KillWill(キルウィル)

KillWill(キルウィル)

Two Tone Studio

スナイパーゲーム

基本プレイ無料

本当にコイツでいいのか?平和な街中からターゲットを探して狙撃するスリリングなガンシューティング

ダウンロード(Android)

KillWill(キルウィル) レビュー画像

写真で提示されたターゲットを、行き交う人々の中から探し出せ!

街行く人々の中からターゲットを探して狙撃するガン・シューティングゲーム

「KillWill(キルウィル)」は、指定されたターゲットを狙撃するガン・シューティングゲーム。

ただし、ターゲットがいるのは街中を行き交う人々の中

なので、まずはターゲットを探し出そう

制限時間が迫る中「ターゲットはどこ?」と探す焦り…。

撃つ瞬間に「人違いじゃないのか?」と頭をもたげる不安…。

こうしたスリルが本作ならではの魅力を醸し出している!

スワイプで狙いボタンで撃つ!困ったらお助けアイテム

KillWill(キルウィル) レビュー画像

ターゲットを見つけたら狙撃!この人だよね?人違いじゃないよね…?

本作の操作はとてもシンプル

タップするとスコープで狙い、ショットボタンのタップでショット。

当たり前だが、銃を撃てば銃声が響き、街中の人々は大いに逃げ惑う!

また、ターゲット以外の人を撃ったらゲームオーバーだ。一般人を撃つのはヤバいもんね!

ターゲットをマーキングしてくれるアイテムや、銃声を消すサイレンサーといったお助けアイテムがあるので、難しいステージでは利用するといいだろう。

コインで武器やアイテムを購入!好成績を狙え

KillWill(キルウィル) レビュー画像

コインで新武器を購入。強化は要素はなく、強い武器へ買い替えていくスタイル。

ステージクリア時にゲットできるコインを使って、お助けアイテムや新武器を購入できるぞ。

コインは課金購入することもできるが、クリア時の成績がよければ、より多くのコインが手に入る。

腕に自信がある人は、自力でのコイン収集に挑戦するといいだろう。

基本的により早く、より少ない銃弾で倒すのが好成績に繋がるぞ。

「KillWill(キルウィル)」の魅力はターゲットを探す時と撃つ時のスリル

KillWill(キルウィル) レビュー画像

フツーのガンシューっぽく見えて、楽しさは別物!本作ならではの味わいがある。

スナイパーをモチーフにしたガン・シューティングは、ターゲットを狙う時のスリルがたまらない。

ただ、本作の楽しさはこうした狙う楽しさとは別のところにある。

探す時と、撃つ時

この2つのシチュエーションで感じるスリルこそ、本作ならではの魅力なのだ!

ターゲットどこだよ!?制限時間内に探すスリル

KillWill(キルウィル) レビュー画像

提示されたのはツンツンヘアーのシルエットのみ!どこ?どこにいるの?

ターゲットは、決して分かりやすく提示されるわけじゃない。

時にはターゲットの持ち物だけ、あるいは服装だけ、はたまたシルエットだけなんて形で提示される。

さらに、動き回っている人だけ注目していたら、思わぬ場所でターゲットが休憩してた…なんてケースも。

なので、カンタンに探せるわけじゃない。

にもかかわらず制限時間が迫る!これは焦る!!

本当にターゲット本人か?撃つ時に迷うスリル

KillWill(キルウィル) レビュー画像

コイツがターゲットっぽいけど…後ろ姿だし、確信が持てない。撃つべきか迷う…!

ターゲットが断片的に提示されるので、撃つ時も、本当にターゲットかどうか迷ってしまう

これが2つめのスリル。

ターゲット以外を撃ってしまえばゲームオーバー。加えて、そこここに悲鳴がとどろき、一般人が逃げ惑う…。

なんかオレが悪役みたいじゃないか!いやヒットマンだから悪役かもしれないけども!!

撃つ時に、本当に撃ってもいいかどうか迷っちゃう…なんてのは他のゲームで味わったことのない感覚だった。

ゲームの流れ

KillWill(キルウィル) レビュー画像

ホーム画面では、貼り付けられた写真によってステージが表現されている。もちろん、写っているのはターゲット。

写真をタップして画面右下の黄色いボタンをタップするとステージスタート!

KillWill(キルウィル) レビュー画像

ゲームスタート時に、ターゲットの写真が大きく表示されている。

この時、帽子やヒゲ、服の模様など大まかな特徴を掴むのが探し出すコツ。

KillWill(キルウィル) レビュー画像

見つけた!狙い撃つぜぇ~!

基本的に狙うのは頭。頭意外だと着弾しても一撃で殺すことができず、ターゲットが逃げ出してしまう。

KillWill(キルウィル) レビュー画像

どこにターゲットがいるんだかガチでわからない…。そんな時は、アイテムを使おう。

アイテムを使うと画面が白黒になり、ターゲットの場所が白く光り出す!

KillWill(キルウィル) レビュー画像

ステージが進むと、ボスステージも登場。複数のターゲットがいるステージ。

一人撃つと銃声で他のターゲットに気づかれてしまう…。こんな時は、アイテムのサイレンサーを使って銃声を消すといいだろう。

「KillWill(キルウィル)」の攻略のコツはターゲットの一歩先を狙い撃つこと

KillWill(キルウィル) レビュー画像

狙うことも重要!特にボス戦では敵も応戦するので、狙う技術が超重要。

探す時と撃つ時こそがおもしろい本作。

とはいえ、狙う時がつまらないワケじゃない。それどころか楽しい!

楽しいだけでなく、攻略する上ではエイミング最も重要といえるだろう。

ターゲットの行動パターンは変化しない!何度も挑戦だ

KillWill(キルウィル) レビュー画像

行動パターンが変わらないので、一度ターゲットと分かれば難易度はガクンと下がる。

ゲームオーバーになったらもう一度ターゲットを探すハメになる。

ただ、何回やり直してもターゲットの行動パターンは同じ

なので、一度でもターゲットを特定できてしまえば、ターゲット探しに苦労することはないハズ。

何度もゲームオーバーになる前提で、シラミ潰しに撃ちまくる…なんていう虐殺プレイでもクリアすることはできる。

着弾までにはタイムラグあり!一歩先を狙い撃とう

KillWill(キルウィル) レビュー画像

ターゲットが進もうとしている一歩先を狙い撃つ!それで当たる!

撃ってからターゲットに弾が当たるまでにはタイムラグがある。

なので、ターゲットちょうどに照準を合わせて撃つと、弾が当たらない。

撃ち漏らすとターゲットは猛ダッシュで逃げ出してしまう

そうなると難易度は急激にアップする。

撃ち漏らさないためには、ターゲットちょうどじゃなく、ターゲットの一歩先を狙い撃とう

下に続きます