Zombie Virus-Strike

Zombie Virus-Strike

パブリッシャー Fun+++

ジャンル TPS

価格 基本プレイ無料

ゾンビ死すべし。ピクセルアート風3Dシューティング!武器を切り替え、人類の最終防衛ラインを死守せよ!

ダウンロード(Android) ダウンロード(iPhone)

zombie-virus-strike_01

ゾンビを倒す王道TPS。ストーリーも収録!

ゾンビ死すべし!荒廃世界で生き残れ!

「Zombie Virus-Strike」は、ピクセルアート風3D世界でゾンビと戦うシューティングゲームだ。

退役軍人となったプレイヤーは、人類最後の希望となるべく過酷な世界を生き抜くことになる。

多彩な操作キャラや武器を切り替え、ストーリーモードを進めて様々なシチュエーションでゾンビを倒していこう。

ミッションを達成する本格TPS!

zombie-virus-strike_02

メインとサブ、2つの武器を持ってゾンビを殲滅!

各ステージでは俯瞰視点でキャラを動かし、ゾンビの殲滅や電波タワーの防衛、物資の回収といった目的を達成していく。

メインとサブの銃器手榴弾2個(毎ステージごとに2個使用可)、走るなどのアクションを駆使し、襲い来るゾンビを撃退しよう。

ステージには時間の概念があり、夕方から夜に変わると視界が黒く塗りつぶされる。電池ゲージのある懐中電灯を使い、明かりを灯してゾンビに対処しよう。

Zombie Virus-Strikeの特徴はキャラと武器の入手しやすさとボリューム感

zombie-virus-strike_04

サバイバルモードなどコンテンツも豊富。

はびこるゾンビを銃器で倒しまくる王道のTPSになっていて、ただステージをクリアするだけでなくストーリーも収録されている。

キャラや銃器についても豊富に揃っていて、ゲームの進行で得られる物が多い

プレイスタイルに合わせてキャラをカスタマイズし、ストーリーやサバイバル、防御といった複数のモードに挑戦するなど、ボリュームもしっかり感じられるゲームだった。

キャラ、装備品、武器を切り替えてカスタマイズ!

zombie-virus-strike_05

一部を除いて武器やキャラはゲームの進行で購入可。ダイヤも集めやすい。

ステージには操作キャラとメインウエポン、サブウエポンを選択して持っていくことができる。

キャラには帽子や服といったアイテムを装備でき、銃器についても資金でアップグレードを行える。

キャラや銃器はゲーム内で特定の条件を満たしたり、ダイヤを消費したりすると入手が可能。

ダイヤはステージの初回クリア報酬やミッションの達成などで得られるようになっている。

ゲームの流れ

zombie-virus-strike_07

メインとなるストーリーモードは時間経過で回復するスタミナを消費して挑戦する。

初回星3クリア時にはダイヤも獲得できる。

zombie-virus-strike_08

一部のステージではアドベンチャーパートが挿入される。

退役軍人の主人公がゾンビがはびこる世界で生存を目指す物語が描かれている。

zombie-virus-strike_09

ステージの最初に星3評価を獲るためのミッション内容が一定時間表示される。

これとクリア条件をよく見て達成を目指そう。

zombie-virus-strike_10

ステージ上での操作はゲームパッドで行う。

画面左には移動スティック、右側には長押ししてショットの方向を定めるボタンがあり、その周りに武器の切り替えや走るボタンがある。

zombie-virus-strike_11

ステージには昼夜の概念があり、夜は視界がほぼ遮られる。

懐中電灯を使って視界を確保し、次々と襲ってくるゾンビを倒そう。

Zombie Virus-Strikeの序盤攻略のコツ

zombie-virus-strike_12

ストーリーを進めてダイヤを収集していこう。

序盤はひたすらストーリーモードを進めてダイヤを回収していく。

その過程で各種ミッションを達成でき、新たなキャラや武器も獲得できるので、付け替えて自身のプレイスタイルと合うのか確かめよう。

また、メイン画面左下にあるFacebookなどのメニューを確認するとダイヤを700個ほど得られるので、最初に獲得しておきたい。

ダイヤ2倍ボーナスを利用すると特殊キャラを入手可!

zombie-virus-strike_13

スーパーモデルなのでステータスはイマイチ。

ステージクリア時に広告動画を視聴すると報酬が2倍になるボーナス機能が搭載されている。

単純にダイヤの収集量が増えるほか、20回動画を視ると特殊キャラがアンロックされる。煩わしさを感じない人は挑戦してみよう。