デッキアドベンチャー ワイルドアリーナ

デッキアドベンチャー ワイルドアリーナ

パブリッシャー Sparkling Society - Build a Town, City, Village

ジャンル リアルタイムバトルRPG

価格 基本プレイ無料

野生の王国を冒険するリアルタイムカードバトルRPG!動物たちを強化しながらテンポアップしたバトルに挑戦

ダウンロード(Android) ダウンロード(iPhone)

deck-adventures_01

野生の王国が舞台のリアルタイムバトルRPG。

動物カードを場に出すカードバトルRPG!

「デッキアドベンチャー ワイルドアリーナ」は、野生の王国を冒険するリアルタイムカードバトルRPGだ。

カードバトルのルールにターン制ではなくリアルタイム要素を導入!

バトルの報酬でカードを集め、動物たちを強化しながら野生の王国を冒険していこう。

動物たちが大活躍!リアルタイムカードバトル!

deck-adventures_02

徐々にチャージされるコストを消費してリアルタイムでカードを場に出す。

メインとなるキャンペーンモードでは、ステージを選択するとバトルに発展する。

画面下にあるエネルギーが徐々に溜まっていくので、それを消費して動物カードを場に召喚しよう。

動物は一定の間隔で正面にいる敵や相手プレイヤーにダメージを与える

カードごとの特殊効果も利用し、相手のライフを0にして勝利を目指せ。

デッキアドベンチャー ワイルドアリーナの特徴は分かりやすいルールとカードの入手しやすさ

deck-adventures_04

雪原や森林など多数のステージを冒険し、バトルに挑もう。

ターン制ではなくリアルタイムでキャラカードを場に出し、一定の間隔で攻撃する動物たちを見守りつつ次のカードを出す準備をしていく。

フィールドに置いた瞬間から攻撃する速攻カードや攻撃間隔の短いカードなど、個々に特性があり、それを考慮したデッキを組める。

同カードを集めてアップグレードする育成要素があり、カード自体もステージクリアでパックを入手できるため、集めやすくなっていた。

ただ、序盤は強いカードを場に出せばそのまま敵を倒せてしまうため戦略性が薄く、カードパックについても開放するために数時間かかるため、毎回待たなければならないのは面倒だった。

スキルが付与された動物カードを収集&育成!

deck-adventures_05

動物カードを入手してアップグレードしよう。

動物カードには攻撃力やライフ、攻撃までのクールタイム、コストが設定されている。

一部の動物には速攻などの効果が付与されていて、ステータスや効果などを見比べてデッキを編成しよう。

同じカードを複数枚集め、資金を消費することで攻撃力とライフを強化することができる。

ゲームの流れ

deck-adventures_07

まずはソロで遊べるキャンペーンモードに挑戦する。

バトル自体はスタミナ等の制限なく挑める。

deck-adventures_08

バトルでは画面下にあるエネルギーゲージが徐々に溜まっていく。

それを消費して動物カードを場に出そう。

deck-adventures_09

カードの召喚はリアルタイムで行う。

また、戦況に合わせて召喚しているカードの上から別のカードを出すこともできる。

deck-adventures_10

動物カードは一定の間隔で正面にいる敵カード、もしくは相手プレイヤーを攻撃する。

攻撃によって相手プレイヤーのライフを0にすればステージクリアだ。

deck-adventures_11

バトルに勝利するとランクの違うカードパックを入手できる。

パックはひとつだけ開放待機に設定でき、時間を経過させると新たなカードを入手できる。

デッキアドベンチャー ワイルドアリーナの序盤攻略のコツ

deck-adventures_12

基本は強いカードを優先的に場に出せばOK。

序盤のステージは敵がかなり弱く、コスト、体力、攻撃力が高い動物カードを3枚並べればすんなりクリアできる。

カードパックの開放に時間がかかるゲームなので、ストック枠が埋まったらすぐに開放できるランクが低いものから開放待機させるといい。

バトルの勝利時に得られる資金は強化用に貯めておくか、ショップでランダム販売される動物カードの購入にあてよう。

使わないカードも強化すべし

deck-adventures_13

プレイヤーレベルを上げるとライフもアップする。

カードを強化するとプレイヤー経験値も獲得できる。

プレイヤーレベルが上がるバトルで使うライフの最大値が上昇し、打たれ強くなるためデッキに入れていない弱いカードも積極的に強化していきたい。

ログインしていません。

このままでも投稿できますが、ログインして投稿すると後から投稿一覧を確認できるようになります。