードの相性もよく、単体と全体で宝具のバランスも良いですね。

ライダーならジャック・ザ・リッパーとカーミラ

ある場面まで進行して以降、出てくるライダーは全員女性。となると当然名前の挙がるのがジャックとカーミラです。ジャックは宝具前の付加効果で、カーミラは宝具そのものの効果で〔女性〕特攻が入ります。ライダー相手なのでクラス相性も◎。
しかしどちらも単体宝具というのが雑兵を相手取るには若干向いていません。全体宝具のアサシンであるスカサハ〔アサシン〕やクレオパトラがいるとよりスムーズでしょう。
ジャックとカーミラは雑魚を片付けつつ、首級に特に強く出て行ける切り札として運用するのがオススメ。カーミラはチャージを減らし防御力をダウンさせるスキル群を保持しているため、長期戦になりやすいボス戦でも力を発揮します。

硬いアサシンにはバスター宝具の三蔵もアリ

中盤で出てくるアサシンたちは、数こそさほど多くは出てきませんがHPが高く攻防に優れた難敵。全体宝具では今一つ倒しきれないことも多く、またクラスがアサシンのためチャージアタックも3ターンとスパンが短いところが厄介です。
全体宝具で回転率が良いのはナーサリー・ライムやエレナ・ブラヴァツキー。この2騎で宝具チェインを組むのも一つの手です。1体1体を確実に速く仕留めていくスタイルならば、玄奘三蔵がオススメ。単体バスター宝具に加え、スキル「三蔵の教え」でNP獲得量をアップし、「高速読経」でNP大幅チャージ&宝具威力アップと高い火力・宝具回転力を実現します。
キャスタークラスの攻撃力下降補正で極大ダメージは出しにくいのですが、雑魚敵を片付けるには十分すぎるほど。全体宝具のキャスターと玄奘三蔵で組めば、さほど苦戦せずに倒しきれるでしょう。

まとめ

アガルタで手に入る絆ポイントは元々多く、加えてボーナス有りとなると3,000を超えます。是非ともこのチャンスを逃さずに絆レベルを上げておきたいところ。カルデアには多くの女性サーヴァントが集まっていて、普段はあまり連れ出されない者もいるはず。これを機に、久々に戦場で力を借りてみてはいかがでしょうか。

ライター: 編集部

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

新着コメント

  1. 2017年7月2日 10:41 PM

    アサシン相手にはニトクリスの全体即死宝具も便利でしたよ。
    NPチャージすぎる持ちですし。

スポンサーリンク