東京コンセプション

東京コンセプション

UNITED, Inc.

3DアクションRPG

読者レビュー (1)

乱入!合体!コンパクドライヴ!妖怪と人間のキ/ズ/ナと輪廻を巡っての和風スタイリッシュRPG

ダウンロード(Android) ダウンロード(iPhone)

東京コンセプション レビュー画像

▲ビジュアルもオシャレ感が満載!

あの日見た少女の面影は、夢か現か幻か……

『東京コンセプション(東コン)』は妖怪と人間が力を合わせて穢魂(けがれだま)を討伐していくスタイリッシュ妖怪RPGだ。

指一本のセミオート操作という手軽さを持ちつつ、アクション性の高いバトルを実現。

事前登録者数50万人超を記録した期待値の高さに恥じない出来で、大いに楽しめる新作となっていた!

現実の東京を舞台に展開されるストーリー

東京コンセプション レビュー画像

▲主人公と級友の人間4人に、それぞれ妖怪のパートナーが付く。

平和な学園生活を過ごしていた主人公「八雲宗介」はある日、「穢魂(けがれだま)」と呼ばれる異形の怪物と遭遇してしまう。

恐怖で混乱に陥る宗介を護るように、「タマモ」と名乗る和装の麗人が独り立ち塞がる。彼女は狐の尾を携える「妖怪」であった。

ここから、級友を巻き込みながら人間と妖怪による絆と輪廻の物語は加速していく。

シナリオパートはステージ毎に用意されており、リリース時点で10章=100話近く実装済み。内容もボリュームも本格的だ。

半自動の縦スクロールアクションバトル

東京コンセプション レビュー画像

バトルは何も動かさずともキャラクターが自発的に移動&攻撃してくれるセミオート式だが、随所でプレイヤーの操作が必要だ。

攻撃中に出現するボタンを押せばラッシュアタックへ発展し、画面長押しならガード、フリックでは無敵ステップ回避が発動するなど、多彩なアクションでキャラを動かせる。

さらに戦況に応じて画面下のパーティキャラと交代できる他、アシストスキルを使えば操作キャラと共闘するように乱入攻撃で加勢してくれるぞ。

『東京コンセプション』は立ち回りに特化した本格セミオートバトルが特徴!

東京コンセプション レビュー画像

▲上位ゲージを維持するのは中々難しい。

セミオートと聞くとゲーム性が薄そうな印象を受けるが、本作の戦闘はオート要素がないと複雑過ぎるってくらい介入要素は多め。

ステップ回避を使って自由に移動しながら、スキルの無敵時間などの豊富なテクニックを駆使してノーダメクリアを目指すのが面白い。

さらに「コンボレベル」があり、敵から攻撃を受けずにHIT数を継続すると妖怪ステータスなど様々なボーナスが付く。

オートのみだとコンボ継続は不可能なのでプレイヤーが動かすメリットの大きさがバトルへの意欲を高めていた。

妖怪と10代の少年少女の邂逅に興味を惹かれる

東京コンセプション レビュー画像

▲級友にも思い思いの悩みがあるようだ。

「人間と妖怪のキズナの物語」というだけあって、実際に戦う妖怪はもちろん人間サイドにも様々なバックボーンが用意されている。

主人公「八雲宗介」は昔失踪した幼馴染の少女の面影を求め続けており、居なくなったのは「穢魂」が原因だと判明したことで生きる理由を取り戻す。

過去に囚われた無気力な少年が、妖怪との交流を通じて現実と直面するジュナイブルストーリー。王道ド真ん中って感じの展開が好きだな。

爆速リセマラ仕様で有能キャラも狙いやすい

東京コンセプション レビュー画像

▲厳ついデザインも美少女の中に紛れている。すき。

スタート後にはガチャ14回分の特典+妖怪大選挙で1位に輝いた雪女ユキメの確定召喚がプレゼントされるので戦力を揃えやすい。

しかもリセマラをする際のアプリ&DLデータ削除は不要となっており、通信量を無駄にすることなく2分程で最初からやり直せる。

チュートリアルバトルも全スキップできて快適だし、まずはガチャを回してから本格的に遊ぶかを考えたいって人にも優しい仕様だ。

ゲームの流れ

東京コンセプション レビュー画像

幼馴染の失踪に絶望していた八雲宗介にとって、妖怪との出会いは少女の生還に繋がる奇跡だった。

当時から仲の良かった級友もストーリーが進むに連れて妖怪と関わっていき、徐々に幼馴染失踪の真相へと近付いていく。

非日常で活力を取り戻す主人公の姿は「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」を彷彿させる。

東京コンセプション レビュー画像

戦闘シーン。基本的な移動や攻撃はオートで行うが、回避で攻撃をキャンセルできたりと思った以上に動かしやすい。

使用する武器種によって攻撃範囲やスピードが異なるだけでなく、キャラの個性でラッシュアタックやスキルなどの部分も違ってくる。

東京コンセプション レビュー画像

攻防でゲージが溜まる「コンパクドライヴ」は人間と妖怪の合体必殺技。範囲はステージ全域に及ぶ。

ゲージ上昇量にもコンボ補正が乗るので、テクニックを磨いてコンボを繋ごう。

東京コンセプション レビュー画像

ストーリーを進めると使える人間も増えていき、好みのキャラをパーティに設定できる。強化も可能だ。

ホーム画面では人間と妖怪の会話パートもあり、専用の掛け合いが用意されてたりと人間キャラにも存在感があった。

東京コンセプション レビュー画像

妖怪には「神器」という武器&防具アイテムを装備させることでステータスを補強できるぞ。

後はアナタの目で確かめてくれ!(お約束)

『東京コンセプション』の爆速リセマラと序盤攻略のコツ

東京コンセプション レビュー画像

▲赤枠に囲まれたボタンから飛べるぞ。

最初に受け取った特典でガチャを回し、お目当てのキャラが出なければ左上のメニューボタン→タイトルへ戻る→プレイヤー削除でリセマラするのがオススメ。

通常の10連ガチャは特にメリットが無いから、お得な「ユキメ確定召喚」や限定ショップの「初心者支援セット(ガチャチケ付き)」を先に購入して残りは単発で回してもオッケー。

複数の星3キャラ確保が理想的で、中でも「剣」と「槍」の武器使いは扱いやすくて序盤から頼りになるぞ。

ノーダメージで立ち回れば火力も上がって効率的

東京コンセプション レビュー画像

とにかくコンボを継続させるのが最優先なので、敵から攻撃を喰らわないように立ち回るべし。

「双剣」や「拳」キャラは攻撃速度が速くて大型ボスには有利だけど、ザコが大量出現する場面では被弾しやすいので不向き。範囲系の近接や遠距離の「弓」を試してみよう。

バトルスキル発動中は無敵状態でコンボを稼げるので、スキル発動→交代→別キャラでスキルを繋げればより安定度が増すぞ。

妖怪の「レベル」と「覚醒」を強化していこう

東京コンセプション レビュー画像

妖怪の最大レベルはプレイヤーランクに依存するので、強くなるにはランク上げが必須。「デイリーミッション」はボーナス経験値を貰えるので毎日欠かさず進めたい。

覚醒強化に使う「魂片」素材はガチャ被りから手に入る他、一部のキャラはハードクエスト(回数制限あり)のドロップ報酬として集められる。

初期キャラ「タマモ」の魂片は序盤の1-2ステージから手に入るので、こちらも毎日クリアして集めていこう。

下に続きます

下に続きます