ロンメル1942‐Refrain at the battle for North Africa

ロンメル1942‐Refrain at the battle for North Africa

パブリッシャー Si-phonApp

ジャンル ターン制ストラテジーゲーム

価格 Android:800円

ロンメル将軍としてドイツに勝利を!ダイスを使ったボードゲーム的システムが光るターン制ストラテジー

ダウンロード(Android)

ロンメル1942のレビュー画像

見た目は一見王道。しかし、ボードゲーム的な独自のシステムを備えた作品。

砂漠の狐・ロンメル将軍の戦いを舞台にしたボードゲーム風ターン制ストラテジー

「ロンメル1942‐Refrain at the battle for North Africa‐」は、第二次世界大戦を舞台にしたターン制ストラテジー。

ヘックス区切りのマップでユニットを動かし、敵軍と戦う…。基本システムだけ見れば、ストラテジーの王道も王道

しかし、プレイしてみると本作がユニークな魅力を持っていることに気づくだろう。

ダイスを使ったボードゲーム的味付けによって、本作ならではの戦略性が楽しめるのだ。

ナポレオン以来の戦術家?ロンメル将軍とは?

ロンメル1942のレビュー画像

プレイヤーがドイツ軍メインで担当するというのもなかなか珍しい。

タイトルにあるロンメルとは、ドイツ軍の将軍だった人物。

物量に差のあるアフリカでの英米軍との戦いにおいて、優れた戦術を頼りに戦った。

その戦いぶりからナポレオン以来の戦術家と呼ばれていて、砂漠の狐という異名も持っている。

行動順と勝敗は運任せ?ダイスで決定

ロンメル1942のレビュー画像

攻撃力+ダイスの目で勝敗が決まる。ボードゲーム的な戦闘システム。

本作はターン制ストラテジーなので、自分のターンが回ってきたら行動できる…のだけど、自分のターンが回ってくるかどうかはダイスによる

ターンのはじめにダイスを振り、目の大きい方が行動権を獲得

戦闘処理についても、戦闘に参加するユニットの攻撃力+ダイスの目の大小で勝敗を決める。ボードゲーム的で、とてもユニーク!

買切り型のゲームならではの、挑戦的なシステムだと思う。

戦略ゲームやボードゲームが好きならプレイする価値アリだぞ。

「ロンメル1942」の魅力は運の影響を減らし戦略で戦う楽しさ

ロンメル1942のレビュー画像

確かに戦闘の勝敗はダイスで左右される。しかし、運ゲーではない。重要なのは戦略!

「行動順も戦闘の勝敗もダイスで決める?運ゲーじゃん!」…なぁ~んて思った人もいることだろう。

しかし、これがそれほど運ゲー感はない

いやもちろん、運の要素は絡む。絡むのだけど、おもしろいことに、本作をプレイすした時に強烈に体験できるのは、むしろ戦略性の方!

運の影響を減らせ!本作ならではの戦略性

ロンメル1942のレビュー画像

相手の攻撃力をはるかに上回るユニットで攻撃すれば、ダイスの目が低くても勝てる!

戦闘の勝敗にダイス=運が絡むことは間違いない。

しかし、戦闘に参加するユニットを増やして攻撃力を底上げすれば、運の影響を減らすことができる。

そのためには、ユニットの配置をどうするかが重要。

敵を多数で取り囲むためにどう進むべきか? また、こちらが囲まれないためには…?

将棋にも似た戦略性が楽しめる。

リスク判断がアツい!戦略性を深めるイベント要素

ロンメル1942のレビュー画像

イベントによって戦況に様々な影響が発生。一発で敗北になるという場合も…。

また、各ターン開始時に発生するイベントも、戦略性を深めている。

ターン開始時に敵味方のダイスの目が同じ場合、イベントが発生。これにより行動順が左右されるなどの影響がある。

だがそれだけじゃない。ターンが経過するほどイベントの結果に補正がかかり、ドイツ軍撤退の確率アップ!

なので、ターン数をかけまくって絶対確実なユニット配置にする…といったズルい手法は取れないようになっている。

少ないターン数で攻略するためには、戦闘に負けるリスクも覚悟しなければならない。…だからこそ、このターン何をすべきかという判断がアツい!

ゲームの流れ

ロンメル1942のレビュー画像

まずは「RULE」を選んで、ルール説明サイトに一通り目を通そう。言語はバッチリ日本語だぞ。

ルールを学んだら、「GAME START」をタップ。ゲームを始めよう。

ロンメル1942のレビュー画像

シナリオにはキャンペーンとヒストリカルがある。最初に選べるのはキャンペーンのみ。

キャンペーンではドイツ軍固定となっているが、ヒストリカルではイギリス軍でもプレイできる。

ロンメル1942のレビュー画像

1ターンに最大2回の移動ができる。2つのユニットを動かしても、同じユニットを2回動かしてもOK。

ただし、戦闘を行うとターン終了になるので、移動と戦闘のタイミングを考えて行動しよう。

ロンメル1942のレビュー画像

1ステージ目は、敵を全滅させればクリア。

プレイ状況に応じてポイントを獲得できるぞ。獲得したポイントは、次ステージ以降の部隊編成に使用する。

ロンメル1942のレビュー画像

ポイントを使って、次ステージに参加する部隊を編成しよう。

▲▼ボタンで編成するんだけど、このボタンが超押しづらい!他の部分の出来が秀逸な分、ここが気になった。アップデート時にタップの認識範囲を拡大して欲しい…。

「ロンメル1942」の攻略のコツは勝利狙いと全滅狙いの使い分け

ロンメル1942のレビュー画像

「攻撃力+ダイスの目」が敵の2倍以上であれば、敵部隊を一発で全滅させられる。

戦闘の結果には、単なる勝利敵部隊全滅の2パターンがある。

「攻撃力+ダイスの目」に2倍以上の差があると、敗北側部隊は全滅。

一方、2倍未満の場合、敗北側部隊は撤退となる。撤退すると、1ヘックス分後退するものの、ダメージはない

撤退不可能な場合、ダメージを負って攻撃力が0になり、そもそもダメージを負った状態であれば全滅する。

確実に全滅を狙うのであれば、それだけ攻撃力の高いユニットが必要。なので、どちらを狙うかが、攻略の上で重要になってくる。

全滅を狙え!高攻撃力&移動可能な敵ユニット

ロンメル1942のレビュー画像

自軍都市を占領した敵移動ユニット。2倍の攻撃力を持つユニットで全滅を狙うぜ。

攻撃力が高く、移動能力を持った敵ユニットについては全滅を狙おう。

早い段階で潰しておかないと、脅威になる。

なので、確実に全滅させるため、自軍の複数のユニットの攻撃力が敵の攻撃力×2になるよう編成し、戦闘をしかけよう。

単なる勝利でOK!低攻撃力&移動不可な敵ユニット

ロンメル1942のレビュー画像

ダイス任せでも倒せる的には無理に戦力を割かず、効率的に立ち回ろう。

一方、移動不可能な敵ユニットについては、全滅を狙わなくていい移動不可能=撤退不可能なので、2回勝利するだけで全滅に追い込める。

また、移動可能な敵ユニットであっても、攻撃力が高くないなら、無理して全滅を狙う必要はない

相手の攻撃力が低ければ、運任せでも全滅に追い込める可能性が高い。

ただ、攻撃力の低いユニットでも、複数が集まればその分攻撃力がアップする。なので、自軍のユニットを単独行動させるのは避けよう

ログインしていません。

このままでも投稿できますが、ログインして投稿すると後から投稿一覧を確認できるようになります。