Desperate Redemption(デスパレート・リデンプション)

Desperate Redemption(デスパレート・リデンプション)

Nith planetary Network Technology Co.,Ltd.

フライトシューティング

敵レーザーを避けながらロックオン攻撃を放て!ドラゴンを操る華麗な空中戦が魅力の3Dシューティング

Desperate Redemption レビュー画像

ドラゴンの背にまたがった少女が、激しい空中戦を繰り広げる!

ドラゴンの背に乗って戦う3Dシューティング

「Desperate Redemption(デスパレート・リデンプション)」は、ラゴンの背に乗って敵と空中戦を繰り広げる3Dシューティング。

移動回避を駆使して敵の攻撃を避けながら、ロックオン型のスキル攻撃で次々敵を撃墜しよう。

プレイしながら「おお、今のプレイ、カッコいい!」と見惚れる美しい戦闘と、爽快感が魅力!

    敵の攻撃を移動で回避!通常弾とロックオンで敵を撃墜

    Desperate Redemption レビュー画像

    敵に照準を合わせると緑色のロックオンアイコンがつく。スキル攻撃で大ダメージ!

    ドラゴンの進行方向はオート。なので、進む方向をコントロールすることはできない。でも、ドラゴンを上下左右に動かして敵の攻撃を回避することはできる。

    また、敵にぶつかりそうな時は回避ボタンをタップすれば緊急回避が可能。

    通常ショットもオートで、敵を照準に捉えれば、自動的にダメージを与えられる。

    さらにこの時、敵にロックオンマークがつく。

    スキルボタンタップでロックオンマークへ強力な攻撃を食らわすことができるぞ!

    有料ダウンロード+アイテム課金

    Desperate Redemption レビュー画像

    武器や強化用素材入手に必要なダイヤは、フツーにプレイしていても手に入るぞ。

    本作は、有料ダウンロード(240円)+アイテム課金というなかなか珍しい販売形態。

    アイテム課金で購入できるのは、装備ガチャに必要なダイヤモンド

    ただ、ダイヤモンドはフツーにゲームをしていても手に入る。

    筆者がプレイしているのはまだ序盤ではあるものの、課金しなければ進めないという難易度ではないと感じた。

    筆者個人としては240円分のおもしろさは味わえたので、興味を持ったなら、購入して損はないと思う。

    「Desperate Redemption」の魅力は自分のカッコよさに酔える戦闘

    Desperate Redemption レビュー画像

    超美麗!というレベルじゃないが、世界観やデザインなどで美しく見せている。

    本作のグラフィックを最先端のスマホゲーと比べると、正直、すこし見劣りをするように思う。

    でも、本作の戦闘はプレイしていて美しいと感じる!自分のプレイのカッコよさに酔えるレベルだと感じた。

    華麗に避け華麗に撃つ!ロックオンの美

    Desperate Redemption レビュー画像

    レーザーを回避しながらロックオン攻撃!プレイしていてシビれる瞬間!

    本作をプレイしていて「カッコいいな!」と感じるのは、敵の攻撃を回避しながら敵を倒すというシチュエーション。

    このシチュエーション、一見難しそうだけど、やってみるとそんなに難しくない。

    というのも、一度でも敵を照準で捉えてしまえばロックオンできるので、敵を避けながらの攻撃も実はカンタン。

    カンタンに繰り出せるけど、敵のレーザーを避けながらスキルで反撃!なんてのはメチャクチャカッコよくて燃えるよねえ…!

    敵デザインもカッコいい!既存作の影響はみられるけど…

    Desperate Redemption レビュー画像

    敵新ユニット登場!こういうお約束的シーンが燃えるんだよねえ…。

    ゲーム的なカッコよさは意外に、本作は敵のデザインもなかなかカッコいいものが揃っている。

    魚の形をした戦艦やどこか宗教的なデザインのメカなど、「ダライアス」や「ベヨネッタ」といった既存作の影響はみられるものの、オリジナリティも持っており、どれもカッコいいと思える出来。

    敵の初登場時には、画面に敵データを表示する…というお約束的演出も、男の子の心に火を点けてくれる。燃えるぜ…!

    ゲームの流れ

    Desperate Redemption レビュー画像

    画面右下の「PLAY」をタップするとステージ選択画面へ。

    画面左にある少女のアイコンから武器の装備・アップグレード。少女のアイコンの下にあるドラゴンのアイコンからドラゴンの装備・アップグレードが行えるぞ。

    Desperate Redemption レビュー画像

    本作の残念な点のひとつが、日本語の翻訳が中途半端なところ。チュートリアルのような説明的な文章は問題ないのだけど、ストーリー上のセリフは何を言っているんだかさっぱりわからない。

    日本語よりまだ英語の方がわかりやすいという状況なので、ホーム画面左下の歯車アイコンから、言語を「English」へ変更することをオススメする。

    Desperate Redemption レビュー画像

    ステージ選択マップは地球そのもの。旗のアイコンをタップすると、さらに細かくステージが表示されるので、その中から挑戦したいステージを選ぼう。

    ステージ毎に会話シーンやコミックなどが挿入されるものの、日本語セリフでも意味の通じない場合が多々ある…。

    Desperate Redemption レビュー画像

    セリフのやりとりが終わると、ステージ開始!出現する敵に照準を合わせ、打ち落としていこう。

    敵に体当たりされないよう、敵と距離を取ることが大事。敵とぶつかりそうになったら緊急回避ボタンで回避!

    Desperate Redemption レビュー画像

    ステージクリアによって経験値が貯まるとレベルアップ!主人公とドラゴンのパラメータがアップするぞ。

    さらに、手に入った素材を使って武器やドラゴンを強化することもできる。

    「Desperate Redemption」の攻略のコツはロックオンメイン

    Desperate Redemption レビュー画像

    通常ショットだけだとなかなかダメージを与えられない。スキルを活用しよう!

    本作をプレイする上での最初のポイントが、通常ショットじゃなくロックオンスキルがメインだということ。

    筆者は最初この点をわからずにプレイし、「アレ?敵に全然ダメージ与えられねえぞ?」と思ってしまった。

    すぐ再使用可能!スキルはガンガン使おう

    Desperate Redemption レビュー画像

    ロックオンスキルは速攻でクールダウンが終わる。ほぼ連発可能!

    通常ショットの左斜め上にあるロックオンスキルは、一度使用すると再使用可能になるまでクールタイムが発生する。

    しかしクールタイムは1秒程度

    なので、連射というほどのスピードはでないものの、連発できる

    いざという時に取っておくのではなく、ロックオンしたら即座にスキルを使ってガンガン敵を倒そう。

    移動と照準はバラバラに!FPSスタイルがオススメ

    Desperate Redemption レビュー画像

    一見「FPSゲーム愛好家」スタイルの方がやや複雑な分、有利にプレイできる。

    ちなみに、操作スタイルは「FPSゲーム愛好家」スタイルがオススメ。

    「伝統的な飛行機の射手」スタイルは照準方向=移動方向という仕様なので、攻撃する際に敵のいる方向へと移動することになる。

    つまり、攻撃と回避を同時に行うことができない。

    攻略にあたっては、攻撃と逆方向に回避することができる「FPSゲーム愛好家」スタイルの方が有利

    FPSに慣れていないと移動と攻撃を同時にこなすことに抵抗があるかもしれないけど、繰り返しプレイしていればいずれ慣れる

    操作方法を「伝統的な飛行機の射手」にしているなら、設定から「FPSゲーム愛好家」へと切り替えよう。

    ログインしていません。

    このままでも投稿できますが、ログインして投稿すると後から投稿一覧を確認できるようになります。