Make More!

Make More!

Bad Crane

放置系育成ゲーム

読者レビュー

もっともっとつくるのだ!何でもつくれる不思議な工場のボスと作業員による放置系育成ゲーム!

ダウンロード(Android) ダウンロード(iPhone)

Make More! レビュー画像

つくってつくってつくりまくる工場のボスになろう!

「Make More!」は、つくってつくりまくる何でも製作工場のゲーム!

Make More!」は、工場のボスとなっていろんな商品をつくるタップ系育成ゲームだ。

ひよこのオモチャから車のタイヤまで、なんでもつくる工場の長となって作業員を雇いながら工場を大きくしよう。

タップによって商品の製作スピードがアップし、完成した商品はボスをタップすることで収益を得られるぞ。

商品をつくる社員たちの動きやスピードアップ時のBGMも軽快で、誰でも気軽に遊べるゲームとなっている。

スポンサーリンク

ジャンル問わず何でも製作

Make More! レビュー画像

ノコギリでどうやってタイヤがつくれるのかは謎だ。

収益を上げて工場のレベルが上がると、作成できるものがどんどん変化していく。

ひよこのおもちゃだったり、虹だったりタイヤだったりと、ジャンル問わずさまざまな商品が登場する。

社員を増やして効率up

Make More! レビュー画像

新たな作業員を雇ってたくさんつくれるようにしよう。

工場には最大9人まで作業員を雇うことができる。

各作業員はレベルアップすることで製作スピードが上がっていく。

雇う社員の見た目は自分の好きなものから選んでOK。性能の差はとくにないぞ。

スポンサーリンク

「Make More!」は、放置プレイもOKで気軽に遊べるのが魅力なゲーム!

Make More! レビュー画像

アプリを再起動すると、作業員たちが寝ている場合もある。

放置していても収入が入ってくるシステムになっていて、短時間のプレイでも気軽にできるのが本作の魅力だ。

アプリ再起動時には作業員たちが居眠りしている姿も見られるぞ。タップして起こしてあげよう。

連打で効率アップ!

Make More! レビュー画像

限界まで作成すると赤い印がつく。

通常のゲームプレイ時には、画面をタップすることで製作スピードをあげることができる。

作成量が限界に達すると机に赤いランプが表示される。上にいる工場長をタップして商品を回収してあげよう。

ノリノリbgmでスピードアップ!

Make More! レビュー画像

ラジカセゲット!これで一定時間作業スピードがあがる。

工場で作業中に空を飛ぶアイテムが出現することがある。

これをタップすると作業効率が上昇するアイテムをゲットできるぞ。

音楽を流せるラジカセを使うとノリのよいBGMとともに作業員たちが猛スピードで商品をつくっていくのだ。

スポンサーリンク

ゲームの流れ

Make More! レビュー画像

最初のチュートリアルでは、画面をさわる箇所を指アイコンで指示してくれる。

まずは画面をタップして商品をつくりまくろう。

Make More! レビュー画像

作業員以外に工場や工場長自体の収益能力をアップすることもできる。

緑色の札アイテムを手に入れたら積極的に上げていこう。

Make More! レビュー画像

工場長のさらに上、ビッグボスも存在する。

工場でつくれる商品が増えるとトロフィーが増えていくのだ。

Make More! レビュー画像

作業員が9人揃うと記念撮影ができる。

自分が雇ったカワイイ作業員たちとの集合写真だ。

Make More! レビュー画像

各種タスクもたくさん用意されている。

クリアすることで報酬がゲットできるぞ。

「Make More!」の攻略法!

Make More! レビュー画像

作業員をフル稼働させることを目指そう。

最初はチュートリアルに従ってタップで商品をつくってお金を稼いでいこう。

その後に追加の作業員を雇えるようになるので、どんどん増やしながら効率を上げていくことが重要だ。

まずは9人雇ってみよう

Make More! レビュー画像

9人フルメンバーになるように雇っていこう。

1つの工場に対して作業員は最大9人まで雇用ができる。

フルメンバーになるまで作業員のレベルは上げずに、枠いっぱいまで雇った方が効率的にはよさそうだ。

新たな工場を建設

Make More! レビュー画像

50万を溜めて次の工場を建設しよう。

次の工場を生産するには、500K=500,000。50万マネー必要となる。

しかし9人雇ってある程度すれば割とすぐに溜まる額なので、ここを目標にがんばってプレイしよう。

新たな工場の建築には費用を払うと、リアル時間の経過で完成するぞ。

下に続きます