Castle Burn

Castle Burn

Bluehole PNIX

シミュレーションRPG

読者レビュー (3)

「クラロワ」系の超新星。ファンタジー世界観も魅力な高クオリティリアルタイムタ対戦ストラテジー

ダウンロード(Android) ダウンロード(iPhone)

Castle Burn

▲リアルタイム対戦ストラテジーの中ではかなりの完成度。

様々な新要素を加えた対戦型ストラテジー!

Castle Burn(キャッスルバーン)は様々なユニットを召喚し、罠や魔法を駆使して攻め落とす対戦ストラテジー。

一見「クラロワ」風のタワーディフェンスの亜種かと思いきや、この手のゲームにしては異例とも言える完成度の高さと新要素を実装していた。

ファンタジー風の世界観やキャラクター、しっかりと描かれたストーリー、強力な「ヒーローユニット」や「スキル」、「マナ」や「兵舎」を立ててユニットを召喚する要素を実装。対戦のラグもなし。激しくオススメ。

戦略性を要求されるオンライン対戦

Castle Burn

▲強力なヒーローユニット(複数存在)を使いこなすのが勝利の近道となる。

お手軽なのにメチャクチャ奥が深い対戦が面白い。ユニットごとの相性を知り、敵の裏をかく戦略性が問われる。戦いが長引くと戦略も変化させる必要がある。

そしてデッキ構築もその場で行うのがユニーク。コスト管理も重要になる。序盤は相手の陣営が見えないのもスリリング。後出しジャンケン対策もされているというわけだ。

グラフィック・システム・操作性、すべて良し!

Castle Burn

▲この手のゲームの中では頭ひとつ…いやもっと抜けている。

様々なユニットやアイテムは戦闘中にデッキを構成。ただ召喚するだけじゃなく、帰還命令を出すことも。強力なヒーローユニットや必殺技に当たるスキルも実装。

対戦ストラテジーの大手「クラロワ」をプレイしたゲーマーも斬新な気持ちで楽しめるだろう。正直、この手のゲームは非常に多いが、頭ひとつ以上抜けた完成度だった。

Castle Burnの魅力は様々な新要素でスリリングになったオンライン対戦

Castle Burn

▲試合開始時に敵陣営が見えないのも面白い。

自分も「クラッシュ・ロワイヤル(クラロワ)」にハマった身として、この手の対戦型タワーディフェンスには厳しいつもりだが…本作は、実に面白い

「RTS革命」そう自ら銘打つ本作だが、確かにクラロワにすらなかった要素を実装している。複数のヒーローユニット、スキル、侵略していくマナと兵舎のシステム…。うーん、どれも面白い。

個性あふれるヒーロー達と強力なスキル

Castle Burn

▲キャラクターのデザインも日本ユーザー向けな感じがする。

本作の大きな魅力が、強力な「ヒーローユニット」だろう。タワーディフェンスゲームではおなじみだったが、対戦RTSに出てくるのはちょっと斬新だ。

ヒーローは複数存在。それぞれが個別のステータスとスキルを持ち、育成・強化できる。対戦を繰り返し勝利を重ねる事で獲得可能だ。

ファンタジックな世界観とグラフィックも魅力的

Castle Burn

▲RPGらしさを醸すワールドマップと語られるキャラクターのバックボーン。

RPGっぽい雰囲気の物語、グラフィックキャラも魅力。各キャラクターに要求されるクエストをクリアした時は、ボイスこそ英語だが人間臭いセリフで応援してくれる。日本語翻訳も自然だ。

また、「冒険者の道」ではオフラインで各ユニットの使い方を学ぶことができる。各ユニットごとに得意キャラや苦手キャラが表記されてる親切設計も嬉しい。

ゲームの流れ

Castle Burn

試合開始時は「兵舎」「マナの聖域」を建設し、ユニットの生産に必要なマナを確保していく。

なお、兵舎は配置エリアが広がるだけじゃなく、ユニットのキャパシティ(一度に召喚できる最大値)を上げる効果も持つ。ガンガン立てていこう。

Castle Burn

ヒーローユニットを配置することで戦局は大きく有利になる。強力なスキルを使えるからだ。

だが敵もヒーローユニットを使うし、さすがの英雄も囲まれては多勢に無勢。以下に立ち回り効果的に使うかが攻略の鍵となる。

Castle Burn

ユニークな点が試合中に使うデッキも構築していくところ。

レベル1のユニットを召喚し、城をアップデートするとレベル2のユニットが召喚できる…。といった具合。よくできたシステムだ。

Castle Burn

「クラロワ」よろしく、ユニットは複数手に入れることでアップグレードが可能。

カードは勝利して宝箱を開けることやショップでデッキを購入して入手する。

Castle Burn

序盤は様々な報酬をもらえる。表示されたミッションをこなすことを目標にプレイするといいだろう。戦い方もわかってくる。

ゲームシステムの把握には「冒険者の道」が便利だ。懇切丁寧な解説をしてくれるぜ。

Castle Burn攻略のコツ

戦い方だが、基本はまずマナの聖域を建設して、資源を確保。少しずつ余ったマナで兵舎を立て領土を広げていこう。レベルの高いユニットで総攻撃をかければ序盤は勝てる!(俺調べ)

ユニットはデッキに配置してから召喚できるようになるまで10秒のクールタイムがあるので注意。奇襲に備え早めに配置がセオリーか。あとは傷ついた部隊は城に帰還させればマナが回復する。

各ユニットの得手不得手を把握せよ

Castle Burn

集団戦に強いゴブリンや遠距離から攻撃できるアーチャーなど、ユニットには得手不得手が別れている。敵襲には常にこっちの有利なユニットで対応したい。

各ユニットやトラップの性能を把握したいなら「冒険者の道」をクリアするのが手っ取り早い。報酬ももらえるし。報酬をかき集めればデッキ何回かもらえるし。

他のプレイヤーの試合を観戦して戦略を学び取れ。

Castle Burn

▲キャラ説明とかもいちいちレベルファイブ感というか…あるんだよな、人懐っこさが。

オンラインで勝てば勝つほど報酬を貰え、新しいユニットがアンロックされ楽しくなる。勝てなかったら面白くない。ではどう勝つか。

リプレイ機能を活用しよう。いい試合のリプレイを観れるので勝者の立ち回りを研究するのも楽しみだ。クラロワ同様、基本的には敵襲を撃退し一気に反撃でるスタイルが隆盛のようだ。

アプリゲット
新作ゲームをフォロー
新作ゲームの最新レビューを配信しています
アプリゲット
事前登録をフォロー
事前登録中ゲームの最新情報を配信しています

読者レビュー(β版)

このゲームをプレイした感想や評価を教えてください。
avatar
1000
新しい順 古い順 最も評価の多い
匿名
読者
匿名

プレイして半月程度。単純にゲーム性が高くて面白い。
ある程度の課金差(無課金~10万以内)なら、戦略でひっくり返せる。もちろん課金してるほうが有利。

まだ新しいゲームなので、自分なりの強い戦略を見つければ、一気に世界ランク100位ぐらいなら上がれそう。(10位以内は流石に無課金は厳しそうではあるが)

匿名
読者
匿名

始めた序盤だけは好評。
3,4日プレイして、ランクが上がり課金者と当たるとただのPay to Win。
課金相手だと同じレベルのゴブリン同士でさえ、一方的に蹂躙される。

課金者と無課金者で、差がでるのは当たり前だし別に良いと思うが、キャラ性能に差が出過ぎで一度攻め込まれると逆転することが不可能。

基本的に、課金者側はゴブリンかアーチャーを大量投入するだけで勝てるので戦略も何もない。
鉱石、兵舎を破壊されると、マナ、キャパが減少し、出撃も建築も何もできなくなる。
後は、一方的に城が破壊されるのを見届けるだけ。
所詮は重課金ゲー。

ゲームキャスト トシ
パートナー

クラロワを先祖であるRTSに振ったリアルタイム戦術ゲームですね。システムはレビューで触れられているので、何も書きません。
ただ、何が素晴らしいか指摘しておくと、ズバリ『クラロワ』にありがちな待ち・後攻有利(後出しで自陣に引き込んだ側が勝ちやすい)の仕組みに、広いマップと相手の視界の概念を作って「先に何か出しておかなければいけない」状況を作ってシステム的に対処している点です。
相手が何をしているか、自分が何をしているか分からず、接触したときに初めて答え合わせが始まる面白さはいい感じです。単に先祖返りという見方もできますが、クラロワでこの系統のゲームを遊ぶ人が増えた今だから力を発揮するゲームだと思います。
ゲームのグラフィックも良いですし、iPadなどの画面がでかい端末を持っていると楽しいですね。

下に続きます