つぐのひ〜昭和からの呼び声〜

つぐのひ〜昭和からの呼び声〜

パブリッシャー ImCyan(アイムシアン)

ジャンル ホラーノベルゲーム

価格 基本プレイ無料

令和の夏に「昭和」からの呼び声が!熱い日の背筋を凍らせるホラーADV!

ブラウザで遊ぶ

つぐのひ〜昭和からの呼び声〜

相変わらずのホラー演出で、今年の夏も震え上がらせてもらおう。

人気ホラー「つぐのひ」シリーズ2020年夏版!今年は日常が「昭和」に逆行する!

「つぐのひ〜昭和からの呼び声〜」は、人気ホラーADV「つぐのひ」シリーズの2020年夏版

令和の夏に「昭和」からの呼び声が響く、日常侵食系ホラーの最新作が登場だ。

日一日と変化していく恐ろしい背景と、背筋も凍るようなホラー演出が今回もあなたを震え上がらせるぞ。

田舎の風景が逆行し、過ぎ去ったはずの「昭和」という時代に引き戻される!

※本タイトルはブラウザゲームで、推奨環境(推奨ブラウザ)はChrome、Firefox、Safari(iOS版・iOS9.1以上)です。

ブラウザで遊ぶ

進むごとに日常が侵食されていく日本のホラー!

つぐのひ〜昭和からの呼び声〜

歩みを進めると、日常は恐怖に塗り替えられていく。

本タイトルは見ているだけで楽しめる作品で、操作は画面の左側をタップするだけの簡単なモノ。

タップまたは長押しすることで主人公の少女は、目的地ではる祖母の家の食卓に近づいていく。

序盤は小さな変化程度だが、日一日と周囲の景色が変化してじわじわと日常が侵食されていく感じは正に日本のホラーだ。

あと戻りはできないので、結末に向かって歩むしかないのが怖すぎ。

時代を逆行していくグラフィック!SEやシチュエーションなど演出を楽しめ!

つぐのひ〜昭和からの呼び声〜

ポストの形状が・・・若い人にはわからない変化かも。

シリーズ通して演出面が素晴らしく、本気で怖がらせに来ている。

長押しでスムーズに進むストーリーを楽しむのもありだが、一歩一歩変化を楽しむの方が圧倒的に怖くていい。

田舎の風景として一般的な感じの見た目から、少しずつ時代を逆行していく背景は特に必見だ。

もちろん、SEボイスなどシチュエーションに合わせた演出が今回もあまりに秀逸。

「つぐのひ〜昭和からの呼び声〜」の魅力は、「昭和」への逆行の演出!そしていつも通りのホラー感!

つぐのひ〜昭和からの呼び声〜

閉店していたはずの商店が開いている。時間は逆行していく。

本タイトルはこれまで通りに日常侵食系ではあるものの、趣としては田舎の風景が「過去(昭和)」に侵食されていく感じだ。

閉店していた商店が復活していたり、その店頭に並ぶ商品がより古いものになっていくなど、最終的には戦時中の施設も登場してくる。

ある意味、昭和の時代を知る参考にもなる面白いつくり。時間を逆行していく絶望感・・・けっこう心にクるものがあるね。

リアルなキャラクター&背景グラフィック!田舎の日常風景が侵食されていく見せ方が秀逸!

つぐのひ〜昭和からの呼び声〜

小物も人物もみんなリアルな描写。細かいところまで見てみよう。

今ではなかなか見れない田舎の風景だが、実はコレかなりリアルに描かれている。

金属製の看板黒電話など、昭和時代の物品がしっかりと描かれているのが素晴らしい。

しかも背景からキャラクターまでが、リアルなタッチで描写されていて雰囲気にのめり込めるぞ。

ちなみに序盤に主人公がガラケーを使っていて、そこから電話ボックスも古いモノへモデルが変わっていく描き方などなかなか細かくて必見だ。

的確なタイミングで恐怖へ誘導するSEやボイス!これも当然ヘッドフォン推奨ホラーだ!

つぐのひ〜昭和からの呼び声〜

絶妙すぎるホラー演出のタイミング。構えててもビクッとなる。

シリーズ通してSEボイスを使った恐怖演出もスゴイのが魅力。

本作の後半は特に繰り返しのボイスによるホラー感はすさまじいものがあり、是非ともヘッドフォンでのプレイを推奨したい。

ゲームの流れ

つぐのひ〜昭和からの呼び声〜

かなり昭和の雰囲気の残る田舎。

祖母の家に泊るコトとなった少女はこれから・・・。

つぐのひ〜昭和からの呼び声〜

ごめん、おばあちゃんに驚いたよ。

もう、このリアルな雰囲気はたまらないものがある。

つぐのひ〜昭和からの呼び声〜

その日の食卓には、見知らぬ女の子が。

彼女はいったい誰なんだろう。

つぐのひ〜昭和からの呼び声〜

日が進むと死んだはずの祖父の姿も!?

背景も時代に逆行し、日常が侵食されていく。

つぐのひ〜昭和からの呼び声〜

そして、つぐのひ・・・。

この後、少女はどうなるのか。後戻りの許されない結末が―――。

「つぐのひ〜昭和からの呼び声〜」の序盤攻略のコツ

つぐのひ〜昭和からの呼び声〜

序盤からこの鏡の存在も見逃せない。よく見ておこう。

本タイトルはゲーム性は皆無なので、攻略というものには縁がない。

ただただ、ホラー演出を愉しんでいくのが本質となる。

なので、怖くても一歩一歩なにが変化しているのか、画面の隅々まで見逃さないようにプレイするのがコツと言えるだろう。

見逃がしがちなのが、主人公の背中付近の演出。じっくり観察していくんだ。

エンディング後にもう一度プレイしてみよう!

つぐのひ〜昭和からの呼び声〜

とにかくもう一回。怖くても進んでみるんだ。

1回のプレイでしっかりと怖がらせてくれる作品だが、本作はエンディング後に微妙に演出が加わった2周目が存在する。

前のプレイの余韻を残したまま、もう1周遊んでみてほしい。

ブラウザで遊ぶ