あの頃の夏休み ~心にしみる昭和シリーズ~

あの頃の夏休み ~心にしみる昭和シリーズ~

パブリッシャー GAGEX Co.,Ltd.

ジャンル アドベンチャーゲーム

価格 基本プレイ無料

オトナになってしまった いつかの、少年少女たちへ。GAGEX新作、ノスタルジックなアドベンチャー。

ダウンロード(Android) ダウンロード(iPhone)

あの頃の夏休み ~心にしみる昭和シリーズ~

島を冒険し新しい発見をしていこう。

オトナになってしまった いつかの、少年少女たちへ贈る、ひと夏の物語。

「あの頃の夏休み ~心にしみる昭和シリーズ~」はひと夏の思い出を体験できるノスタルジックなアドベンチャー。

夏休み。瀬戸内海にある、おばあちゃんの家。島を探索し、アイテムを集め、出会った人々とのエピソードを集めていく。

昆虫採集や写真撮影、美味しいご飯など、思い出をコレクションしていこう。

懐かしい「あの時代」を舞台にした夏休みを体験する

あの頃の夏休み ~心にしみる昭和シリーズ~

昔ながらの日本家屋とちょっと怖いおばあちゃん。

主人公に持ち物を持たせるだけで、ゲームを起動していなくても物語が進む、いわゆる放置型のアドベンチャーだ。

行く場所やもたせるアイテム、時間帯によって出会える人が変わる。30日の島暮らしは主人公とプレイヤーの心をどう動かしていくのだろうか。

「忘れないで、おとなになっても。」の特徴はノスタルジックなストーリーとグラフィック

あの頃の夏休み ~心にしみる昭和シリーズ~

アイテムも既視感のあるチョイスと郷愁ある絵柄。

「もっと心にしみる育成ゲーム 昭和駄菓子屋物語2」など、懐かしさと温かみのあるストーリーが特徴のGAGEX氏の新作。

「ぼくのなつやすみ」などにも通ずる世界観。昭和を描く懐かしい演出は今回も健在だ。

ノスタルジーあふれる世界に、おとなもこどももおねーさんも、できたらおっさんも…連れて行ってくれ。頼む。

誰でも安心して遊べる(時間はかかる)

あの頃の夏休み ~心にしみる昭和シリーズ~

王冠を集めて小銭にしていく。くじ引きでアイテムも手に入るよ。

放置系ゲームなのでストーリーを進めるのには時間がかかるが、のんびりと進めていけば難しい作業なくイベントを観れる。

今は何もかもに追われてしまう時代だからねえ。いちおうVIPモードもあるが、このシリーズの課金圧力は総じて弱い。広告はちょいちょいある。

ゲームの流れ

あの頃の夏休み ~心にしみる昭和シリーズ~

暑い暑い、あの夏の日の思い出。海と島。冒険のはじまりだ。

日本でも海外でも、レトロの流行が続いている。未来がないからだとは思いたくないけれど。

あの頃の夏休み ~心にしみる昭和シリーズ~

ごはんやどうぐをセットすれば、そうすけは冒険に出かける。

セットしたアイテムによって向かう場所などが変わっていく。色々な組み合わせを試そう。

あの頃の夏休み ~心にしみる昭和シリーズ~

集めたクジでアイテムなどを獲得可能。

そういやテキ屋の闇を暴く動画みたいなのあるけど、アレもアレで夢がないよなあ。

あの頃の夏休み ~心にしみる昭和シリーズ~

ってなわけでおやつやアイテムを獲得してさらなる冒険に出よう。

日が進むと新たな登場人物も増えてくるから面白さもアップだ。

あの頃の夏休み ~心にしみる昭和シリーズ~

図鑑要素の充実も本作の嬉しいところ。

すべてのイベントもプレイバックできる。目指すはコンプリート。

「あの頃の夏休み ~心にしみる昭和シリーズ~」の序盤攻略のコツ

あの頃の夏休み ~心にしみる昭和シリーズ~

好きに過ごせば良いのさ。…それが一番むずかしい。

物語を進めると、登場人物が増え、遊びに行ける場所も増えていく。定期的に人をタッチする他、散歩の結果や動画広告でもお金やクジ券が手に入る。

イベントを進めたい場合はアイテムを購入し、そうすけに狙った場所に向かわせるといいだろう。とはいえのんびりと構えるのが一番大事だ。

夏休みはループする

あの頃の夏休み ~心にしみる昭和シリーズ~

海はいいな。時間を忘れて釣りとかさ…。できないのかな。もう。

また、「魔法の時計」を使うと昨日あるいは夜にワープできる。大切に使おう。

本作はループものであり、エンディングを迎えると1日目に戻る。取り逃しがあっても大丈夫だ。きっと。

コンプリートすると、もしかしてバグで8月32日に突入したりとかね…。考えすぎかな。

いいね、終わらない夏休み。夏休みのある小学校時代に帰りたい。ミスチルの歌の重さが、やっとわかる年齢になってしまったよ。

ログインしていません。

このままでも投稿できますが、ログインして投稿すると後から投稿一覧を確認できるようになります。