エバーテイル

エバーテイル

ZigZaGame Inc.

オンラインRPG

Android:99円 99円 iOS:120円120円

読者レビュー (13)

ガチな名作。王道RPGにポケモン的な育成要素まで融合。神がかったモンスター育成RPG!

ダウンロード(Android) ダウンロード(iPhone)

エバーテイル

家庭用RPGのようなコマンドバトルやフィールドの探索。

家庭用ゲーム機仕様の超本格派RPG

「エバーテイル(Evertale)」は、育成もストーリーもバトルも熱い、ZigZaGame.Incの新作モンスター育成RPG。価格は120円(Androidは99円)。

モンスターを仲間にしてコレクションしていく、「ポケットモンスター」のような育成要素が特徴。

戦闘はカードバトルのように戦略性を要求されるもの。スリリングかつ、ガチャなしで勝てるバランスが絶妙。

そして王道ファンタジーRPGのようなエンディングがあるストーリーパートに加え、オンラインでのPvP要素も実装している。

あの頃好きだったゲームの匂いに一発K.Oされてしまった。全RPG好きは刮目せよ。

スポンサーリンク

RPGの面白さにこだわり、これでもかと詰め込んだ意欲作

エバーテイル

ポケモン要素だけじゃなく、戦略性の高いバトルも出色の出来。

縦横無尽にフィールドを駆け巡り、フィールドのモンスターを仲間に。ポチポチやガチャだけじゃない「冒険の楽しみ」がここにある。

重厚なストーリー、骨太なバトル。育成&コレクション。RPGに求める要素を妥協無く詰め込んだ大長編となっている。完全にオススメ、名作保証

「エバーテイル」の特徴はRPGらしさ(特に楽しすぎる戦闘システム)

エバーテイル

この街をうろつく感覚。いいですねー。いいでしょ?

「ネオモンスターズ」「ドラゴンアイランドBlue」と、世界的にヒットしたモンスター育成ゲームを手がけたインディーメーカー、ZigZaGame.Incの新作。

タッチパッドでフィールドを操作し、宝箱を明け、村人と話す。スマホゲーながら家庭用RPGらしさを追求した「アナザーエデン」に近いものを感じた。

「RPGに飽きた」「スマホゲームはエンディングがないからやりません」そんな偏見をぶっ飛ばす面白さ。だが、本作の魅力はそこだけじゃなかったのだ…。

スキルの使用時間を計算する戦術バトル

エバーテイル

雨の中の負けイベント。FF9のベアトリクス戦を思い出しますな。

本作の最大の醍醐味は戦闘にある!ただ殴るだけじゃ勝てない難易度の高さが魅力。仲間にしたユニットやスキルの使用時間を計算しコンボを組み、バフ・デバフをかけていく。

さながらカードバトルのような戦術性が要求される(まるで「メギド72」のようじゃないか涙)。これでPvP要素まで実装してるからすごい。120円じゃ安すぎる。

グラフィックやBGMも壮大でベリーグッド。「本物のゲームで育った世代のための、本物のゲーム」は嘘じゃない。本当に、本当に面白い。

スポンサーリンク

ゲームの流れ

エバーテイル

故郷が焼き払われるゲームは名作!というか王道の定形になってきたね。

バグもなおったし。負けバトルもあるし、わかってる感ビシバシだ。

エバーテイル

モンスターを仲間に!FF5よろしく、HPを削ったほうが仲間になりやすい。

仲間になる確率が表示される親切設計。モンスターマスターに俺はなる!

エバーテイル

イベント時はイラストが表示される。ボイスはなくとも雰囲気はバッチリだ。

この画像、チャンネーがエロいから使っただけなんだけどね。敵のほうがエロい。

エバーテイル

ガチャに頼らず勝利できるゲームバランス。レアキャラだとて超強いわけではない。

難度は高く、プレイヤーの力量=真のレベルが要求される。これぞ戦闘だ。

エバーテイル

草むらを歩くとレアモンスター。洞窟を探検。RPGらしさが溢れている。感服。

言い忘れてたがタッチパッドでの操作も快適だ。ほんとうにオススメだぜ。

「エバーテイル」攻略のコツ

エバーテイル

並び順とパッシブスキルが超重要!8人バトルがデフォってすごいよな。

行動コストにあたる「TU」と全体MPにあたる「スピリット」を管理していくのが勝利のコツ。つーかそれができないと勝てない。

攻撃が弱いキャラは通常攻撃でスピリットをため、強力な全体攻撃でアタックをかける、など、キャラの特性を把握するのが攻略の鍵。

各キャラのスキルを把握しなきゃ負ける

エバーテイル

もちろん各種ユニットや武器の強化・進化もわすれないでね。

例えば、最初に仲間になるビリドラは「スタンリベンジ」もち。死ぬときに相手をスタンさせる。これがステータス以上に地味に強い。

おそらく腕利きのゲーマーでも、ボスは所見では負けることも多いだろう。それでも戦え!ユニットを入れ替え、発想を切り替えろ!その試行錯誤こそが面白いんだ。

下に続きます