レプリカ(Replica)

レプリカ(Replica)

パブリッシャー Zero Rock Entertainment

ジャンル マルチエンディング脱出ゲーム

価格 Android:220円 iOS:250円

SNSを監視しろ。当局の指示に従い、監視社会でスマホをハッキングするディストピア・アドベンチャー

ダウンロード(Android) ダウンロード(iPhone)

レプリカ(Replica)

スマホを模した画面。でもドット絵。不思議な雰囲気。

監視社会で携帯をハッキングするディストピア・アドベンチャー

「レプリカ(Replica)」は携帯電話とソーシャルメディアを題材にしたインタラクティブ・アドベンチャー

政府機関に強要され、携帯電話の持ち主のアカウントをハッキングし、メールやソーシャルメディアの記録を覗き見て、テロ容疑の証拠を探すのがあなたの使命だ。

他人の携帯電話の中を覗きみる行為が、あなたを最高の愛国者にしてくれる…。そら恐ろしいゲームだぜ。

スマホを操作し、個人情報(とテロの証拠)をあばきだせ

レプリカ(Replica)

あ、チェ・ゲバラのTシャツだ。これもいつか着れなくなる日が来るかもな。

TwitterやFacebook風のSNSやメールなど、スマホをいじって持ち主の個人情報を収集していく脱出ゲーム風のアドベンチャー。

実際のスマホを操作するように謎を解いていく。ドット絵や陰鬱なピアノのBGMも雰囲気がよくてオススメ。びっくりするほどディストピア。

「レプリカ(Replica)」の特徴は背筋がゾッとする監視社会の描き方

レプリカ(Replica)

フェイスブック風のSNSで批判的な事をいってないか証拠を集めろ。

ソーシャルメディアアカウントのIDやパスワードを割り出して「テロリスト容疑の捜査」を進めていく。このリアルさがじわじわ怖く、だからこそ面白い。

監視社会でテロリストを探し出すアドベンチャーには「Orwell: Keeping an Eye on You」というゲームもあったが、たかがゲームと笑えない空気がもう現代の社会では漂ってきている。

当局の命令に従うかどうかはあなた次第

レプリカ(Replica)

警察に電話すると当局に怒られる。よくできてる〜。

当局の指示に従えばすみやかにエンディングを見ることが出来るかもしれない。だがそこからが本番なのだ。

マルチエンディングになっており、プレイヤーの行動によって物語が大きく変化していく。色んなエンディングを見つける楽しみがデカい。

ただ、名前を調べろと言われて、連絡帳アプリからしか実績解除できなかったりと結構ポンコツな主人公のようだ。あと、このひと、パスワードを誕生日にしすぎ!苦笑

ゲームの流れ

レプリカ ( Replica )

まずはパスワードを突破しろ。

心配してかけてくるメッセージに注目だ。この持ち主は、誕生日が近いらしい。

レプリカ(Replica)

メッセージから持ち主の年齢を暴き出せ。

というわけで「17回目の誕生日」をタッチして物語を進めていく。

レプリカ(Replica)

韓国の個人インディーゲーム開発者Somi氏が手掛け、多くのアワードを受賞した一作。

このひとは「ザウェイク」も面白かったので注目しておりましたわ。

レプリカ(Replica)

リアルなUIやSNSの発言、じわじわとホラーめいてくる演出は「マヂヤミ彼女」にも通じるものがあるね…。笑えない世の中になってきたよ。

ミュージックからBGMを変更できたりとか作りが細かい。

レプリカ(Replica)

写真からはメモのように撮影した場所などが確認できる。カメラロール少ないね。

個人情報を暴いていく過程が面白いとは、なんとも罪深いつくりのゲームだ。

「レプリカ(Replica)」の序盤攻略のコツ

レプリカ(Replica)

まずはTODOをチェックし、当局の言うことを聞くのがベタなエンディングへの道。

まずはパスコードを突破だ。この持ち主はリテラシーが低いので誕生日なんぞに設定している。愚かな。

連絡帳アプリから父や母、恋人の名前などを発見したらFacebook風の「Like」のパスワードを突破だ。

IDを確認したらパスワードを忘れたふりでTwiter風の「Follow」にログインだ。皆さんも個人情報の扱いには気をつけよう。

12個のマルチエンディングを暴き出せ

レプリカ(Replica)

真実にたどり着いて…ください…。

周回を重ねる度に機能が増えていくので、まずは手探りでも(普通か…?)エンディングを迎えるのがいいだろう。

電話に出る、出ない、位置情報をオン・オフにするなどで結末は変わっていくだろう。そしてこの謎めいた暗号を解き明かしてくれ…。希望のために。