Exit the Gungeon(エグジット・ザ・ガンジョン)

Exit the Gungeon(エグジット・ザ・ガンジョン)

パブリッシャー Devolver

ジャンル 弾幕シューティング

価格 AppleArcade (月額600円 初月無料)

無敵の回避アクションで弾幕回避!オートショットで敵を倒せ!爽快感が魅力のアクションシューティング

ダウンロード(iPhone)

Exit the Gungeonのレビュー画像

崩壊するガンジョンからエレベーターで脱出!弾幕を回避しつつ敵を迎え撃て。

常に変化する武器を使いこなし弾幕と敵を迎え撃つアクションシューティング

「Exit the Gungeon(エグジット・ザ・ガンジョン)」は、PCや家庭用ゲーム機向けにリリースされているローグライク・シューティング「Enter the Gungeon (エンター・ザ・ガンジョン)」の続編となるアクションシューティング。

見下ろし型だった前作に対し、今作はサイドビュー。Exit=出口という名の通り、前作で入ったダンジョンから脱出を目指すことになる。

主人公の武器は、プレイに応じて変化し続けると、弾幕をかいくぐるための回避アクション・ドッジロール

爽快アクションユーモアあふれる世界観が魅力となっている。

画面左スワイプで移動!右側フリックでドッジロール

Exit the Gungeonのレビュー画像

こんな状況でも上方向へドッジロールすればノーダメージで回避できるぞ。

操作のメインは移動ドッジロール

移動は画面左側スワイプで行える。ドッジロールを出すには、画面右側をフリックしよう。

ショットは自動的に発射される。敵のターゲッティングもオートだぞ。

ドッジロール中はショットが撃てないので、攻撃したい時は移動メイン。一方、ドッジロール中は無敵になるため、敵が弾幕を放ってきたらドッジロールを活用しよう。

AppleArcadeでお得!でも前作が気になる…

Exit the Gungeonのレビュー画像

AppleArcadeなので、追加課金ナシ。アイテ購入はゲーム中獲得する弾丸で。

本作はAppleArcade作品として提供されているため、他のゲームとまとめてお得に楽しめる点が魅力。

ただ、前作である「Enter the Gungeon 」はスマホ向けに提供されていない。本作の中では、前作の出来事について触れている部分もあるため、これはかなり残念…。

シリーズ通してプレイする場合、PC(Steam)やニンテンドーSwitch、プレイステーションストアなどで購入する必要があるぞ。

ただ、本作単独でもバッチリ面白いため、AppleArcadeに加入しているならダウンロードする価値は十分。本作目当てでAppleArcadeへ加入したとしても、価格的に元が取れる内容だと思う。

「Exit the Gungeon」の魅力は爽快アクションとあふれるユーモア

Exit the Gungeonのレビュー画像

オートショットで高性能なドッジロールで弾幕回避と攻撃が簡単に両立できる。爽快!

画面にあふれる弾幕のビジュアルから、本作に難しいという印象を持った人もいるかもしれない。けど、実際プレイすると難しさより爽快感を強く感じるだろう。

というのも、回避アクション・ドッジロールが高性能。何せ無敵!しかも、ショットがオートなので、ドッジロールだけに集中できる。

その上、どうしても弾幕を避けられないという時のために、すべての弾幕を消し去るブランク」なんてアイテムも。

プレイヤー側の性能が高いため、爽快感をバッチリ味わえるのだ。

破壊が美しい!丁寧なドットアニメーション

Exit the Gungeonのレビュー画像

どのエフェクトも非常に丁寧に作られていて、美しい。撃つのも壊すのも気持ちイイ!

また、丁寧なドットアニメーションも、本作の爽快感を高めている。

主人公の攻撃エフェクト、敵の弾幕、敵を倒した時のエフェクト…。大量のドットが散らばっていくアニメーションが非常に美しい。

だからこそ、何かを破壊した時に気持ちイイ!ガンガン撃ってガンガンぶっ壊したjくなる。これはクセになるぜ。

ユーモア溢れるセリフたち!先が気になる世界観

Exit the Gungeonのレビュー画像

ただの無能と称されるボスキャラ。セリフに込められたユーモアが楽しい。

また、ひとつひとつのセリフも本作の魅力。セリフの中の単語が細かく色分けされていて、しかもそれがネタになっている。

セリフに込められたユーモアを通じて、キャラクターの性格世界観を演出している点も見事。

シューティングの爽快感は確かに魅力なのだけど、それだけでは繰り返している内にどうしても飽きが来るもの。

でも、本作は世界観が魅力的なので、飽きにくい。先が気になってついついプレイしてしまうぜ…。

ゲームの流れ

Exit the Gungeonのレビュー画像

初回プレイ時はチュートリアルで操作方法を学ぼう。操作方法を学べるだけでなく、セリフがとても面白い。

武器を持って「まあまあ危険」というセンスがイイ。

Exit the Gungeonのレビュー画像

チュートリアルを終えたらいよいよガンジョン脱出へ!エレベーターへ乗って地上を目指そう。

エレベーターなのでスクロールは自動。ただ、ドッジロールを使ってエレベーター内のフロアや天井に乗ることができるぞ。

Exit the Gungeonのレビュー画像

ある程度上昇すると、ショップへ突入。獲得した弾丸を消費して、HPであるハートや、弾幕を消せるブランクの補充が行えるぞ。

また、ショップ下のフロアにある扉から小部屋に入れば、宝箱のゲットや仲間の救出ができる。

Exit the Gungeonのレビュー画像

仲間を救出するためには、ショップにいるネズミからカギを買う必要がある。というか、仲間を閉じ込めたのもそのネズミらしい。悔しいが、カギを買わなければ助けられない。

仲間を助けることで、スタート地点の施設が解放されるなど、様々な恩恵が得られる。

Exit the Gungeonのレビュー画像

さらにエレベーターが上昇すると、ボスが出現!ボスの攻撃は強力で、しかも硬い。気合を入れて戦おう。

ボスを倒すと、別のエレベーターに乗り換えてさらに上昇。はたして脱出はかなうのか…?

「Exit the Gungeon」の序盤攻略のコツはドッジロールメインの立ち回り

Exit the Gungeonのレビュー画像

ハートがゼロになるとゲームオーバー。攻略のコツはドッジロールにあるぞ。

攻略の上でポイントとなるのが、敵を撃つこと…ではなく、弾幕を避けること。

本作では手持ちの銃がころころ変化してしまう。だから、戦略的に攻撃することは難しい。

なので、ドッジロールこそが立ち回りのメインといえる。

弾幕に備えろ!敵とタイミングの見極め

Exit the Gungeonのレビュー画像

ドッジロールのコツは、弾幕タイミングを掴むこと。弾を撃ってくる敵を見極めよう。

ドッジロールを使う上で意識したいのが、弾幕を放つ敵と、弾幕の発射タイミング

どの敵がどんな弾幕をいつ撃つのか押さえておけば、ドッジロールのために備えることができる。

ドッジロールを突発的に繰り出すのは難しい。しかし、備えていれば難易度は大きく下がる。これでグッと被弾しにくくなるだろう。

銃に応じて立ち回り!銃の性格を覚えよう

Exit the Gungeonのレビュー画像

発射間隔が長く連発できない銃に切り替わったら、敵から逃げることが重要だぞ。

安定してドッジロールを出せるようになったら、銃ごとの立ち回りを覚えよう。

まず注目したいのは弾の発射間隔。攻撃力が高くとも弾の発射間隔が長いと、複数の敵に囲まれた時に追い詰められてしまう。一方、発射間隔が短ければ、複数の敵に囲まれても追い詰められることは少ない。

なので、武器の発射間隔を覚え、発射間隔が長い武器を手に入れた時は、敵から逃げるように立ち回るのがオススメだぞ。